仏語360万語通過、おめでとうございます!

[掲示板: 英語以外で多読を楽しむ掲示板 -- 最新メッセージID: 3292 // 時刻: 2021/9/29(09:57)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3251. 仏語360万語通過、おめでとうございます!

お名前: ミッシェル
投稿日: 2018/6/20(18:53)

------------------------------

杏樹さん、こんばんは。いつも遅いミッシェルです。

〉フランス語で360万語通過しました。

おめでとうございます!!

〉「La Honte de Takao」
〉J'aime lire plusシリーズで最後まで残っていた本です。1回挫折したのでなかなか手が出ませんでした。このお話の舞台は日本!Takaoは日本の中学生。
〉イラストがなんか昭和っぽい日本という感じでよく調べている…のですが、ちゃぶ台が低すぎたり着物がおかしかったり、ちょっと惜しい。

日本が舞台なんですね。
読みやすくも、ちょっとイラっとしつつ、って感じでしょうか。

〉「Notre-Dame de Paris」
〉ヴィクトル・ユゴーの作品のダイジェストです。まあまあなんとか読めました。

ダイジェスト版で理解するのはなかなかレベル高いですねー。
ストーリーが省略されていそう。

〉この辺はまだ調子に乗っていましたが、GRで一番レベルの高い「オペラ座の怪人」を読もうと思ったら、わからなさすぎてあきらめました。

GR最高レベルですか!?
もうしばらく、積んどきますかね…。

〉それからエッフェル塔が旅するシリーズ
〉「La Tour Eiffel en Italie」
〉そう、今度はイタリアへ行くんです。ピサの斜塔と仲良くなって、一緒に名所めぐりをします。最後はベネチアのカーニバルで一緒に仮装です。

何度か情報を頂いて、読んでみたいと思いつつ、購入できてません。
楽しくて読みやすそうです。

〉それから、前に報告したÉlisabeth王女シリーズを書いた人がもっと薄い本のシリーズを出しているのを見つけました。なので3冊ほど購入してみました。

〉ついでに「マドレーヌ」の由来を調べてみたら、本当にレクチンスキー公爵のお城の厨房でいさかいがあって、マドレーヌという娘が間に合わせに作ったものを気に入ったから…という話が伝えられているそうです。

へぇぇ〜。
マドレーヌにそんな由来があったとは!

〉そこで別の歴史ものシリーズに行きました。
〉Petites histoires de l'HISTOIRE
〉というシリーズです。

歴史物はシリーズが豊かですね。フランス語だからかな?
(掲示板に杏樹さんと柊さんがいらっしゃるから歴史物が多いように感じるだけ?)

〉まず読んだのは
〉「Crovis, roi des Francs」
〉子どもの本でこういった人物の生涯を読めるなんてうれしい。

Who was...?
のシリーズがもっと裾野を広げたような感じなのですかね。
すいません、歴史弱くて。

〉このあたり、難しくて理解度が低い本が続いたので、これ以上同じタイプの本を読んでもダメなんじゃないかと思ってやさしい本を読みなおすことにしました。
〉そしてNathan Pocheから何冊か再読しました。投げていた未読本に挑戦したらそれも読めました。

いいなぁ。
投げたり積んだりした本が、あら読める、となるのは本当に嬉しいですよね。
そういう本は、改めて手に取るときに、ちょっと緊張が走ります。また読めなかったら嫌だなぁとか。

〉そうして、Petit Nicolasもあと1冊残っていたのでそれも読むことにしました。
〉「Petit Nicolas Le Ballon」
〉ずいぶんわかるようになってきたな、と思いました。オチがわかる話もある!歴史もので理解度が低いのが続いたので、これを読んでどうやら読む力は本当に上がっているらしい、ということが確認できました。

すごい!!
フランス語のオチがわかれば、本物ですね!!

〉これからやっとÉlisabeth王女の続きを読むことにします。

まだまだいけそうですね!
今の杏樹さんくらい読めると、英語YL3レンジのように、すごくたくさんの読める本が見つかるんでしょうね。羨ましい(じゃあもちょっと読めよ、と言われそうですが)。

ではまた。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3253. ミッシェルさん、ありがとうございます!

お名前: 杏樹
投稿日: 2018/6/21(01:34)

------------------------------

ミッシェルさん、こんにちは。

〉〉フランス語で360万語通過しました。

〉おめでとうございます!!

