絵本報告 その28

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2021/10/29(06:07)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14921. 絵本報告 その28

お名前: アトム http://www1.tmtv.ne.jp/~soh/
投稿日: 2004/12/11(16:01)

------------------------------

こんばんは、アトムです。
師走ですね、みなさんお忙しいですね、ネコの手も借りたいですね、ってことで
今回はネコです。

こじつけ成功。(もともとネコ特集するつもりだった)

お勉強シリーズ、社会科が残っているのですが投稿人が飽きてしまったのでまた今度です。
飽きっぽくてすみません。

それでまあ、イヌとネコと、どちらを先にしようかと思ったのですが、
Cats and Dogsっていうからネコが先。イヌ派の皆さん、次回はイヌですから。(たぶん)
個人的にはどちらも普通に好きです。

■Miaow Andre Amstutz(絵) レベル1 総語数210語 ★★★★
(邦題:)
Allan Ahlberg作。A lift the Cat-Flap Book。仕掛けブックです。
子供が気に入ってしまうとすぐに仕掛けがだめになっちゃうだろうなー(笑)。
猫の帰りを待つClaraの元にいろいろなお客さんが来るというお話です。

■Ginger Charlotte Voake レベル1 総語数380語 ★★★★
(邦題:ねこのジンジャー)
どうって事ない話なんだけど、
“A CAT'S LIFE”を読んだ後に読んだのでこの猫の気持ちがよくわかってしまったのよね、私。
平和に暮らしていたGinger。ところが子猫が一緒に住むことになって...。
絵が好きです。

■Like Likes Like Chris Raschka レベル0 総語数70語  ★★★
(邦題:)
みんなペアで楽しそうなのに、自分だけひとりぽっちの猫が仲間を探しにいきます。
韻を踏んでいます。
絵も猫の絵を切り抜いたのを背景の紙にぺたりと貼り付けている感じです。
おしゃれな感じで好きです。シンプルなので見ていて飽きません。

■Mrs McTats and Her Houseful of Cats  Joan Rankin レベル1 総語数590語 ★★★
(邦題:)
Alyssa Satin Capucilli作。題名どおりの絵本です。最初1匹のネコしかいなかったけれど、どんどん増えていきます。
そのネコたちがすっごくかわいいのー。絵がもともと癒し系なのですが、個性的でほんとにかわいい猫達です。
猫の名前がまたいいのです。

■Cat Traps Molly Coxe (SIR Early) レベル0 総語数100語 ★★★
(邦題:)
これは多読をしている人には有名な絵本です(か?)。
とても簡単でリズミカルで愉快な絵本です。
(あれ?この本、語数が100語もありましたっけ?)

■Clever Cat Peter Collington レベル2 総語数730語 ★★★
(邦題:おりこうねこ)
自分で食い扶持を稼ぐ賢い猫なんです。しかしその猫が最後にした選択は?
ブタもおだてりゃ木に登るに近いものがあって、考えさせられるお話です。

次はねこのオーランドーシリーズです。
4冊読みましたが発行順はよくわかりません。他にも何冊かあるようですね。
細かいところまでよく描かれていて楽しいです。
英語も少しむずかしめで、語数も多いので読み応えがあります。
ただ、大判なので置き場所に困ると思います。(小さいのもあるのかな?)

□Kathleen Hale 作/絵 レベル4

■Orland (The marmalade Cat) His Silver Wedding 総語数3,200語 ★★★★
(邦題:)
オーランドーが結婚するまでのお話です。
人の(猫の)弱いところにつけいる、たちの悪い猫まで書かれていて、なかなか人間臭い猫たちのお話。

■Orland (The marmalade Cat) Buyas a Farm 総語数2,400語 ★★★★
(邦題:ねこのオーランドー 農場をかう)
オーランドー一家は農場を買います。猫が自分より大きい子羊にミルクを与えている絵があるのですが、
そこまでして農場を経営するのか?ちょっと無理ない?

