600万語通過報告

[掲示板: 〈過去ログ〉簡易報告の掲示板 -- 最新メッセージID: 244 // 時刻: 2022/5/26(04:30)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

212. 600万語通過報告

お名前: バナナ http://nanaobaba.blog60.fc2.com/
投稿日: 2007/3/10(07:38)

------------------------------

バナナです。

2006年6月に500万語になってから、07年3月に
600万語になったようです。

500万語を越えてからは、割と厚めのPBを楽しみな
がら読めるようになりました。読みたい本が読める幸せを
感じています。多読に出会えてよかったです。

Kazuo IshiguroのNever Let Me Go はキリン読みでした。
毎日の読書時間も確保できなかったため、読み終わるのに
3ヶ月かかりましたが、内容が面白くて、読みきれました。
最後の100ページは話にのめりこんで寝る時間をけずっ
て一気に2晩くらいで読んでしまいました。その間は、日
本の小説を読んでるのと同じような感覚で読んでました。

これがきっかけで、厚めのPBに手を出せるようになりました。
・マキャモンのBoy's Life(20万語)
・ケン・グリムウッドのReplay(10万語)
など、かつて日本語で読んで、再読したかった本を英語で
読めました。とてもうれしかったです。

また、カミュの異邦人の英訳本(The Outsider)を読んで、
短い・語彙もそうむつかしくなく、よみやすいのにびっくり。
内容もよかったです。翻訳だと多少読みやすくなるとかある
んですかね?

今は夏目漱石の『門』の英訳本「Mon」を読んでいますが、
こちらも読みやすいです(そうそう、話は変わりますが、
この「Mon」が、私の600万語通過本となります)。
これに味をしめて、元がポーランド語(?)のスタニスラフ・
レムの英訳本(邦題『捜査』っていうんですが、これ大好き
なんですよね)などを購入して、いつか読もうと本棚に飾っ
てあります。

The Outsiderですが、audibleでも売ってるのを見つけました。
ケネス・ブラナーが朗読をしています。即、買いました。朗読
がかっこいいので、聞いてるとついついシャドーイングしてし
まいます。

audibleは、プレミアム会員なのですが、なかなか、聞いてわ
かる+面白いというのがないのが悩みの種です。そういうのあっ
たら、どなたか教えていただけるとうれしいです。

下に、500-600万語の間の読了本とaudibleで購入した音声の一覧
とコメントをご参考までにつけておきます。

ではではではでは。

============================
1.読了本12冊

(1)Kazuo Ishiguro 2冊

 ・Never Let Me Go      約10万語
   blueleafさんが「何か大切なことが書いてある」というよう
   なコメントをブログでされていました。上質な日本の私小説
   のような味わいがありました。

 ・A Pale View of Hills    約 3万語
   戦後まもなくの日本が舞台です。親子で「chess」をしてる
   シーンがあるのですが、どう考えても「将棋」。読んでて頭
   のなかのイメージはくっきりと日本なのですが「将棋」=chess
   などと、日本固有のものを英語でかいてあるのでなんだか違和感が
   ありました

(2)翻訳小説
 ・カミュの異邦人の英訳本
  The Outsider       約 4万語
   よかったです。日本語だと「きょうママンが死んだ」と始まり
   ますが、この翻訳では "Mother died today." 。別の翻訳では
   "Maman died today." もあるそうです。

(3)他小説
 ・マキャモンのBoy's Life   約20万語
   この100万語で読んだベスト1。今までの600万語のなかで
   もベスト1でした。長いけど最高の一冊です。おすすめ。

(4)SF系
 ・Hitchhiker's Guide     約 5万語
   インターネットで検索すると、この本、かなり有名で、高い
   評価を受けてる本のようです。でも僕には面白くなかったな。
   キリン読みだったです。

 ・ケン・グリムウッドのReplay 約10万語
   この本はもう文句なしにいいです。本当に。

 ・Improbable         約16万語
   邦題が『数学的にありえない』とそそるタイトルです。YLは多分
   5−6。SF好きな人のPBデビューにはいいと思います。
 
(5)児童書
 ・サッカーのSomeday Angeline  約 3万語
 ・Emil and the detectives   約 3万語
 ・The Thief Lord       約 9万語
   最後の手前までは、とてもとてもいいのですが。落ちが...
   うーん、どうしても僕には認められない。
   
