SSS多読通信 第175号 (2007/5/10)

[掲示板: SSS News -- 最新メッセージID: 1883 // 時刻: 2024/3/4(14:57)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

822. SSS多読通信 第175号 (2007/5/10)

お名前: ポロン
投稿日: 2007/5/10(08:31)

------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        SSS多読通信 第175号 (2007/5/10)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】今週の100万語通過者 (4/23-5/6)
【2】今週のお薦め本  「Usborne Young Readingシリーズ」
【3】今週の掲示板ダイジェスト (4/23-5/6)
【4】SSSコラム  「本をすすめる大人になろう」(ジアス)
【5】SSSニュース
【6】編集後記                    編集:ポロン
───────────────────────────────────
【1】今週の100万語通過報告者(4/23-5/6)
───────────────────────────────────
 今週の100万語通過報告は1名でした。おめでとうございます!
……………………………………………………………………………………………
■100万語通過しました!            コアラベアさん
……………………………………………………………………………………………
昨年9月に多読を始めて、TOTAL153冊・100時間で100万語を通過なさった
コアラベアさんの報告です。通勤時に読んだ中から、特におもしろかった本も
あげてくださいました。ミステリーがお好きだというコアラベアさん、Nancy
Drew NotebooksやA to Zシリーズもたくさん読まれています。次にはどんな
ミステリー・シリーズにはまられるのでしょうね?2周目も楽しんでください♪
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-million&c=e&id=6740]
───────────────────────────────────
【2】今週のお薦め本 「Usborne Young Readingシリーズ」
───────────────────────────────────
 今週は、Usborne Young Readingシリーズから、Series One の3冊をご紹介
します。やさしいレベルで語数も少なめ、絵本と児童書の中間ぐらいの体裁で、
1ページの半分程がフルカラーの挿絵になっています。このイラストがとても
ユーモラスでお話も楽しく、気楽に読めるシリーズです。タドキストのお仲間
に紹介されて、私も一気にファンになってしまいました。
 本のみでも出版されていますが、ここであげる書評は、CD付きパックにリン
クしています。CDは、楽しい効果音入りと朗読だけの2バージョン入っており、
音に興味のある方にはたいへんおすすめです。
……………………………………………………………………………………………
■Stories of Witches            YL1.7  1,600語
……………………………………………………………………………………………
大好きなパーティに招待されたものの、魔法のほうきをなくしてしまってお出
かけできないまぬけな魔女。さて、どうする? 他2編。
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000012714]
……………………………………………………………………………………………
■Stories of Princes and Princesses     YL1.7  1,300語
……………………………………………………………………………………………
ありえないほどどんくさい王子さま。彼と結婚したいという王女と出会ったも
のの、王女の父の難問3つをパスしなければ結婚できない。さぁ、恋する二人
の運命やいかに? 他3編。
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000012715]
……………………………………………………………………………………………
■Stories of Ghosts             YL2.6  1,900語
……………………………………………………………………………………………
Ghostたちの住む呪われたホテルには、誰も近づく者がなかった。しかし、あ
る日新しいオーナーがやってきて、ホテル改造計画が持ち上がる。果たして
Ghostたちの安穏は守られるのか?! 他2編。
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000012716]
……………………………………………………………………………………………
Usborne Young Readingシリーズは、この上にSeries Two、Series Threeと続
き、数多くのタイトルが出版されています。
詳しくは、出版社 Usborne Publishing のこちらのページでご覧ください。