■Orlando(The Marmalade Cat) Keeps a Dog 総語数3,800語 ★★★★
(邦題:)
オーランドーの子供たちがペットをほしがるので募集します。
(ペットになってもいいという動物を募集するんですよ!)
いろんな動物が押し寄せてきましたが、その中に黒のプードルがいました。
そのプードルは、自分が猫のペットになるために来たのに、自分は自分のペットの猫を連れてきているという、

どういう世界観なのかが謎です。

■Orland(the marmalade cat) a Seaside Holiday 総語数4,200語 ★★★★★
(邦題:ねこのオーランドー 海へいく)
オーランドーの一家は夏休みに海に行きます。最後は凄くいいお話になっています。

■Me and My Cat?  Satoshi Kitamura レベル1 総語数700語 ★★★★★ 
(邦題:ぼくネコになる)
Nicholasが夜、部屋で寝ていると、魔法使いがやってきて呪文を唱えて出て行った。
翌朝、何か様子が変・・・・?
お話も面白いし、きたむらさんのとがった絵も見慣れると好きになります。

ということで、今回はきたむらさんの特集もするのです。
『ぞうのエルマー』シリーズを翻訳されたのがこの方なのですね。
東京生まれ、イギリス在住。

□Satoshi Kitamura絵

■Angry Arthur レベル1 総語数200語 ★★★
(邦題:ぼくはおこった)
Hiawyn Oram著。この方の絵本ではじめて読んだのがこれです。
この方の絵が、この怒り狂う男の子の感じとマッチしていて
それで「とがった絵を描く人」というイメージがついてしまいました。

■In the Attic レベル1 総語数140語 ★★★
(邦題:やねうら)
Hiawyn Oram作。天井裏部屋で繰り広げられる世界です。子供の想像は果てがない(笑)。

この本だけではないのですが、『屋根裏部屋』を題材にした絵本ってわりとあるんですよね。
薄暗くごちゃごちゃした感じが物語りにうってつけなのでしょうか。
実家では屋根裏らしいスペースに邪魔なものを置いていたけれど、部屋ではなかったなー。

■Fly with the Birds - An Oxford Word and Rhyme Book レベル1 総語数500語 ★★★
(邦題:)
Richard Edwards作。ごくごく易しい身の回りの単語を学ぶ本です。
ちょっといたしかけがあります。

■Sheep in Wolve's Clothing レベル3 総語数1,000語 ★★★
(邦題:ひつじのコートはどこいった)
この人の描く絵は人間より動物の方が好きです。
海水浴に行った羊がだまされて狼に毛皮を取られてしまいます。
猫の子供達の手も借りて、さあ、取り返せるでしょうか。

今回紹介の本は以上です。
読んでくださってありがとうございます。

◆◆近況報告◆◆
近所の図書館AとBの絵本はほぼ読み終わりました。
まさかこんなにたくさん読むことになるなんて思っていませんでした(笑)。
見通しが甘いね(爆)。

そうそう、猫好きの皆さん、絵本ではなく一般書なのですが、
Dee Readyという人が書いた“A CAT'S LIFE -Dulcy's Story”は必読ですよ。
◆◆◆◆◆◆◆◆

ではでは!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14923. Re: 絵本報告 その28

お名前: カイ
投稿日: 2004/12/12(09:43)

------------------------------

アトムさん おっはよー カイです

いつも楽しみにしています。

〉こんばんは、アトムです。
〉師走ですね、みなさんお忙しいですね、ネコの手も借りたいですね、ってことで
〉今回はネコです。
〉こじつけ成功。(もともとネコ特集するつもりだった)

猫ものいいですね〜

〉それでまあ、イヌとネコと、どちらを先にしようかと思ったのですが、
〉Cats and Dogsっていうからネコが先。イヌ派の皆さん、次回はイヌですから。(たぶん)
〉個人的にはどちらも普通に好きです。

この選択の仕方いいな(笑)
犬もいいですね。のんびり待ってます。
(注:絵本なら動物でも人間でも良いらしい)

〉■Ginger Charlotte Voake レベル1 総語数380語 ★★★★
〉(邦題:ねこのジンジャー)
〉どうって事ない話なんだけど、
〉“A CAT'S LIFE”を読んだ後に読んだのでこの猫の気持ちがよくわかってしまったのよね、私。
〉平和に暮らしていたGinger。ところが子猫が一緒に住むことになって...。
〉絵が好きです。

これ大好きだったやつだ。
味のある絵のやつでしょ。
こういう絵すごく好きだったような(記憶の片隅から掘り起こしてます)

〉■Mrs McTats and Her Houseful of Cats  Joan Rankin レベル1 総語数590語 ★★★
〉(邦題:)
〉Alyssa Satin Capucilli作。題名どおりの絵本です。最初1匹のネコしかいなかったけれど、どんどん増えていきます。
〉そのネコたちがすっごくかわいいのー。絵がもともと癒し系なのですが、個性的でほんとにかわいい猫達です。
〉猫の名前がまたいいのです。

