数字の読み方について

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/10/16(18:56)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

59. 数字の読み方について

お名前: SSS事務局 古川昭夫 http://www.seg.co.jp/fakio/
投稿日: 2002/12/8(15:48)

------------------------------

PBを読んでいて,数字(例 450)が出てくると,つい「よんひゃくごじゅう」と読んでしまいます。
どうも,数字を英語読みにするのは苦手で・・・
このまま,進めてしまっていいんでしょうか。

----------------------------------------------------------
SSSの古川です。

〉PBを読んでいて,数字(例 450)が出てくると,つい「よんひゃくごじゅう」と読んでしまいます。
〉どうも,数字を英語読みにするのは苦手で・・・
〉このまま,進めてしまっていいんでしょうか。

読むときは、全くそれでかまわないと思います。
とくに大きい数字はその方が速いし。

私は、
レベルをあげていった段階で、Listeningも始める段階で
(レベル2を読めるようになったら、レベル0のテープを
 音声だけで聴いてみる あるいは 音声を聞きながら読む
 レベル3を読めるようになったら、レベル1のテープを
 音声だけで聴いてみる あるいは 音声を聞きながら読む
というように、レベルを落としてlistening をすると負担
なく、聴きながら理解できます)
英数字にも慣れていけば良いのではないでしょうか?

英語で大きな取引をする必要性がある方は別ですが、
そうでなければ大きな英語の数字が発音できなくても、
全く問題ないですから。

SSSの原則の一つは、

 本当に必要なこと以外は、とりあえず後に回す

ことです。必要なことは必要になってから練習する方が
効率的です。

最初のうちは、自分なりに快適なスピードで読むことを
最優先するのが良いと思います。
将来、”数字を英語読みしたい”と思ったときに
数字を英語読みすればよいのです。
(古川)
----------------------------------------------------
 
私も数字は日本語です。(音読しちゃってるときだけですが)
悩みに悩んじゃって本を読み進めなくなっちゃうよりは、
スムースに英語の本を楽しむ方に重点をおいてますので
こうしています。

でも、先週いつも利用している図書館である本を見つけてしまい
まして…^^;

 数と英語
 尾崎 哲夫 (著)
価格:¥1,100
出版社: 日経BP社
ISBN: 4822243001

英語の数字の読み方が詳しく書いてあります。まだほんの少し
しか読んでいないのですが、最初の方に「大きい数値の読み方」が
載っていて「とても腑に落ちた」のがすごく嬉しかったです。

他にも「単位」(重さ、長さ等)、「時」(時制っていうのですね。
私は全然わかりませんが)、そして「お金」(ゼロが1つ違うだけ
でも大変です〜)とかなり細かく説明されています。

ただ「ウルトラ!英単語カタカナ表記」が載っていまして、
単語の発音記号が載っているのはいいとして、発音をカタカナで
書いてあるのは…ちょっと…と思っています。^^;

普通に日本語の読み物としても楽しいので、時間があれば
本屋さんで探してみてください。今年の9月に出た新しめの本です
のでもしかしたらすぐに見つかるかも…。

私としては「数値を日本語で読んでも問題があるわけじゃないし」って
気持ちが強いし、もっとたくさん読んでいくうちに気持ちが変わって
きて「いや、やっぱり数値も英語で読みたくなった〜」と思うように
なるまでは日本語でいくつもりです。(笑)

(大門)
---------------------------------------------------------------
由良さん、大門さん、今晩は。 学参係りのまりあです。

〉〉PBを読んでいて,数字(例 450)が出てくると,つい「よんひゃくごじゅう」と読んでしまいます。
〉〉どうも,数字を英語読みにするのは苦手で・・・
〉〉このまま,進めてしまっていいんでしょうか。

   外国語で会話が出来る様になっても、数字となるとつい
母国語で読んでしまう、というのは、どこの国の人がどこの言葉を
学ぶ際にもとてもありがちなことで、反射的に他言語で数字を
読める、というのがある意味その言葉をマスターし終えたという
指標である、というレポートがあるそうです。
  ですから、数字を読めるようになることは最終段階に後回し、
が能率的だと思います。仕事で必要だったりする場合を除いて。  

〉でも、先週いつも利用している図書館である本を見つけてしまい
〉まして…^^;

〉 数と英語
〉 尾崎 哲夫 (著)
〉 価格:¥1,100
〉 出版社: 日経BP社
〉 ISBN: 4822243001

〉ただ「ウルトラ!英単語カタカナ表記」が載っていまして、
〉単語の発音記号が載っているのはいいとして、発音をカタカナで
〉書いてあるのは…ちょっと…と思っています。^^;

   私も数字を読む本は3冊位持っています。どれを読んでも
『これで数字が読めるようになりました』という訳にいかない
証拠でもあります。カタカナ表記が目障りな方には、
   数の英語
   ポール・スノードン著
Japan Times社 1,262円
   ISBN:789008002
はどうでしょう?
確かCD付きでリスニング練習出来る別の本も持っているはずなのですが、
息子の部屋に埋もれているようで、今探せません(T_T;)

〉私としては「数値を日本語で読んでも問題があるわけじゃないし」って
〉気持ちが強いし、もっとたくさん読んでいくうちに気持ちが変わって
〉きて「いや、やっぱり数値も英語で読みたくなった〜」と思うように
〉なるまでは日本語でいくつもりです。(笑)

   それが一番! 
(まりあ)

------------------------------


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.