 Usborne Publishing のウェブサイト
 [url:http://www.usborne.co.uk/]
 Usborne Young Readingシリーズのページ
 [url:http://www.usborne.co.uk/features/young_reading.asp]
───────────────────────────────────
【3】今週の掲示板ダイジェスト(4/23-5/6)
───────────────────────────────────
◆◆めざせ100万語!◆◆広場より
……………………………………………………………………………………………
■70万語突破             Q4さん
……………………………………………………………………………………………
YL5のDarren Shanに手を出して、今までよりペースはダウンしたものの、面白
いので読み続けていかれるそうです。間にORTをはさむのがミソですね。
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss&c=e&id=23799]
……………………………………………………………………………………………
■60万語通過です(^o^)         ひろのすけさん
……………………………………………………………………………………………
英語だと、日本語読書とは違う種類の本がお好みだとか。今まであまり手を出
すことが少なかった伝記やミステリー系が、とても面白く感じるんだそうです。
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss&c=e&id=23806]
……………………………………………………………………………………………
■折り返しの50万語を通過しました!       yhiroakiさん
……………………………………………………………………………………………
報告の中の本の感想をおもしろく読ませていただきました。50万語読んだ中で
のベスト本は、There's a Boy in the Girls' Bathroom だそうです。納得!
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss&c=e&id=23808]
……………………………………………………………………………………………
■ 50万語通過。行き詰っています。       紫さん
……………………………………………………………………………………………
多読を始めてからGRのレベル2〜3あたりを読んでいた紫さん。本好きなの
に、「本が面白くないっ!!」ということでアドバイスを求めての投稿です。
どうやら、本好きな方特有の症状ということもありそうです。たーくさんの
アドバイスがありますから、みなさんも是非参考になさってください。
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss&c=e&id=23810]
……………………………………………………………………………………………
■50万語通過。私的Awardのご紹介。少しTOEICばなし。   Say-Goさん
……………………………………………………………………………………………
スタートして2年近く。1年近いブランクを乗り越えての50万語通過です。
「Award of "評判通りの名作"」「Award of "驚愕のラスト"」などの「私的
Awardのご紹介」が傑作です!
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss&c=e&id=23836]
……………………………………………………………………………………………
■お久しぶりです♪ 60万語超えてます♪     ケムカカリプさん
……………………………………………………………………………………………
Treasure Island の各社読み比べての分析や、ORT40冊一気読みの感想などが
楽しい報告です。ORTの英文と絵のイメージとの結びつき、これぞ多読の真髄
ですね!
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss&c=e&id=23838]
……………………………………………………………………………………………
◆◆100万語超 報告・交流◆◆広場より
……………………………………………………………………………………………
■257万語、通過しました        pinceanaさん
……………………………………………………………………………………………
Darren Shanを全巻読了し、その後背伸びして"Rocket Boys"を読まれたそうで
す。「お話の力ってすごいなあ。」 ほんとうにそう思います!
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-report&c=e&id=9531]
……………………………………………………………………………………………
■300万語、1000冊読みました!     donnaさん
……………………………………………………………………………………………
Jacqueline Wilson→Cynthia Rylant→ Holes→ ロマンス本→Green Knowe
シリーズという流れで300万語通過です。変化に富んでいますね♪
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-report&c=e&id=9534]
……………………………………………………………………………………………
■200万語通過報告             アラベスクさん
……………………………………………………………………………………………
YL3〜YL6までの本の感想がとてもいいです。300万語通過までに家にある未
読本50冊以上を30冊台にすることと、体重3kg減が目標だとか?あれ?なんで
体重が関係あるの?
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-report&c=e&id=9536]
……………………………………………………………………………………………
■Animorphsコンプリートしました      涼音さん
……………………………………………………………………………………………
本編54巻、Chronicles 4巻、Megamorphs 5巻、Alternamorphs 2巻。全65巻制覇
だそうです!!
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-report&c=e&id=9555]
……………………………………………………………………………………………
■ハリポタで600万語通過しました      まつかわ1971さん
……………………………………………………………………………………………
以前一度挑戦して投げた「Harry Potter and the Half-Blood Prince」で600万
語を通過されました。感無量だそうです♪
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-report&c=e&id=9559]
……………………………………………………………………………………………
■150万語通過しました♪         澄梨さん
……………………………………………………………………………………………
通過本は「Caleb's Story」。私もあの本では泣きました。YL3までくると、読
める本の幅が広がって楽しいですよね♪
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-report&c=e&id=9580]
───────────────────────────────────
【4】SSS コラム 「本をすすめる大人になろう」(ジアス)
───────────────────────────────────
 「本をすすめる大人になろう」という対談が載っているブックレットがあり
ます。