うむー 私が読んだやつのような気がする。
お庭とかで呼ぶといっぱーい出てくるのよね。
お部屋も猫だらけで。
名前がすごくチャーミングだった。きっと同じ本だ。

〉次はねこのオーランドーシリーズです。
〉4冊読みましたが発行順はよくわかりません。他にも何冊かあるようですね。
〉細かいところまでよく描かれていて楽しいです。
〉英語も少しむずかしめで、語数も多いので読み応えがあります。
〉ただ、大判なので置き場所に困ると思います。(小さいのもあるのかな?)

これ!!!絵がもろに私好みの絵本!
そして私が投げてる本だ!(100万語ぐらいだったかなぁ)
今、なげ投げたか分かった!レベル4だったんだ。
簡単そうに見えるのにぃ。
やっぱり絵本はあなどれん。

今なら読めるはずだから、借りてみようっと。
思い出させてくれてありがとー

〉ということで、今回はきたむらさんの特集もするのです。
〉『ぞうのエルマー』シリーズを翻訳されたのがこの方なのですね。
〉東京生まれ、イギリス在住。

ほほぉ。
エルマー君の翻訳ですか?
エルマー君はとうとう図書館にあるのは全部借りたんですよ
(他にもあるのかなぁ?5,6冊かりだんだけど)

〉□Satoshi Kitamura絵

〉■Angry Arthur レベル1 総語数200語 ★★★
〉(邦題:ぼくはおこった)
〉Hiawyn Oram著。この方の絵本ではじめて読んだのがこれです。
〉この方の絵が、この怒り狂う男の子の感じとマッチしていて
〉それで「とがった絵を描く人」というイメージがついてしまいました。

これ!すっごい怒り方するよね!!!
この絵、思い出した!
この絵本を見ると「とがった絵を描く人」というイメージになるの分かる。
私は、割と好きな絵だったような(記憶が...)
お話はちょっと苦手...

〉■In the Attic レベル1 総語数140語 ★★★
〉(邦題:やねうら)
〉Hiawyn Oram作。天井裏部屋で繰り広げられる世界です。子供の想像は果てがない(笑)。

〉この本だけではないのですが、『屋根裏部屋』を題材にした絵本ってわりとあるんですよね。
〉薄暗くごちゃごちゃした感じが物語りにうってつけなのでしょうか。
〉実家では屋根裏らしいスペースに邪魔なものを置いていたけれど、部屋ではなかったなー。

日本の屋根裏とイメージが違うよねーーー
暖かくて優しいイメージで描かれますよね。
屋根裏ものはだいたい好きだから、あれば借りちゃう。

〉◆◆近況報告◆◆
〉近所の図書館AとBの絵本はほぼ読み終わりました。
〉まさかこんなにたくさん読むことになるなんて思っていませんでした(笑)。
〉見通しが甘いね(爆)。

A,B図書館制覇 おめでとーーー
閉架図書も読んだ?
私は近所の図書館の開架はほぼ制覇。
閉架図書がねぇ。検索すると結構持ってるの。
閉架じゃ見て選べないし、面倒で。

〉◆◆◆◆◆◆◆◆

P.S. 

タドキスト大会お疲れ様です。

実はアトムさん選択の赤毛のアンは 私の青春(爆)の書でーす。
高校生の頃は無人島に一冊だったら絶対「アンの青春」持って行くと思ってた。
8巻ボックスセットも持ってます!
でもね、何度も投げてるの。(まだダイアナと出会ってないんだよ)
Anneがプリンス・エドワード島で見た美しい風景の描写が分かんないの!
当然ストーリーは追えるんだけど、それが嫌で。

いっそアンの青春から読んだ方がいいのかな?と思案中。
かのんさんに初期のAnneちゃんは難しい言葉で話すよね。って教えてもらって
「なるほどーーー」と思った次第です。
あの大げさな言葉の感じも分からない〜〜〜(涙)

ちなみにこの歳(ひ・み・つ)になってから
「アンの娘リラ」が一番好きになりました♪
でも他も全部好き♪短編もいいしな〜

〉ではでは!

