100万語通過おめでとうございます!!

[掲示板: 100万語通過報告 -- 最新メッセージID: 8026 // 時刻: 2021/1/18(22:57)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

7838. 100万語通過おめでとうございます!!

お名前: オレンジ
投稿日: 2013/12/29(11:43)

------------------------------

〉はじめての参加となります。
〉この2か月ほどで集中的に読んで、100万語を超えました。
はじめまして。オレンジです。100万語通過おめでとうございます!!

〉以前もぼちぼち小説など読んでいたのですが、英語の勉強と思い、集中してみました。

〉ご覧のように、読みやすい本(Gradedではありませんが)を選び、また、同じ作家に集中する、という省エネ読法で、速度を重視しました。

僕もシドニーシェルダンを全部読んだときは、同じ作家っだったので、読みやすかったのを覚えています。

〉中でも、John Grishamは、多少の法律用語に慣れれば、読みやすく、血沸き肉躍る感じで、お勧めです。

ジョングリシャムは読もうと思って読めてないです。今度読んでみようかな。

〉2013.10.20-10.26
〉Fifty Shades of Grey, E.L.James, 12万7千語
〉2013.10.27-11.3
〉Fifty Shades Darker, E.L.James, 16万語
〉2013.11.4-11.13
〉Fifth Shades Freed, E.L.James, 17万5千語
〉2013.11.21-11.27
〉The Racketeer, John Grisham, 10万4千語
〉2013.11.30-12.6
〉The Testament, John Grisham, 12万8千語
〉2013.12.8-12.14
〉The Firm, John Grisham, 13万4千語
〉2013.12.16-12.21
〉Private London, James Patterson (& Mark Piason) 7万4千語
〉2013.12.22-12.27
〉The Pelican Brief, John Grisham, 11万1千語

いきなりペーパーバックとはすごい。しかも2ヶ月。僕の場合は100万語まではGradedでした。

〉合計、101万3千語

法律とは関係ないですが、シドニーシェルダンも読みやすいし、面白いですよ
。最初は Master of the game あたりから読むといいと思います。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

7839. Re: 100万語通過おめでとうございます!!

お名前: wkempff
投稿日: 2013/12/29(12:03)

------------------------------

オレンジ様、返信をありがとうございます。

ありがとうございました。

シドニー シェルダンハ、1990年くらいに、私のまわりでも大流行になり、留学帰りの英語自慢の人がこぞって読んでいました。

私の記憶では、その後、
顔(The Naked Face 1970年)
真夜中は別の顔(The Other Side of Midnight 1973年)

の二冊を読んだはずなのですが、内容はよく覚えておりません。
ただ、グリシャムを読んでみて、加速感が似ているような感じを受けました。

どの程度正確に理解でいているか不安で、日本語訳を買いましたが、逆に、日本語訳のひどさに驚いたことは覚えています(超訳、という触れ込みで、書店に平積みされていました。)

たぶん、クリスティより、私にはテイストがあっていると思うので、また取り組んでみたいです。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.