ありがとうございます!!
遅いなんてそんな。レスつけてくれるだけでありがたいです。

〉〉「La Honte de Takao」
〉〉J'aime lire plusシリーズで最後まで残っていた本です。1回挫折したのでなかなか手が出ませんでした。このお話の舞台は日本!Takaoは日本の中学生。
〉〉イラストがなんか昭和っぽい日本という感じでよく調べている…のですが、ちゃぶ台が低すぎたり着物がおかしかったり、ちょっと惜しい。

〉日本が舞台なんですね。
〉読みやすくも、ちょっとイラっとしつつ、って感じでしょうか。

「読みやすい」とまではいかないんです…。なんとかわかった、と言う感じで。これだけ調べて、なんでそうなる?という感じですかね。特に着物の構造は外国人には難しいのかも。私は母が着物の仕立てをしていたのでわかるんですが、日本人でも普段着物を着ないと裁ち方がどうなってるかわからないでしょうし。

〉〉「Notre-Dame de Paris」
〉〉ヴィクトル・ユゴーの作品のダイジェストです。まあまあなんとか読めました。

〉ダイジェスト版で理解するのはなかなかレベル高いですねー。
〉ストーリーが省略されていそう。

GRはどうしてもものすごいすっ飛ばし方をしますからねえ。

〉〉この辺はまだ調子に乗っていましたが、GRで一番レベルの高い「オペラ座の怪人」を読もうと思ったら、わからなさすぎてあきらめました。

〉GR最高レベルですか!?
〉もうしばらく、積んどきますかね…。

フランス語のGRは冊数が少ないのがネックです。もっと各レベルがそろっていれば順番に上がれるんですけれど、冊数が少ないのでバクチに走ります。

〉〉それからエッフェル塔が旅するシリーズ
〉〉「La Tour Eiffel en Italie」
〉〉そう、今度はイタリアへ行くんです。ピサの斜塔と仲良くなって、一緒に名所めぐりをします。最後はベネチアのカーニバルで一緒に仮装です。

〉何度か情報を頂いて、読んでみたいと思いつつ、購入できてません。
〉楽しくて読みやすそうです。

楽しいですよ~。しかもまだまだシリーズが出てることがわかって新たに購入しました。エッフェル塔が動くと言うだけでぶっ飛んでいるのに、よく次から次へとネタがあるものです。

〉〉それから、前に報告したÉlisabeth王女シリーズを書いた人がもっと薄い本のシリーズを出しているのを見つけました。なので3冊ほど購入してみました。

〉〉ついでに「マドレーヌ」の由来を調べてみたら、本当にレクチンスキー公爵のお城の厨房でいさかいがあって、マドレーヌという娘が間に合わせに作ったものを気に入ったから…という話が伝えられているそうです。

〉へぇぇ〜。
〉マドレーヌにそんな由来があったとは!

まさか人の名前だったとは…ですね。

〉〉そこで別の歴史ものシリーズに行きました。
〉〉Petites histoires de l'HISTOIRE
〉〉というシリーズです。

〉歴史物はシリーズが豊かですね。フランス語だからかな?
〉(掲示板に杏樹さんと柊さんがいらっしゃるから歴史物が多いように感じるだけ?)

たぶん、柊さんと私のせいです…。つい歴史物ばかり探してしまう…。

〉〉まず読んだのは
〉〉「Crovis, roi des Francs」
〉〉子どもの本でこういった人物の生涯を読めるなんてうれしい。

〉Who was...?
〉のシリーズがもっと裾野を広げたような感じなのですかね。
〉すいません、歴史弱くて。

Who Was…よりももうちょっと物語風です。

〉〉このあたり、難しくて理解度が低い本が続いたので、これ以上同じタイプの本を読んでもダメなんじゃないかと思ってやさしい本を読みなおすことにしました。
〉〉そしてNathan Pocheから何冊か再読しました。投げていた未読本に挑戦したらそれも読めました。

〉いいなぁ。
〉投げたり積んだりした本が、あら読める、となるのは本当に嬉しいですよね。
〉そういう本は、改めて手に取るときに、ちょっと緊張が走ります。また読めなかったら嫌だなぁとか。

そうですね。投げた本を読むのはかな~~~り積んでからになります。

〉〉そうして、Petit Nicolasもあと1冊残っていたのでそれも読むことにしました。
〉〉「Petit Nicolas Le Ballon」
〉〉ずいぶんわかるようになってきたな、と思いました。オチがわかる話もある!歴史もので理解度が低いのが続いたので、これを読んでどうやら読む力は本当に上がっているらしい、ということが確認できました。

〉すごい!!
〉フランス語のオチがわかれば、本物ですね!!

あのー、全部じゃないんで。「わかる話もある」ということで、ちょっとだけ進歩したかな、と。

〉〉これからやっとÉlisabeth王女の続きを読むことにします。

〉まだまだいけそうですね!
〉今の杏樹さんくらい読めると、英語YL3レンジのように、すごくたくさんの読める本が見つかるんでしょうね。羨ましい(じゃあもちょっと読めよ、と言われそうですが)。

300万語通過したころには、そろそろ読める本がたくさん見つかるようになってきた…と思ったんですが、今回は難しいものが多くてやっぱりまだまだ…という気分になりました。これからもバクチは続きます。

〉ではまた。

それでは~。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.