ではでは!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14950. カイさん、ありがとうございます(Re: 絵本報告 その28)

お名前: アトム http://www1.tmtv.ne.jp/~soh/
投稿日: 2004/12/13(20:16)

------------------------------

カイさん、こんばんは!

〉いつも楽しみにしています。

ありがとうございます。励みになります!

〉(注:絵本なら動物でも人間でも良いらしい)

爆!

〉〉■Ginger Charlotte Voake レベル1 総語数380語 ★★★★
〉〉(邦題:ねこのジンジャー)
〉これ大好きだったやつだ。
〉味のある絵のやつでしょ。
〉こういう絵すごく好きだったような(記憶の片隅から掘り起こしてます)

そうそう、線が細い感じなんだけどのんびりしているんです。

〉〉■Mrs McTats and Her Houseful of Cats  Joan Rankin レベル1 総語数590語 ★★★
〉うむー 私が読んだやつのような気がする。
〉お庭とかで呼ぶといっぱーい出てくるのよね。
〉お部屋も猫だらけで。
〉名前がすごくチャーミングだった。きっと同じ本だ。

お庭で呼ぶと、じゃなくて、
家に一匹もいないから庭に出てみるとみんないた、だったような気がします・・・。(自信がないけれど)
名前がね、アルファベット順でね、それでね、オチが面白かった。

〉〉次はねこのオーランドーシリーズです。

〉これ!!!絵がもろに私好みの絵本!
〉そして私が投げてる本だ!(100万語ぐらいだったかなぁ)
〉今、なげ投げたか分かった!レベル4だったんだ。
〉簡単そうに見えるのにぃ。
〉やっぱり絵本はあなどれん。
〉今なら読めるはずだから、借りてみようっと。
〉思い出させてくれてありがとー

もう、すっごく読み応えがありました。
絵もね見ないといけないし、時間かかったなー。(返却日が近いと焦るのよね)

〉〉ということで、今回はきたむらさんの特集もするのです。
〉〉『ぞうのエルマー』シリーズを翻訳されたのがこの方なのですね。
〉〉東京生まれ、イギリス在住。

〉ほほぉ。
〉エルマー君の翻訳ですか?
〉エルマー君はとうとう図書館にあるのは全部借りたんですよ
〉(他にもあるのかなぁ?5,6冊かりだんだけど)

なんかね、10冊くらいあるようですよ。

〉〉□Satoshi Kitamura絵

〉〉■Angry Arthur レベル1 総語数200語 ★★★
〉〉(邦題:ぼくはおこった)
〉これ!すっごい怒り方するよね!!!
〉この絵、思い出した!
〉この絵本を見ると「とがった絵を描く人」というイメージになるの分かる。
〉私は、割と好きな絵だったような(記憶が...)
〉お話はちょっと苦手...

そうそう、怒ってばっかりのお話だから、絵本なのに心が休まらない(笑)。

〉〉■In the Attic レベル1 総語数140語 ★★★
〉〉(邦題:やねうら)
〉日本の屋根裏とイメージが違うよねーーー
〉暖かくて優しいイメージで描かれますよね。
〉屋根裏ものはだいたい好きだから、あれば借りちゃう。

前にどこかで押入れとか屋根裏の話をしたような・・・、どこだったっけ・・?

〉A,B図書館制覇 おめでとーーー

ありがとー!パンパカパーンです、個人的に。

〉閉架図書も読んだ?
〉私は近所の図書館の開架はほぼ制覇。
〉閉架図書がねぇ。検索すると結構持ってるの。
〉閉架じゃ見て選べないし、面倒で。

カイさんも、おめでとー!同じ位の時期なのかなー。
読み始めたのはきっと私のほうが早いのに、カイさん、早い!!
よほど読みましたね(笑)

多分ね、確認していないけれど、AとBの図書館には閉架はないんじゃないかなー。
中央の図書館にはあるので、来春からみなさんお薦めの絵本を取り寄せて読む予定です。
しばらく絵本はお休み。    (キャパ超えて相当読んだらしい)

〉タドキスト大会お疲れ様です。

〉実はアトムさん選択の赤毛のアンは 私の青春(爆)の書でーす。
〉高校生の頃は無人島に一冊だったら絶対「アンの青春」持って行くと思ってた。

おおおーっ。私は何もって行こうかな。 (アンじゃないのかいっ)

〉8巻ボックスセットも持ってます!
〉でもね、何度も投げてるの。(まだダイアナと出会ってないんだよ)