 「中学生はこれを読め!」[url:http://www.amazon.co.jp/dp/4894533863/]
という本で、札幌にある「くすみ書房」という本屋のおやじさんの小さな
想いから始まった話です。

 「くすみ書房」は、地下鉄琴似駅近くのビルの1階にある、ごく普通の街の
本屋さんなのですが、この本屋のおやじさんが、以前は放課後には付近の中学
生であふれていたお店に中学生の姿をほとんど見かけなくなったことに気づき
ました。
 その原因が、中学生向きの本を集めた棚がどこにもないことだと考えたおや
じさんが、まず中学生向きの本を揃えようとリストを作り始めました。

 そのリストに入れる本の選択基準はたった一つ、「面白いこと」だけ。まず
は本から離れてしまった中学生に本の面白さをわかってほしいと考えました。
「ためになる」とか「勉強になる」とかはその後でいい、というリスト作りに
賛同する本屋さんの協力を得て本を集め、共通の帯をつけて「本屋のオヤジの
おせっかい "中学生はこれを読め!"」というフェアが札幌市内の本屋さん27
店舗で開催されたのが3年前の秋のことでした。そのリストは500冊。国内もの、
海外もの、マンガから古典・ノンフィクションまで、読書好きならおとなでも
ワクワクするようなラインアップです。
 タドキストのみなさんになじみのあるところでは、「指輪物語」「ゲド戦記」
「ナルニア国ものがたり」「穴」「青空のむこう」「そして誰もいなくなった」
「トムは真夜中の庭で」「ジェーン・エア」「クローディアの秘密」「赤毛のアン」
「大草原の小さな家」「沈黙の春」「モモ」「アルジャーノンに花束を」
「十二番目の天使」「飛ぶ教室」「フォレスト・ガンプ」「星の王子さま」
「スターガール」「レインマン」「ガールズインラヴ」「スタンドバイミー」
「チョコレート工場の秘密」「ライ麦畑でつかまえて」「魔法使いハウルと火の悪魔」
などなど。

 「くすみ書房」では今でも、おやじさんの似顔絵のついた共通の帯が巻かれ
た「中学生はこれを読め!」本棚が常設されています。先日、小6の上の娘を
連れて「好きな本を買ってあげるよ」と言ったら、さんざん迷ったあげく彼女
が選んだのが、「マチルダは小さな大天才」と「十二番目の天使」「ハッピー
バースデー」でした。「ハッピーバースデー」は思わず私も一晩で一気読みし
て涙しました(^^;;

 最近は、多くの小中学校で朝読書の時間があり、斎藤孝さんや金原瑞人さん
の中高生向けのお勧め本ガイドも売れているようですね。どんなきっかけでも
いいから、子供たちが夢中になるような本を勧めることができるといいですね。
 私も自分が英語の多読を通じて本の面白さを再発見したので、自分が読んで
面白かった本を娘たちに勧めて、夢中になって読んだ後で「面白かった」とい
う感想が返ってくるのは嬉しいものです。
 他人に本を勧めて「あんまり面白くなかった」という感想が返ってきてがっ
かりすることもあるけれど、やはり自分が楽しく読んだ本を勧めたくなる喜び
は、読書好きの醍醐味のひとつでしょう。これからも、掲示板でいろんな方が
いろんな本を紹介されるのを、楽しみにしたいと思います。

 なお、「中学生はこれを読め!」最新の500冊リスト(去年の夏のフェアのもの)
はここから参照できます。
 [url:http://www.k2.dion.ne.jp/~sa-shibu/home.html]