(6)GR
 ・Crime Story PGR4       約 2万語

(7)実用書
 ・The 100 Simple Secrets Of Happy People  約 2万語
 ・他に途中で投げた本で           約10万語

============================
2.Audible
(1)The Mercy Watson Collection Volume1
  これ、わかりやすいです。おもしろいし。

(2)You Can Heal Your Life
  自己評価を高める(Self-Esteem)ための本の朗読です。
  実用書の分類になると思いますが、一般的に実用書の朗読は
  小説の朗読よりずっとわかりやすいなと実感しました。

(3)The Bunnicula Collection
  大会で薦められた音源。3,4回聞かないと筋がわからなかった
  です。ただ、わかれば面白い。聞いてると何度も噴出してしまいます。
  
(4)The Outsider
  朗読:ケネス・ブラナー
  最後のシーンの激しいやり取りの部分があるのですが、そこは
  聞いていてぞくぞくしてきました。ブラナーが大好きなためでも
  ありますが、この朗読は何度聴いてもあきません(今のところ)
  
(5)A to Z Mysteries Collection 1
  僕にはちょっとむつかしいでした

(6)From the Mixed-up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
(7)Never Let Me Go
    この2つは、なかなか聞いててついていけません。
    そうそう、Kazuo Ishiguro のKazuo を「カシーオ」って
    発音してました。みんなこう発音するのかしら?
============================


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

214. Re: 600万語通過報告

お名前: たこ焼
投稿日: 2007/3/13(23:39)

------------------------------

ばななん♪ ばななん♪ バ〜ナ〜ナ〜♪

バナナさん、こんちは! お久しぶりのたこ焼ッス。


〉2006年6月に500万語になってから、07年3月に
〉600万語になったようです。


おーっ!
おめでとうございます。
冒頭の歌はお祝いのプレゼントっす。(笑)


〉500万語を越えてからは、割と厚めのPBを楽しみな
〉がら読めるようになりました。


厚めのPBですか! いいですね〜。
僕はまだ長さへの耐性が少なくって・・とほほ


〉読みたい本が読める幸せを
〉感じています。多読に出会えてよかったです。


大同感!
バナナさんって文学が好きなんやねー。(^^)


〉Kazuo IshiguroのNever Let Me Go はキリン読みでした。
〉毎日の読書時間も確保できなかったため、読み終わるのに
〉3ヶ月かかりましたが、内容が面白くて、読みきれました。
〉最後の100ページは話にのめりこんで寝る時間をけずっ
〉て一気に2晩くらいで読んでしまいました。その間は、日
〉本の小説を読んでるのと同じような感覚で読んでました。


Kazuo Ishiguroさんですか。
どんな作家さんか、僕、全く知らないんですが、
興味がムクムク湧いてきましたー。
だって、ほら、バナナさんとは本の趣味がよくあうしぃぃ。(^^)


〉また、カミュの異邦人の英訳本(The Outsider)を読んで、
〉短い・語彙もそうむつかしくなく、よみやすいのにびっくり。
〉内容もよかったです。翻訳だと多少読みやすくなるとかある
〉んですかね?


そういえば・・
翻訳だと読みやすくなるという話は以前どこかで聞いたことがありますー。
特にロシア語からの英訳は読みやすいらしいのですが、ホンマかな?


〉audibleは、プレミアム会員なのですが、なかなか、聞いてわ
〉かる+面白いというのがないのが悩みの種です。そういうのあっ
〉たら、どなたか教えていただけるとうれしいです。


ゴメン!
audibleって、よーわからんッす。
代わりにといっちゃなんですが、
Black Cat の The Tragedy of Dr Faustus (CD付き)なんかはどうでしょうか?
聞いてみて全部わかったかというと、そうでもないのですが、でも、それなりにわかった・・かな?
Mephistophilisの力のぬけた声がなかなかよかったっすよ。


〉(1)Kazuo Ishiguro 2冊

〉 ・Never Let Me Go      約10万語
〉   blueleafさんが「何か大切なことが書いてある」というよう
〉   なコメントをブログでされていました。上質な日本の私小説
〉   のような味わいがありました。


ますます興味が湧いてきたっすよぉぉ。


〉(3)他小説
〉 ・マキャモンのBoy's Life   約20万語
〉   この100万語で読んだベスト1。今までの600万語のなかで
〉   もベスト1でした。長いけど最高の一冊です。おすすめ。


