Re: 小5 読みすぎ息子、語数報告。

[掲示板: 親子で多読を楽しむ -- 最新メッセージID: 4028 // 時刻: 2022/5/18(21:49)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3991. Re: 小5 読みすぎ息子、語数報告。

お名前: 古川@SSS
投稿日: 2012/1/13(12:35)

------------------------------

"タエ"さん こんにちは

〉昨日、息子が3000万語達成しました(^◇^;)
〉もうなんだか恥ずかしいくらいなんですけど。。。

それは、すごい! 高校生でも3000万語いく
子はいないですから。

〉→clifford phonics fun から始まって、
〉→安いセット絵本を読みまくって、
〉→安いペラペラ絵本を読みまくって、
〉→マジックツリーハウスや、レインボーマジックなどの簡単なペーパーバックをよむようになり、
〉→だんだんと1冊辺りの語数が増え、
〉→1万語を超えた辺りから、選べる本が格段に増えていき
〉→jeremy strongやRoald Dahl など作者で本を選べるようになり
〉→2万語を楽に越えだしたら、ドン!と5万語超でも読めるようになりました。
〉→今は、、、、

〉Ender Wiggin Sagaシリーズ と Chronicles of Ancient Darknessシリーズ を同時進行で読んでます(^^;)
〉一番好きな本は、The Heroes of Olympusシリーズ(パーシージャクソンの続き??)かな。

ようするに、英米人の子供たちと同じように、普通に、
英語の本が読めるようになったということですね。

それでも、英米人の児童でも、3000万語読む子は少ないですから
読書好きですね!

〉多読を始めたころは、こんなことになるとは思ってもなかったです。
〉多読に出会えてラッキーでした。
〉ではでは(^^)

本当にラッキーですね。40年前にこのメソッドがしられていたら、
少年時代の僕も読めたかもしれないのに!

です。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3992. Re: 小5 読みすぎ息子、語数報告。

お名前: タエ http://www7a.biglobe.ne.jp/~english3/index.html
投稿日: 2012/1/15(09:18)

------------------------------

こんにちは!
レス、ありがとうございます(^^)

〉それは、すごい! 高校生でも3000万語いく
〉子はいないですから。

息子は3才から多読を始めているので、ズルしてるようなもんですからー!

〉ようするに、英米人の子供たちと同じように、普通に、
〉英語の本が読めるようになったということですね。

そうですね。
聞くことと喋ることを同時に育てたのが良かったんじゃないかと思ってます。
「幼児から始めたからこそ」でしょうか。

〉本当にラッキーですね。40年前にこのメソッドがしられていたら、
〉少年時代の僕も読めたかもしれないのに!

私の周りでは、洋書を読める子供がどんどん増えてきています。
これからが楽しみです(^^)


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

4009. Re: 小5 読みすぎ息子、語数報告。

お名前: faure1845
投稿日: 2013/2/24(20:45)

------------------------------

 初めまして、faure1845です。

 3000万語とはすごいですね!!

 僕なんて226万語で人に伝える仕事しようとしていますから(笑)。

 ちなみに、何冊くらい読んだのですか?

 この質問が愚問になる位たくさんなのでしょうか・・・

 正直息子さんに弟子入りしたいくらいです。

 また、周りで多読仲間が増えていっているというのも素晴らしいです!

 僕もそのようなスタンスで仕事したいです。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.