Re: 辞書はひくな

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/12/7(00:26)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

57. Re: 辞書はひくな

お名前: K子
投稿日: 2002/12/5(01:36)

------------------------------

酒井先生、こんばんわぁ〜(^^)

〉でもね、K子さん、あなたは幸運なのだ!
〉辞書引きつつ辞書に頭を乗っ取られないんだから・・・

〉辞書命になってしまうのがふつうなのですよ。
〉K子さんは、心のどこかに「自分バネ」があって、
〉辞書だろうと、文法だろうと跳ね返して自分流を
〉守れるんですよ。

あ、そうか。でももしかしたらそうかもしれない。
それから考えてみれば不思議なもので、辞書は使うけど
文法はないがしろだ(^^;)。でもそれこそあれは使えば
こなれてくるということが理解できたので、ほったらかし。
単語・・・きっとメール書いたり話したりする時に
相手に誤解や不快を与えてはいけないとか思うものだから
余計に神経質になっているのだと思う・・・。
(ここは用語部屋だよね? これではまるで自照部屋だ(^^;))

〉でも、SSSはそういう強い人ばかりがあつまっているのでは
〉ないわけで、そういうひとのためには辞書の害から不肖酒井が
〉守って差し上げなければならない!というわけです。

それを私は「課題」と言ったのですね、オフの時。
ひとそれぞれに感覚や捉え方も違って、どんなに平たく言った
ところで別人格が100%の理解をするとは思えないし・・・。
難しいですね。でもとにかく、大切なことは、ここが最後の砦で
有り続けること。もちろん、とっかかりでここを知れるのが
ベストですけどね(^^)。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.