本の趣味がよく似たバナナさんの
「今までの600万語のなかでもベスト1」ともなれば、
これは買いッ! 買いですよ! ほんとに買いましたよ〜!
いつになるかわかりませんが、読んでみますねー。


〉(5)児童書
〉 ・サッカーのSomeday Angeline  約 3万語


この続編の Dogs Don't Tell Jokes、お薦めッスよ。
読んだサッカーの本の中では、僕はこの本が一番好きですねー。


〉ではではではでは。


ではではッス。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 215. Re: 600万語通過報告

お名前: 酒井@快読100万語!
投稿日: 2007/3/14(00:58)

------------------------------

バナナさん、600万語通過! 着々ですねえ・・・
さかい@tadoku.orgです。

たこ焼きさん、こんばんは!
(言葉の最小単位は物語・・・着々と完成に向かっています!)

〉バナナです。:

〉2006年6月に500万語になってから、07年3月に
〉600万語になったようです。

〉500万語を越えてからは、割と厚めのPBを楽しみな
〉がら読めるようになりました。読みたい本が読める幸せを
〉感じています。多読に出会えてよかったです。

読みたい本が読める・・・ 軽くかつ重いお言葉ですねえ!

〉Kazuo IshiguroのNever Let Me Go はキリン読みでした。
〉毎日の読書時間も確保できなかったため、読み終わるのに
〉3ヶ月かかりましたが、内容が面白くて、読みきれました。
〉最後の100ページは話にのめりこんで寝る時間をけずっ
〉て一気に2晩くらいで読んでしまいました。その間は、日
〉本の小説を読んでるのと同じような感覚で読んでました。

おーおー、すごい! すごい!!

〉これがきっかけで、厚めのPBに手を出せるようになりました。
〉・マキャモンのBoy's Life(20万語)
〉・ケン・グリムウッドのReplay(10万語)
〉など、かつて日本語で読んで、再読したかった本を英語で
〉読めました。とてもうれしかったです。

〉また、カミュの異邦人の英訳本(The Outsider)を読んで、
〉短い・語彙もそうむつかしくなく、よみやすいのにびっくり。
〉内容もよかったです。翻訳だと多少読みやすくなるとかある
〉んですかね?

あると思いますね。
あれ? 原作を読んだの?

〉今は夏目漱石の『門』の英訳本「Mon」を読んでいますが、
〉こちらも読みやすいです(そうそう、話は変わりますが、
〉この「Mon」が、私の600万語通過本となります)。
〉これに味をしめて、元がポーランド語(?)のスタニスラフ・
〉レムの英訳本(邦題『捜査』っていうんですが、これ大好き
〉なんですよね)などを購入して、いつか読もうと本棚に飾っ
〉てあります。

レムね。「捜査」って、あの温泉に行くやつかな?

〉The Outsiderですが、audibleでも売ってるのを見つけました。
〉ケネス・ブラナーが朗読をしています。即、買いました。朗読
〉がかっこいいので、聞いてるとついついシャドーイングしてし
〉まいます。

そのうち聞かせてね!

〉audibleは、プレミアム会員なのですが、なかなか、聞いてわ
〉かる+面白いというのがないのが悩みの種です。そういうのあっ
〉たら、どなたか教えていただけるとうれしいです。

たしかになかなかない・・・
いまThe Historianを聞いてますが、これはあんまりたいしたことないな。
まもなく聞き終わります。1.5倍速で聞いてますが、もっと速くして
さっとき聞き終わりたい。

〉下に、500-600万語の間の読了本とaudibleで購入した音声の一覧
〉とコメントをご参考までにつけておきます。

〉ではではではでは。

〉============================
〉1.読了本12冊

〉(1)Kazuo Ishiguro 2冊

〉 ・Never Let Me Go      約10万語
〉   blueleafさんが「何か大切なことが書いてある」というよう
〉   なコメントをブログでされていました。上質な日本の私小説
〉   のような味わいがありました。

〉 ・A Pale View of Hills    約 3万語
〉   戦後まもなくの日本が舞台です。親子で「chess」をしてる
〉   シーンがあるのですが、どう考えても「将棋」。読んでて頭
〉   のなかのイメージはくっきりと日本なのですが「将棋」=chess
〉   などと、日本固有のものを英語でかいてあるのでなんだか違和感が
〉   ありました