はっはっはー。でもダイアナに会うまえにも事件はあるからねー。
私は一度挑戦しただけで、再挑戦はまだしていません。

〉Anneがプリンス・エドワード島で見た美しい風景の描写が分かんないの!
〉当然ストーリーは追えるんだけど、それが嫌で。

私、アンに限らず、風景描写は日本語でもわからないです。
日本語でもさっさと読み飛ばしているようです。
赤毛のアンでも、リンドのおばさんが目を光らせているあたりからしかわからないんです。
美しい風景なんだー、ってことしかわからなくて。
だから、英語でもわからないはずなので、もう、飛ばしちゃう予定!

〉いっそアンの青春から読んだ方がいいのかな?と思案中。
〉かのんさんに初期のAnneちゃんは難しい言葉で話すよね。って教えてもらって
〉「なるほどーーー」と思った次第です。
〉あの大げさな言葉の感じも分からない〜〜〜(涙)

あー、そうだよねー。私読んでいないけれど、
大げさな言葉を使うって注意されているものね。
きっとすごく長い単語とか使っているんだよ。

〉ちなみにこの歳(ひ・み・つ)になってから
〉「アンの娘リラ」が一番好きになりました♪
〉でも他も全部好き♪短編もいいしな〜

短編は、アンがでてこないのではじめに読んだときはつまらなかったけれど、
結構いいですよね。

〉〉ではでは!

〉ではでは!

ではでは!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14936. Re: 絵本報告 その28

お名前: ひまぞ http://www.geocities.jp/hima_chi/
投稿日: 2004/12/12(23:18)

------------------------------

アトムさん、こんばんは〜。

HPからここに飛んできたついでに、のぞいた別のとこに
ちこっとレスするつもりが、長くなって疲れたので
アトムさんのは、さらっと流してしまいます。ごめんねー。

Satoshi Kitamura の本、みちるさんとの話にでてきて
1年位前、いろいろ注文してみたのですが
なんかどれも絶版らしい・・・。残念。
図書館にはあるのかー。ここは、お取り寄せだよなぁ。

洋書の中に出てくる動物って、イヌやネコより
なんか、カエルとかブタが多いような気が。
あと、モグラとか、ハリネズミとかもいますよね。
ひまぞ@キリン派なので、番外編でキリン特集もお願いします〜。

夕べ夜遊びをしたら、就寝時間は同じなのに、
今日はなんだか疲れが・・・。
あー、もう10代には戻れない。(悲)
今回も、全然レスになっていなくって、ごめんね〜〜。
ではでは〜。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14951. ひまぞさん、ありがとうございます(Re: 絵本報告 その28)

お名前: アトム http://www1.tmtv.ne.jp/~soh/
投稿日: 2004/12/13(20:23)

------------------------------

ひまぞさん、こんばんは。

〉Satoshi Kitamura の本、みちるさんとの話にでてきて
〉1年位前、いろいろ注文してみたのですが
〉なんかどれも絶版らしい・・・。残念。
〉図書館にはあるのかー。ここは、お取り寄せだよなぁ。

あー、そうなんですか。絶版なんだ。取り寄せられるといいですね。

〉洋書の中に出てくる動物って、イヌやネコより
〉なんか、カエルとかブタが多いような気が。
〉あと、モグラとか、ハリネズミとかもいますよね。
〉ひまぞ@キリン派なので、番外編でキリン特集もお願いします〜。

たしかにブタは多い。あとアナクマ。
キリンはあまりみないなー。

〉夕べ夜遊びをしたら、就寝時間は同じなのに、
〉今日はなんだか疲れが・・・。
〉あー、もう10代には戻れない。(悲)

そうよ。無理しちゃダメ。たくさん寝なきゃ。
私、夜はほとんど出歩かない品行方正な生活をしているので、
たまのオフ会でくたびれ果てます。

〉ではでは〜。

ではでは。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[爆笑] 14937. Re: 絵本報告 その28

お名前: 酒井@快読100万語!
投稿日: 2004/12/12(23:37)

------------------------------

アトムさん、第28回報告、ありがとー!!!!!!

