Re: たった5%の理解度で読んだといえるか

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/9/18(04:13)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

411. Re: たった5%の理解度で読んだといえるか

お名前: 古川@SSS
投稿日: 2008/4/25(14:18)

------------------------------

"じぇい"さんは[url:kb:409]で書きました:

〉理解度5%というのは、平均して1ぺージで1文か2文程度しか、すっきりと頭に入ってこないという意味です。ひょっとしたら30%くらいは理解しているのかもしれませんが、50%には絶対達していないと思います。でもキーになる人名などを頼りにして、わからないながらも結構楽しんでいます。あとは英語の基礎力が伴えばうれしいなということで、SSS推薦GR基本セットを購入して読んだり、YL1〜3の易しい児童書を読んでいます。GR基本セットは、読んでもなかなか頭に入りにくいものが多く困っています。ORTやLLLからやり直した方がよいのでしょうか。それとも、英語の力をつけなければという気持ちを取り去って楽しく読めればいいと割り切って考えればいいのでしょうか。古川先生のご意見をお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。

1) ORTやLLLから読む
2) 楽しく読めればいいと割り切って考える

正直にいわせてもらえば、どちらでもよいと思いますよ。
どちらにもメリットがあるし、一方が正しいというものではないので。

これから英語を始める中学生なら、文句なく 1)を勧めますが、
大人の場合はどちらもありだと思います。"じぇい"さんの
心の中の声に従ってください。(笑)

じぇいさんの過去の読書傾向と「英語の力も上げたい」ことを考えれば、

3) YL2-4 の児童書にはまる

のが英語力の増強と楽しさを両立させる一番よい方法ではないかと
思います。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.