〉(2)翻訳小説
〉 ・カミュの異邦人の英訳本
〉  The Outsider       約 4万語
〉   よかったです。日本語だと「きょうママンが死んだ」と始まり
〉   ますが、この翻訳では "Mother died today." 。別の翻訳では
〉   "Maman died today." もあるそうです。

〉(3)他小説
〉 ・マキャモンのBoy's Life   約20万語
〉   この100万語で読んだベスト1。今までの600万語のなかで
〉   もベスト1でした。長いけど最高の一冊です。おすすめ。

〉(4)SF系
〉 ・Hitchhiker's Guide     約 5万語
〉   インターネットで検索すると、この本、かなり有名で、高い
〉   評価を受けてる本のようです。でも僕には面白くなかったな。
〉   キリン読みだったです。

〉 ・ケン・グリムウッドのReplay 約10万語
〉   この本はもう文句なしにいいです。本当に。

知らないぞ、この人?

〉 ・Improbable         約16万語
〉   邦題が『数学的にありえない』とそそるタイトルです。YLは多分
〉   5−6。SF好きな人のPBデビューにはいいと思います。
〉 
〉(5)児童書
〉 ・サッカーのSomeday Angeline  約 3万語
〉 ・Emil and the detectives   約 3万語
〉 ・The Thief Lord       約 9万語
〉   最後の手前までは、とてもとてもいいのですが。落ちが...
〉   うーん、どうしても僕には認められない。

それは残念・・・
実はぼくがaudibleで次に狙っているのはThe Thief Lordなのです。

〉(6)GR
〉 ・Crime Story PGR4       約 2万語

〉(7)実用書
〉 ・The 100 Simple Secrets Of Happy People  約 2万語
〉 ・他に途中で投げた本で           約10万語

〉============================
〉2.Audible
〉(1)The Mercy Watson Collection Volume1
〉  これ、わかりやすいです。おもしろいし。

〉(2)You Can Heal Your Life
〉  自己評価を高める(Self-Esteem)ための本の朗読です。
〉  実用書の分類になると思いますが、一般的に実用書の朗読は
〉  小説の朗読よりずっとわかりやすいなと実感しました。

〉(3)The Bunnicula Collection
〉  大会で薦められた音源。3,4回聞かないと筋がわからなかった
〉  です。ただ、わかれば面白い。聞いてると何度も噴出してしまいます。

これ、あちこちで評判だね。

〉(4)The Outsider
〉  朗読:ケネス・ブラナー
〉  最後のシーンの激しいやり取りの部分があるのですが、そこは
〉  聞いていてぞくぞくしてきました。ブラナーが大好きなためでも
〉  ありますが、この朗読は何度聴いてもあきません(今のところ)

ケネス・ブラナーもあちこちで評判ですね。

〉(5)A to Z Mysteries Collection 1
〉  僕にはちょっとむつかしいでした

えー! そういうことがあるんだ・・・!!

〉(6)From the Mixed-up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
〉(7)Never Let Me Go
〉    この2つは、なかなか聞いててついていけません。
〉    そうそう、Kazuo Ishiguro のKazuo を「カシーオ」って
〉    発音してました。みんなこう発音するのかしら?
〉============================

(6)はね、聞いてみたいな!

ではね、バナナさん、そのうちまた茨城近辺で!

1000万語も近いぞ、Happy reading!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

217. 酒井先生へ

お名前: たこ焼
投稿日: 2007/3/15(18:44)

------------------------------

バナナさん、ちょいと横レス、ごめんなさいねー。


〉たこ焼きさん、こんばんは!
〉(言葉の最小単位は物語・・・着々と完成に向かっています!)