とにかく、アトムさんの語り口が魅力的なんだよね、本人は気がついて
いないだろうけど・・・

とーってもうれしいです。
(27回には返信できなかった・・・ もー、いくらなんでも
おそい・・・)

途中、飛ばしますが・・・

〉◆◆近況報告◆◆
〉近所の図書館AとBの絵本はほぼ読み終わりました。
〉まさかこんなにたくさん読むことになるなんて思っていませんでした(笑)。
〉見通しが甘いね(爆)。

見通しが甘い! 本人、やっぱりわかってなかった・・・!
でも、そこがおもしろい!! いいぞぉー、アトムさーん!!!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14952. 酒井先生、ありがとうございます(Re: 絵本報告 その28)

お名前: アトム http://www1.tmtv.ne.jp/~soh/
投稿日: 2004/12/13(20:32)

------------------------------

酒井先生、こんばんは。

〉アトムさん、第28回報告、ありがとー!!!!!!

いえ、こちらこそ、お返事いただいてありがとうございます。

〉とにかく、アトムさんの語り口が魅力的なんだよね、本人は気がついて
〉いないだろうけど・・・

先生はいつも『語り口』を褒めてくださる。  (で、中身は?:爆) ←返答不要です。

〉とーってもうれしいです。
〉(27回には返信できなかった・・・ もー、いくらなんでも
〉おそい・・・)

全然気にしていません。クリスマス特集だったのにねー、  なーんて(爆)。
先生はお忙しいですから、
私の適当な絵本報告を気にかけてくださっている、ということだけで嬉しいです。

 
〉〉見通しが甘いね(爆)。

〉見通しが甘い! 本人、やっぱりわかってなかった・・・!
〉でも、そこがおもしろい!! いいぞぉー、アトムさーん!!!

褒められたのかな・・・・・・・?


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14959. Re: 絵本報告 その28

お名前: Kicco
投稿日: 2004/12/14(02:22)

------------------------------

アトムさん
こんばんは。
つい油断していると 何時の間にか掲示板は どんどん進んでいるのですね。
アトムさんの絵本報告を見逃すところでした。発見して良かった!
28回絵本報告なんてすごいですね。

今回は ネコ特集 楽しいです。
それにしても 読んだ事がない本がいっぱい ネコ本って沢山あるんですねえ。

Mrs McTats and Her Houseful of Cats  
は 去年New YorkのShare Book Clubのマキさんから送られてきて読みました。私もこの絵本のネコたち 大好きです。ほのぼの癒し系ですね。そして どんどん受け入れちゃう Mrs McTatsがいいですよね。

〉■Cat Traps Molly Coxe (SIR Early) レベル0 総語数100語 ★★★
〉(邦題:)
〉これは多読をしている人には有名な絵本です(か?)。
〉とても簡単でリズミカルで愉快な絵本です。
〉(あれ?この本、語数が100語もありましたっけ?)

〉■Clever Cat Peter Collington レベル2 総語数730語 ★★★
〉(邦題:おりこうねこ)
〉自分で食い扶持を稼ぐ賢い猫なんです。しかしその猫が最後にした選択は?
〉ブタもおだてりゃ木に登るに近いものがあって、考えさせられるお話です。

これは Peter Collingtonの絵 どんな感じなんだろう。とても興味しんしん。
持っている2冊とも文字なし絵本でした。

〉次はねこのオーランドーシリーズです。
〉4冊読みましたが発行順はよくわかりません。他にも何冊かあるようですね。
〉細かいところまでよく描かれていて楽しいです。
〉英語も少しむずかしめで、語数も多いので読み応えがあります。
〉ただ、大判なので置き場所に困ると思います。(小さいのもあるのかな?)

〉□Kathleen Hale 作/絵 レベル4

〉■Orland (The marmalade Cat) His Silver Wedding 総語数3,200語 ★★★★
〉(邦題:)
〉オーランドーが結婚するまでのお話です。
〉人の(猫の)弱いところにつけいる、たちの悪い猫まで書かれていて、なかなか人間臭い猫たちのお話。

〉■Orland (The marmalade Cat) Buyas a Farm 総語数2,400語 ★★★★
〉(邦題:ねこのオーランドー 農場をかう)
〉オーランドー一家は農場を買います。猫が自分より大きい子羊にミルクを与えている絵があるのですが、
〉そこまでして農場を経営するのか?ちょっと無理ない?

