Re: 単語がわかっても内容がつかめません

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/5/12(18:21)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

480. Re: 単語がわかっても内容がつかめません

お名前: まりあ@SSS http://buhimaman.at.webry.info/
投稿日: 2009/6/7(21:37)

------------------------------

じぇいさん、こんにちは。 まりあ@SSSです。

〉単語がわかっても内容がつかめない原因と対策について、

   訳せないと分かった気がしない、ということはないで
   しょうか?

   なんとなく、「こうじゃないかな?」と見当はつくけど、
   確かめてみるまで落ち着かない、とか?

   もし、そうだとしたら、「今はおぼろげに分かっていればいい」
   と自分を納得させることが大切です。

   やさしい単語数語の固まりの意味が分からない、という場合
   難しい単語一語でも表現できることを、語彙レベルを下げる
   ために数語にしている、ことが多いです。

   アメリカ人と話していて、ちょっと聞き取れなくて、相手が
   言い直してくれたんだけど、その度にどんどん単語レベルを
   下げて慣用表現的な言い回しになり、ますます分からなくなった、
   なんて経験は良くあるものです。

   つまりやさしい単語数語で出来た1文が理解できないとき、
   その文はあんまり難しいことをいっていないと思っていい
   でしょう。   

〉ある方から
〉「考えられることは、(1)その単語が熟語、連語として他の語句と結びつくなかで、特別な意味を持つ場合があります。(2)ひとつの単語でも意味の幅があり、文脈により、使いわけをする必要があります。(3)単語が象徴的、暗示・比ゆ的に使われる場合があり、文化的背景の理解がないとわからない場合もあります。
〉 対策も明快な答はありませんが、対訳により、英語と日本語を対比し
〉ながら、場数をこなすということでしょうか。
〉」
〉との返答をいただきました。この助言は適切でしょうか。私の大きな楽しみの一つは邦訳の出ていない原書読んで、普通の人より一足早く内容を知ることなのですが。

   対訳を参照して勉強するという方法は、あまりお薦めしません。

 理由
  1.とても時間がかかるので、一般社会人はこの方法では
    わずかな英語にしか触れられない

  2.英語と日本語の発想の違いで、訳しようのない言い回しもある。
    対訳はそういう英語が多用される本を避けて作られています。
    幼児〜小学校低学年向けのNate the Great ですら、翻訳不能
    の理由で邦訳のない巻がいくつかあります。

    日本語を媒介にして英語を学んでいたのでは、邦訳されない本
    (訳しにくいから訳されないものも多い)を読むのはなかなか
    むずかしいのではないでしょうか?  

 じゃあどうするか?となると

  1.雰囲気を掴むことを大切にする。
    いつも登場人物の気持ちを想像しながら読む。
    怒っているのか、喜んでいるのか、すねているのか、焦って
    いるのか...要するに字面だけでなく、場の空気を読む。

  2.映画を見る、マンガを読むなど映像に頼る
    会話でよく使われる、それぞれの単語の意味の合成ではない
    慣用表現は、本よりも映画やドラマのセリフにたくさん出て
    きますし、映像があれば表情から推察しやすいし、字幕も
    あって、まあ字幕は文字数制限の都合で正確な訳とは限ら
    ないんですけど、対訳本と原作を読み合わせるよりは楽で
    量がこなせると思います。

    ただ、映画やドラマって登場人物が話す時間は全体の何割かで、
    眺めているだけの時間も多いから、勉強しようと構えて見て
    いるとストレスだという意見も聞きました。
    あくまでも、楽しみのために見て、何か覚えられたら
    儲けもの、のスタンスが大事なようです。

    その点、マンガの方がつぎつぎセリフが出てきていいのでは?
    決まり文句の応報でストーリーが進むことも多いし、小説より
    語彙レベルを下げていますから、慣用表現の出現率が一番高い
    英語だと思います。
      
Happy Reading!
               


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.