酒井先生、こんちは。
すーッごく楽しみです! ワクワク♪ (^^)


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

216. Re: 600万語通過報告

お名前: blueleaf
投稿日: 2007/3/14(20:57)

------------------------------

バナナさんこんにちは。

600万語通貨おめでとうございます。

Never let me go は読んでよかったなあと思える一冊でした。バナナさんがブログに書いてあったのを見て気になって読んだ本です。

Boy's life はまだ読んでませんけど、心にとめてあります。最近本をあまりよんでないせいもあって読み終わるのは先のことになりそうです。

Audiobookは朗読者の声に対する慣れやあるいは好みなど、またストーリのわかりやすさおもしろさなどもあっていくらか聞いてみないとわからないから僕にとってはまだまだ難しいです。

ではでは。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

218. Re: 600万語通過報告

お名前: 涼音
投稿日: 2007/3/15(22:01)

------------------------------

涼音です。掲示板は久しぶり。
600万語おめでとうございます♪
多読通信がなかったら、気がつかない所でした。

〉(4)SF系
〉 ・Hitchhiker's Guide     約 5万語
〉   インターネットで検索すると、この本、かなり有名で、高い
〉   評価を受けてる本のようです。でも僕には面白くなかったな。
〉   キリン読みだったです。

ん〜、私の勘違いでなければ、多分「銀河ヒッチハイクガイド」ですよね。
随分昔から邦訳も出ている定番のSF本の筈です。(の割に私も読んでなかったのですが。)
少し前に映画になりました。映画タイトルはHichhiker's Guide to the Galaxyだったかな?
先週DVDレンタルで見たのですが、B級SFとしてですが、結構おもしろかったですよ。
ん〜、原作だとどんな感じなんでしょうね。

〉 ・ケン・グリムウッドのReplay 約10万語
〉   この本はもう文句なしにいいです。本当に。

お、これ、よかったですか?
読もうと思って買ってあるのですが、本が微妙に大きくて持ち歩きにくいのでまだ読んで
ないのです。そろそろ読んでみましょうかね。

でわでわ


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

219. たこ焼さん、酒井先生、blueleafさん、涼音さん、コメントありがとうございます

お名前: バナナ http://nanaobaba.blog60.fc2.com/
投稿日: 2007/3/17(21:30)

------------------------------

たこ焼さん、酒井先生、blueleafさん、涼音さん、こんにちは。

茨城に戻ってから、ケッコウ多忙です。ご返答遅れました。

以下、みまさんそれぞれへまとめてご返答です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
たこ焼さん、こんにちは。

おひさしぶりです。
お祝いの歌、ありがとうございます。

Never Let Me Go は『私を離さないで』とのタイトルで邦訳されています。
お勧めです。ただ、この本読むなら、極力書評やこの本に関する新聞記事は
読まないほうがいいです。この本はネタばれされないで読む=作者にうまく
惑わせられながら読むのが楽しい本です。

マキャモンのBoy's Lifeは、Ernieさんもよかったと言ってました。
こっちは、ネタばれ気にしないでいい本です。

両方お勧めです。ぜひ。

> 〉また、カミュの異邦人の英訳本(The Outsider)を読んで、
> 〉短い・語彙もそうむつかしくなく、よみやすいのにびっくり。
> 〉内容もよかったです。翻訳だと多少読みやすくなるとかある
> 〉んですかね?
>
> 翻訳だと読みやすくなるという話は以前どこかで聞いたことがありますー。
> 特にロシア語からの英訳は読みやすいらしいのですが、ホンマかな?

酒井先生のコメント読んで、「そういや、俺フランス語なんか読めないし、
何と比較して読みやすいっておもったのかしらん」とあらためて思いました。

なんだろうな、日本語で読んで、けっこうこむつかしかった印象があったのかな?

そうそう、「Mon」ですが、読んでてすらすら話が進むのですが、
なんだか変。で原作の『門』も並行して読んだら、夏目漱石のおも
しろさにあらためてびっくり。なんてことない情景なのですがその
文章がうまくて、クスクスニヤニヤしてしまうのです。英訳だとそ
ういう漱石の文章の感じが全くなくなって、淡々と物語が進んで
いく感じです。なんだかつまんなくなって途中で「Mon」を読め
なくなってしまいました。

実は、今日、カフカの『変身』の英訳の朗読(インターネットで
無料公開されてるところをみつけました)を聞いていて、ありゃ
りゃりゃりゃと思ったのもありました。

新潮文庫で読んだだけなのですが、表紙のカフカの暗めの写真の
印象が強くて、『変身』は、なんというかまじめに読んだ覚えが
あります。だけど、英語の朗読を聞いてると、なんだか笑っちゃ
うんですね。