〉■Orlando(The Marmalade Cat) Keeps a Dog 総語数3,800語 ★★★★
〉(邦題:)
〉オーランドーの子供たちがペットをほしがるので募集します。
〉(ペットになってもいいという動物を募集するんですよ!)
〉いろんな動物が押し寄せてきましたが、その中に黒のプードルがいました。
〉そのプードルは、自分が猫のペットになるために来たのに、自分は自分のペットの猫を連れてきているという、

〉どういう世界観なのかが謎です。

〉■Orland(the marmalade cat) a Seaside Holiday 総語数4,200語 ★★★★★
〉(邦題:ねこのオーランドー 海へいく)
〉オーランドーの一家は夏休みに海に行きます。最後は凄くいいお話になっています。

オーランドーって 何冊もシリーズになってるんですね。
はまりそうなシリーズ?みたい。

〉■Me and My Cat?  Satoshi Kitamura レベル1 総語数700語 ★★★★★ 
〉(邦題:ぼくネコになる)
〉Nicholasが夜、部屋で寝ていると、魔法使いがやってきて呪文を唱えて出て行った。
〉翌朝、何か様子が変・・・・?
〉お話も面白いし、きたむらさんのとがった絵も見慣れると好きになります。

〉ということで、今回はきたむらさんの特集もするのです。
〉『ぞうのエルマー』シリーズを翻訳されたのがこの方なのですね。
〉東京生まれ、イギリス在住。

〉□Satoshi Kitamura絵

きたむら さとし特集 ありがとうございます。
エルマーのシリーズを翻訳された方なんですね。

Me and My Catは Book Pal
http://www.bookpals.net/storyline/
で Elijah Woodが読み聞かせをしているのを 最近見たばかりでした。
このサイトなかなかいいです。

〉■Angry Arthur レベル1 総語数200語 ★★★
〉(邦題:ぼくはおこった)
〉Hiawyn Oram著。この方の絵本ではじめて読んだのがこれです。
〉この方の絵が、この怒り狂う男の子の感じとマッチしていて
〉それで「とがった絵を描く人」というイメージがついてしまいました。

〉■In the Attic レベル1 総語数140語 ★★★
〉(邦題:やねうら)
〉Hiawyn Oram作。天井裏部屋で繰り広げられる世界です。子供の想像は果てがない(笑)。

〉この本だけではないのですが、『屋根裏部屋』を題材にした絵本ってわりとあるんですよね。
〉薄暗くごちゃごちゃした感じが物語りにうってつけなのでしょうか。
〉実家では屋根裏らしいスペースに邪魔なものを置いていたけれど、部屋ではなかったなー。

〉■Fly with the Birds - An Oxford Word and Rhyme Book レベル1 総語数500語 ★★★
〉(邦題:)
〉Richard Edwards作。ごくごく易しい身の回りの単語を学ぶ本です。
〉ちょっといたしかけがあります。

〉■Sheep in Wolve's Clothing レベル3 総語数1,000語 ★★★
〉(邦題:ひつじのコートはどこいった)
〉この人の描く絵は人間より動物の方が好きです。
〉海水浴に行った羊がだまされて狼に毛皮を取られてしまいます。
〉猫の子供達の手も借りて、さあ、取り返せるでしょうか。

〉今回紹介の本は以上です。
〉読んでくださってありがとうございます。

いっぱい紹介してくださってありがとうございます。

〉◆◆近況報告◆◆
〉近所の図書館AとBの絵本はほぼ読み終わりました。
〉まさかこんなにたくさん読むことになるなんて思っていませんでした(笑)。
〉見通しが甘いね(爆)。

なんと!

〉そうそう、猫好きの皆さん、絵本ではなく一般書なのですが、
〉Dee Readyという人が書いた“A CAT'S LIFE -Dulcy's Story”は必読ですよ。

必読と言われると やっぱり メモメモ。

私は 今 Dr. Herriotを日本語も含めて再読中です。
こちらも Cat Storiesがありました。

次回の犬特集 楽しみにしています。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14967. Kiccoさん、ありがとうございます(Re: 絵本報告 その28)

お名前: アトム http://hw001.gate01.com/atomy/atomy/
投稿日: 2004/12/15(18:34)

------------------------------

Kiccoさん、こんばんは!

〉つい油断していると 何時の間にか掲示板は どんどん進んでいるのですね。
〉アトムさんの絵本報告を見逃すところでした。発見して良かった!

