Re: ぼんさん200万語おめでとうございます♪

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13556 // 時刻: 2022/8/12(05:44)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1542. Re: ぼんさん200万語おめでとうございます♪

お名前: 海
投稿日: 2004/4/18(22:31)

------------------------------

ぼんさん200万語おめでとうございます♪

〉どなたも特に知り合いの方はおりませんので
〉勝手な報告になりますが、よろしくお願いいたします。

初めまして! こちらこそよろしくお願いいたします。

〉本日4月17日、ようやく2巡目の100万語を達成しました。
〉多読開始が昨年の5月半ばで、100万語通過が同9月25日でした。
〉1回目が約4ヶ月、そして今回の2巡には約7ヶ月かかったことになります。
〉当初はとてもそこまで持続できるとは全く考えてもおりませんでしたので、
〉とてもうれしいです。
〉ようやく頭の中で、英語がかたまりで意味を持ってる感じになりました。
〉まだまだ聞こえてこないことの方が多いですし、
〉知らない単語も山のようですが、まだまだ持続できるなあと感じています。

ほんとほんと! 私、根性無しの飽き性を自負しているのですがまだ続いて
います。信じられない気持ちです。

〉現在、だいたいレベル5前後をうろうろしております。
〉語数の平均は次のようになります。

〉1回目の100万語  173冊   5780語/冊 レベル3〜4ぐらいまで
〉2回目の100万語   53冊  18867語/冊 レベル5〜6ぐらいまで

語数に比例して順調にレベルがあがってきているのですね。

〉これまでGRのみではなく、できるだけ児童書を読むように心掛けてきました。
〉Magic House Tree のシリーズは全巻、

わっ、すごい!

〉Darren Shan シリーズも半分ぐらいは読みました。

私も今回の100万語ではまりました。9巻まで読んでさすがに疲れ只今休憩中。

〉ハリ・ポタも3巻までは楽しみました。

おー!

〉定番のDAHRものや、DICK King-Smith の作品なども楽しかった。
〉その他、GRISHAMのものはGRで読んだあと、本編を3冊ほど購入しましたが
〉こちらはまだまだ手強いのでとりあえず肥やしになってます・・・(^^;;

読みたい本が待っているっていいですね。きっとそのうち・・・ねっ!

〉私の場合、どちらかというとGRを読むと物語の割愛の部分が気になり
〉ある程度長さがないと読めないタチですので、
〉原作そのものを飛ばし飛ばしで読む方がむいているような気がします。
〉GRは解りやすいのですが、文体と物語に力がない
〉という部分にストレスを感じてしまいます。
〉人さまざまでしょうが、読みやすい方法を自分で感じることができたのも
〉この2順目の収穫です。

人それぞれ、ですものね。ご自分にあったやり方が見つかってよかったですね。

〉本棚にはもう既に次の100万語ぐらいは未読の順番待ちがありますし
〉いくつかは再読もしたいと思っています。
〉まだまだこれからもたくさん楽しめると思います。

私もいっぱい。この掲示板に出会ってからというもの読みたいものがふえて
ふえて嬉しい悲鳴。

〉もちろん日本語の読書もたくさんしたいのですが
〉とりあえず外出した先の移動時間はこの1年間はほぼ100%英語です。

移動時間の長さが苦にならなくなった?(笑)

〉最後になりましたが、本当に心理的な英語の壁をすっかり取り払うことが
〉できたように思いますし、これからもどんどん楽しんで読み続けたいと思います。

これからも楽しい読書を!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1545. Re: 海さま、お返事おおきに!

お名前: ぼん http://homepage3.nifty.com/itic/index.htm
投稿日: 2004/4/20(13:40)

------------------------------

海さん

ぼんです、お祝いメッセージありがとうございました。

〉ほんとほんと! 私、根性無しの飽き性を自負しているのですがまだ続いて
〉います。信じられない気持ちです。

たくさんの英語関連のMMを読むというか、購読だけはしていますが
なかなか続きにくい中で、唯一この多読だけは続いています。
必死にならないといけない理由とか、仕事でもないのに持続しているのは
英語の力ではなく、読書そのものの力なのかなと思うのです。

そして背景に、子どもが自力で読むことで言葉の力を身につけていく
自然なプロセスを人為的に再現することだというこの多読の考え方に
素直に共感できることが持続の要因のように思います。
思えば偶然ですが、嬉しい出会いだったなと思っています。

〉語数に比例して順調にレベルがあがってきているのですね。

酒井先生の本の中にも急がなくてもかまわないとい趣旨の言葉がありましたし
100万語でレベル3〜4をじっくり読んだ方が、
後の伸びが速いって書いてあったと思いますので、
まったく気にせず、じっくり取組んでみようと思ったのが良かったのかな。

たしかに1年前には考えられない速度で読めるようになってきました。
200万語超記念に、一度読みかけて放ってあったPGR3の
Silas Marner を読んでみたらビューんと読めちゃいました。
ふしぎですね・・・(^^;;

〉読みたい本が待っているっていいですね。きっとそのうち・・・ねっ!

ですね。きっとね。

〉移動時間の長さが苦にならなくなった?(笑)

です、時にはもう少し電車の待ち時間が欲しいとか・・・。

〉これからも楽しい読書を!

ありがとうございます。
大いに楽しみながらどんどんレベルが上がればいいですね。
だってPBの売場なんて、行ったことなかったのに
この頃大手の本屋さんに行くと、いつも覗いてしまうんです。
このこと自体が奇跡のようです。
もっともっと読んでいきますね。

う〜ん、完全にはまってしまいました・・・(^^;;


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.