でっかいゴキブリ(?)に変身しちゃって、そのくせ、
もうこんな時間だ、早く電車に乗らないと会社に遅れるとか、

そとに家族や上司がきていて、「はやく部屋を開けろ」と言われ、
一生懸命ゴキブリの体で、すりすりし、あごで鍵を持って、扉を開ける
よう顔をぐりぐりしてるとか

やさしめの英語で朗読されてるのを聞くと、笑わずにはいられない
というか。

いやー、日本語訳と英語訳で(もちろん訳以外の要素−本の装丁、
朗読者の力量−もあるんでしょうが)、こんなにイメージが違って
くるのはびっくりでした。

> Black Cat の The Tragedy of Dr Faustus (CD付き)なんかはどうでしょうか?
> 聞いてみて全部わかったかというと、そうでもないのですが、でも、それなりにわかった・・かな?
> Mephistophilisの力のぬけた声がなかなかよかったっすよ。

いいですね。おもしろそう。さっそくチェックしますね。

> ---------------------------------------------------------------

酒井先生へ

> 読みたい本が読める・・・ 軽くかつ重いお言葉ですねえ!

多読のおかげです。ありがとうございました。
今まで大学卒業まで10年英語の勉強して、それ以降もいろんな
勉強をしても、できなかったことが、できるようになりました。
本当にありがとうございます。
これからも、聴く・書く他たくさんできるようになりたいです。
よろしくお願いします。

オーディオブックで面白かったの、今度お会いできそうなとき
持ってきますね。

ところで
読んでいる人と読んでいない人で、人生の幸せの数がちがってくる本が
あると思っているのですが、『ケン・グリムウッドのReplay』は、そういう
本だと思ってます。いつか読んでくださいね。

> ではね、バナナさん、そのうちまた茨城近辺で!

ではでは

> ---------------------------------------------------------------

blueleafさんへ

> Boy's life はまだ読んでませんけど、心にとめてあります。

いいですよ。読んでみてください。

話は変わりますが、最近、韓国囲碁の棋譜(特に、李セドル)が公開
されている英語のサイトを発見しました。英語って便利ですねー。
今度一局打ちましょうね。

ではでは。

> ---------------------------------------------------------------
涼音さんへ

コメントありがとうございます。

> Hichhiker's Guide to the Galaxy
> B級SFとしてですが、結構おもしろかったですよ。

さっそく、チェックしてみます。

>
> 〉 ・ケン・グリムウッドのReplay 約10万語
> 〉   この本はもう文句なしにいいです。本当に。
>
> お、これ、よかったですか?
> 読もうと思って買ってあるのですが、本が微妙に大きくて持ち歩きにくいのでまだ読んで
> ないのです。そろそろ読んでみましょうかね。

ぜひ!酒井先生が読む前に

では、また東京で飲み会ある時に。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

221. Re: バナナさん、600万語通過、おめでとうございます!

お名前: Ernie
投稿日: 2007/3/18(22:07)

------------------------------

すっかり出遅れてしまいましたが、どうしてもお祝いしたかったので今更ですがしゃしゃり出てきました。

〉2006年6月に500万語になってから、07年3月に
〉600万語になったようです。

600万語通過、おめでとうございます♪
茨城に帰られて忙しいのは分かってましたし、多読も進んでないのでは?と勝手に思ってたので
続けられてたことを知ってすごく嬉しかったです(*^^*)

あと今でも語数を数えてるのもちょっとビックリ(!?)でした(笑)

〉500万語を越えてからは、割と厚めのPBを楽しみな
〉がら読めるようになりました。読みたい本が読める幸せを
〉感じています。多読に出会えてよかったです。

読みたい本を読みたいように読める!
幸せ&これぞ醍醐味ですよね♪

〉これがきっかけで、厚めのPBに手を出せるようになりました。
〉・マキャモンのBoy's Life(20万語)
〉・ケン・グリムウッドのReplay(10万語)
〉など、かつて日本語で読んで、再読したかった本を英語で
〉読めました。とてもうれしかったです。

Boy's Lifeは本当によかったです!
バナナさんに勧められなかったら読んでないかもしれない訳で感謝!感謝!です。
Replayも私の読みたいリストにずーっと入ってるんですけど(苦笑)

〉audibleは、プレミアム会員なのですが、なかなか、聞いてわ
〉かる+面白いというのがないのが悩みの種です。そういうのあっ
〉たら、どなたか教えていただけるとうれしいです。

audibleは続かないだろうな、と自分で分かっているのでどうしても手を出す気になれなくて・・・。
案の定、いまやiPodのスイッチは週に2〜3日しか入らない状態です(^^;

〉下に、500-600万語の間の読了本とaudibleで購入した音声の一覧
〉とコメントをご参考までにつけておきます。

〉ではではではでは。

ああ、この「ではではではでは。」って何だか懐かしいです(笑)
では、私もではではではでは(笑)
(ちなみに返信のことはどうぞ気にしないで下さいね!この簡易掲示板は返信しなくていいことになってますし!)