───────────────────────────────────
【5】SSS ニュース
───────────────────────────────────
■Bookguide Project 掲示板
……………………………………………………………………………………………
 SSSでは、(1)「100万語読書記録手帳」、(2)「多読完全ブックガイド」(共
にコスモピア社)の編集に全面的に協力しています。
 手帳は、年1回、ガイドは2年に1回改訂されます。そこで、誤植訂正、新
刊情報。追加情報、絶版情報等を反映するための専用の掲示板を作りました。
 ブックガイドに関する要望や疑問なども含めて、投稿ください。
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-bookguide&c=v&num=100]
……………………………………………………………………………………………
■朝日小学生新聞 4/26 「ORT1+: The Sandcastle」を紹介
……………………………………………………………………………………………
4/26の朝日小学生新聞の、C'mon Tadokids コーナーで、ORT 1+ の
"The Sandcastle"が紹介されました。
[url:http://www.asagaku.com/tado_kids/tado_index.htm]
でも、絵本を読み、音声を聞くことができます。
……………………………………………………………………………………………
■多読講演会 セミナーの予定 *は、今回初めての情報です。
……………………………………………………………………………………………
5月13日(日) 成田 多読と多聴がひらく英語の世界(酒井邦秀)
5月27日(日) 新宿 (1)多読の楽しみ(繁村一義)
5月27日(日) 新宿 (2)ORT,LLLから始める多読(宮下いづみ)
5月27日(日) 新宿 (3)精読と多読で伸ばす英語力(Rob Waring)
* 6月 3日(日) 福岡 ORT,LLLなどの学習絵本から始める多読(古川昭夫)
7月28日(土) 豊田 絵本からの多読(酒井邦秀)

上記の詳細は、下記でご確認ください。
[url:http://www.seg.co.jp/sss/seminar/index.html]
酒井先生の講演会等の活動は、下記に詳しい情報があります。
[url:http://tadoku.org/workshop.html]
───────────────────────────────────
【6】編集後記                (ポロン)
───────────────────────────────────
 今週から、ジアスさんのコラムが始まりました。ジアスさんがコラムを書く
ことに決まったのはしばらく前。ジアスさんが多読通信の編集を担当していた
とき、その編集後記ファンだった私は、一読者として、首を長くして初コラム
を待っていました。
 一足早く原稿を読めるのは、編集委員の役得♪「中学生はこれを読め!」の
500冊リスト、中学生でなくても本好きなら、眺めているだけで心躍る思いが
します。我が家の中学生にもこのリストを渡してやろう、と思いつつ、実は先
に私が、おもしろそうな本をかたっぱしから読んでみたくてたまりません。
 タドキストの間で話題になった絵本もあるし、まだ読んでいないニューベリー
賞受賞作とか、私の大好きな『時の旅人』が入っているのもうれしいな〜。
 しばらくは、このリストから英米の作品の原題を調べることになりそうです。
 ジアスさん、本屋のおやじさん、ありがとう〜!
……………………………………………………………………………………………

         今 週 も H a p p y R e a d i n g !

───────────────────────────────────
多読通信に関するみなさまのご意見・感想などをお待ちしております。
 ・メール sss-web-magazine@seg.co.jp
 ・掲示板への投稿
 [url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=2108]
 ・多読通信アンケートフォーム
 [url:http://www.seg.co.jp/sss/information/formmail.html]
※メールでいただいた質問に対するお返事を掲示板上で行う場合があります。
 ご了承ください。
───────────────────────────────────
多読通信の過去記事&マガジン内検索
 [url:http://blog.mag2.com/m/log/0000118505]
───────────────────────────────────
※このメールマガジンは『まぐまぐ!』 [url:http://www.mag2.com/] を
 利用して発行しています。
 配信申込・中止・アドレス変更はこちらへ
 [url:http://www.mag2.com/m/0000118505.html]
───────────────────────────────────
    発行:SSS英語学習法研究会([url:http://www.seg.co.jp/sss/]
───────────────────────────────────


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.