パンダ読み

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2020/12/2(02:44)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2. パンダ読み

お名前: SSS英語学習法研究会 古川昭夫 http://www.seg.co.jp/fakio/
投稿日: 2002/9/17(00:02)

------------------------------

レベル1以上のなったら、
今読んでいるレベルより下のレベルのものも混ぜて読む読み方。

例えば レベル1をメインによんでいるとき
ときどき レベル0をまぜてよんだり
 
Level 1 -> 0 -> 1 -> 1-> 0 ->1

レベル2をメインによんでいるとき
ときどき レベル1 レベル0 の本も混ぜて読む読み方を
いいます。

この方法は、確実に読解力をアップし、また、下のレベルの
本を読むときの速度を確実にあげるのにとても良い方法だと
経験的にしられています。

パンダの白黒模様のように、白のレベルを読んでいるときにも
時々黒のレベルのものを読むのがよい ということから
SSSではパンダ読みと名付けています。

初出:
<URL:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb.cgi?b=sss&c=e&id=1585>

似ているものに
キリン読み:普段よんでいるものよりレベルの高いものを読む
しまうま読み:英語と日本語の訳本を交互に読む
があります。

また、最近 注目されている読み方として

Native の児童書 と Graded Readers を交互に読む

三毛猫読み(?:仮称です) があります。


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.