発見していただけてよかった!
掲示板の改称、整理が完了したら、
絵本報告もここではなくて違う板に投稿するのがいいのかもしれません。
※どこがいいのかはまだなにも考えていませんが。

〉今回は ネコ特集 楽しいです。
〉それにしても 読んだ事がない本がいっぱい ネコ本って沢山あるんですねえ。

身近な動物は絵本に登場するのも多くなりますね。

〉Mrs McTats and Her Houseful of Cats  
〉は 去年New YorkのShare Book Clubのマキさんから送られてきて読みました。私もこの絵本のネコたち 大好きです。ほのぼの癒し系ですね。そして どんどん受け入れちゃう Mrs McTatsがいいですよね。

ネコがみんな面白くて素敵ですよね。

〉〉■Clever Cat Peter Collington レベル2 総語数730語 ★★★
〉〉(邦題:おりこうねこ)
〉これは Peter Collingtonの絵 どんな感じなんだろう。とても興味しんしん。
〉持っている2冊とも文字なし絵本でした。

大人っぽい感じかしら。かわいい感じではなかったような。

〉〉次はねこのオーランドーシリーズです。

〉オーランドーって 何冊もシリーズになってるんですね。
〉はまりそうなシリーズ?みたい。

さーっとは読み飛ばせませんでした。どっしりと構えて読んでしまいました。
色鉛筆でかかれたような絵で、細かくて描かれていて面白いですよ。

〉〉□Satoshi Kitamura絵

〉きたむら さとし特集 ありがとうございます。
〉エルマーのシリーズを翻訳された方なんですね。

私もこの報告を書くまで知りませんでした。

〉Me and My Catは Book Pal
〉http://www.bookpals.net/storyline/
〉で Elijah Woodが読み聞かせをしているのを 最近見たばかりでした。
〉このサイトなかなかいいです。

見ました!いいですね。ありがとうございます。
絵本の読み聞かせですね、ほんとうに。

〉〉そうそう、猫好きの皆さん、絵本ではなく一般書なのですが、
〉〉Dee Readyという人が書いた“A CAT'S LIFE -Dulcy's Story”は必読ですよ。

〉必読と言われると やっぱり メモメモ。

SSSのレビューもご覧ください!

〉私は 今 Dr. Herriotを日本語も含めて再読中です。
〉こちらも Cat Storiesがありました。

むむむ、Dr. Herriotとは、James Herriotさんのことかしら?
なんか私も1冊持っているようだなんですけれど、どんな話なんだろう・・・(爆)

ではでは!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14960. Re: 絵本報告 その28

お名前: SUNSUN
投稿日: 2004/12/14(11:59)

------------------------------

SUNSUNです。

読んだ事のない本がいっぱいです。ひとつひとつお返事できないのですが,感謝の言葉を!ありがとうございます。
絵本がいっぱいある図書館が近くにあっていいですね。
私は多読を始める前は絵本を子どもの物と思っていましたが、ブッククラブで「しめしめ、これは教室の生徒にも使える本がいっぱいだぞ」と、いう邪念で読み始めて、自分が楽しめる物がいっぱいなのに改めて気づかされました。自分の子どもに読んでいた絵本の英語版を見つけて、改めて読んでうれしくなったり、あの頃,子どもに読みながら実は自分自身が一番楽しんでいた事を思い出しました。
 まだまだ絵本初心者の私ですが、勇気を奮って,今回イベントの広場に絵本の会のお知らせを出しました。見てくださいね。

それでは。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14968. SUNSUNさん、ありがとうございます(Re: 絵本報告 その28)

お名前: アトム http://hw001.gate01.com/atomy/atomy/
投稿日: 2004/12/15(18:53)

------------------------------

SUNSUNさん、こんばんは!

〉読んだ事のない本がいっぱいです。ひとつひとつお返事できないのですが,感謝の言葉を!ありがとうございます。

いえ、こちらこそ読んでいただいてありがとうございました。

〉絵本がいっぱいある図書館が近くにあっていいですね。

絵本報告ができるのも、図書館と、それと絵本を貸してくださった皆様のおかげです。

そうそう、海外の絵本事情は進んでいて、大人の鑑賞に堪えられるものが多いそうです。

〉 まだまだ絵本初心者の私ですが、勇気を奮って,今回イベントの広場に絵本の会のお知らせを出しました。見てくださいね。

池袋絵本の会ですね!
立ち上げ、おめでとうございます!
みなさんの参加表明を見ると盛り上がりそうですね!
私はちょっと参加できませんが、楽しい会になりますように!


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.