Re: 「レベル3より上への壁」を感じているような気がします。

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/10/29(04:49)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

509. Re: 「レベル3より上への壁」を感じているような気がします。

お名前: 杏樹
投稿日: 2011/1/16(23:40)

------------------------------

faure1845さん、こんにちは。

〉 過去の記事の中に「レベル3の壁」というのがありました。ついさっきそれを読んでから書いています。

ばっさりカットしましたが、faureさんはまだ35万語ぐらいのようですね。多読ではおおざっぱな目安として、「レベル3で100万語通過」になっています。やはりレベル2〜3前後の本をもっと読んだ方がいいと思います。

ではどうやってレベル2〜3の本をたくさん読むかといいますと、ICRよりもちょっとレベルが上の児童書を探します。レベル2〜3あたりの児童書はたくさんありますので、その中から面白そうなもの、興味を持てそうなものを探してみてください。

人気があるシリーズとしましては
Nate the Great
Marvin Redpost
The Zack Files

もう少し上がって
Magic Tree House
Fullhouse Michelle
Captain underpants
Boxcar Children

といったシリーズものがあります。シリーズものなら冊数が多いので、気に入るものが見つかったら語数が増えます。
単発ものでは
Roald Dahlの
「The Magic Finger」
「The Enrmous Crocodile」
「Esio Trot」
「The Giraffe and the Pelly and Me」

Jacqueline Wilson
「Lizzie Zipmouth」
「Cliffhanger」
「The Cat Mummy」
などがあります。

このあたりの児童書をたくさん読めば、普通の英語の本を読む力をつけるのに役に立ちます。児童書はGRと違って語彙制限はないし、難易度はあくまでも最大公約数的な目安です。ですからGRに慣れていると児童書は読みにくく思うかもしれません。でもたくさん読んでいればそのうちに慣れてきます。

そしてもしもっとレベルが高いけど読んでみたい、と思う本があったらのぞいていみてください。そしてよめそうならそのまま続ける、難しいな、しんどいな、と思うようなら本棚にお帰りいただいてまたの機会を待ちます。

「レベル3の壁」といって騒いでいたのは多分私ですが、それは100万語をレベル3で通過した後、200万語読んでも300万語読んでもレベル3から上がれない、4や5の本を読むと難しくて息切れしてしまう状態だったからです。そのころになりますとレベル3の本でもずいぶん読んでしまって本を探すのも限界。

でもfaure1845さんにはまだまだ読むべきレベル2〜3の本はたくさんあります。OBWばかり読んできてPGRも読み始めたということですが、CERもおもしろいですよ。
つまらない本を無理に読むのはよくありませんが、GR、児童書、全部ひっくるめて読んでは投げ、を繰り返しながら自分が興味を持てる本を探してみてください。

それではHappy Reading!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.