Re: 脳内???派

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/7/28(00:39)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

438. Re: 脳内???派

お名前: かのん http://kanon021230.cocolog-nifty.com/
投稿日: 2008/6/1(13:25)

------------------------------

脳内??を楽しんでいる(?)みなさま、こんにちは。かのんです。

ものごとのとらえかた、感じ方って人それぞれ。
わかってたつもりなのに、こんなにちがうの〜?という
発見があって楽しい話題ですね。
 
 
わたしは、英語多読に関していうと、どうやら脳内映像が強いほうでしたが、
最近少しづつ、音の要素も加わってほしいなぁ、と思っているところです。

日本語読書では、絵も音もほとんどない。
感覚でとらえているだけ。fionaさん、rfujiさんの感覚に近いのかも。

日本語読書では絵も音もないのに、
英語読書では絵が浮かぶのが面白いなぁと、ずっと感じていました。
 
 
脳内??の話とは少し違うかもしれないのですが、参考までに。

『優位感覚』ということばがあるそうです。
もともとは心理学の一分野で使われることばのようです。

ふだん、五感を通してものごとを知覚するのだが、
ひとによって異なった五感を使ってとらえている。
見ることで捉えるのが得意な人、音で捉える人、など。

わたしが読んだ本では、
(1)視覚優位、(2)聴覚優位、(3)身体感覚優位、(4)言語優位、
という分類でした。
ネットでは、たとえばこんなページがみつかりました。
[url:http://www.geocities.jp/angelic_coaching/yuui.html]
 
 
同じ情報を材料にしても、人によって捉え方がそれぞれ違う、ということを
わかりやすく単純化(モデル化)してみたものとして、
わたしはおもしろいなぁ、と思っています。

(ひとりの人の中でもいろいろまじってる、と捉えたほうがいいと
 わたしは思っていますけど)
 
 
脳内??派、というのも、これに似たような話なのかもしれませんね。

ではではー。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.