〉============================
〉1.読了本12冊

〉(2)翻訳小説
〉 ・カミュの異邦人の英訳本
〉  The Outsider       約 4万語
〉   よかったです。日本語だと「きょうママンが死んだ」と始まり
〉   ますが、この翻訳では "Mother died today." 。別の翻訳では
〉   "Maman died today." もあるそうです。

バナナさんの紹介を読んで興味津々です!
気が向いたらトライしてみます。

〉(3)他小説
〉 ・マキャモンのBoy's Life   約20万語
〉   この100万語で読んだベスト1。今までの600万語のなかで
〉   もベスト1でした。長いけど最高の一冊です。おすすめ。

上にも書きましたが、私もこの本に出会えて本当によかったと思っています!
バナナさんにはこれに限らず、本を貸して頂いたり、面白い本を紹介頂いたり、いつも有り難うございます!

〉 ・ケン・グリムウッドのReplay 約10万語
〉   この本はもう文句なしにいいです。本当に。

〉 ・Improbable         約16万語
〉   邦題が『数学的にありえない』とそそるタイトルです。YLは多分
〉   5−6。SF好きな人のPBデビューにはいいと思います。

バナナさんが読んでるのを見て面白そうだなぁ、って思ったんですけど
バナナさんには当たり前の数学的知識ゼロ&数式を見ただけで頭痛がする私には敷居が高そうで・・・(苦笑)
 
〉(5)児童書
〉 ・サッカーのSomeday Angeline  約 3万語
〉 ・Emil and the detectives   約 3万語
〉 ・The Thief Lord       約 9万語
〉   最後の手前までは、とてもとてもいいのですが。落ちが...
〉   うーん、どうしても僕には認められない。

"The Thief Lord"については全く同感!です。
途中までは読むのをやめるのが辛い位面白かったんですけどねぇ!

〉(4)The Outsider
〉  朗読:ケネス・ブラナー
〉  最後のシーンの激しいやり取りの部分があるのですが、そこは
〉  聞いていてぞくぞくしてきました。ブラナーが大好きなためでも
〉  ありますが、この朗読は何度聴いてもあきません(今のところ)

本と共に音源も大いに気になります!
  
〉(5)A to Z Mysteries Collection 1
〉  僕にはちょっとむつかしいでした

レベル的には他の本や音源より低いと思うんですけど、多分、バナナさんが普段、ミステリ的なものをほとんど読まれないからだと思います。
やっぱり好みって重要ですよね。

東京に来る機会があったら是非ご連絡下さいねー。
またいろんな本を紹介いただけるのを楽しみにしています♪


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

222. Ernieさん、ありがとうございます

お名前: バナナ http://nanaobaba.blog60.fc2.com/
投稿日: 2007/3/24(05:56)

------------------------------

"Ernie"さんは[url:kb:221]で書きました:
〉すっかり出遅れてしまいましたが、どうしてもお祝いしたかったので今更ですがしゃしゃり出てきました。

〉600万語通過、おめでとうございます♪

どもども、おはようございます。

〉Replayも私の読みたいリストにずーっと入ってるんですけど(苦笑)

これはいいですよ。酒井先生が読む前にどうぞ

〉〉下に、500-600万語の間の読了本とaudibleで購入した音声の一覧
〉〉とコメントをご参考までにつけておきます。

〉〉============================

〉〉 ・The Thief Lord       約 9万語
〉〉   最後の手前までは、とてもとてもいいのですが。落ちが...
〉〉   うーん、どうしても僕には認められない。

〉"The Thief Lord"については全く同感!です。
〉途中までは読むのをやめるのが辛い位面白かったんですけどねぇ!

今度二人で酒井先生をいじめることにしましょう

〉〉(4)The Outsider
〉〉  朗読:ケネス・ブラナー
〉本と共に音源も大いに気になります!

朗読いいですよ。

今度オフででも音持ってきますね。

それではそれでは


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.