タドクは英語の為ならず

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/10/24(06:39)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[喜] 137. タドクは英語の為ならず

お名前: マリコ@SSS http://www.seg.co.jp/sss
投稿日: 2003/5/6(18:17)

------------------------------

道化師さん、こんにちは。マリコです。

〉まさか、私の駄文、駄洒落が用語集の広場に転移してるとも思わず、
〉本日までチェック漏れいたしておりました。
〉言いだしっぺの私としては、どちらでも良いので、
〉皆さんのお気に済むように料理して下さい。
〉広く知られる所ですが、最近のお若い方の中の使い方では、
〉「功徳は人の為ならず」は、
〉「功徳を人に施すと、その人は甘えてしまって、
〉自分で努力をする事を怠ってしまうようになるから、
〉その人の為にならない。だから、功徳を施してはいけない」
〉と言う、誠に現代的解釈が成立しているようですけれど、
〉まさかタドキスト
〉の皆さんに、そんな方はおられないでしょうから、

はい。わたしもオリジナルの方がいいと思います。
これで、元のことわざの正確な意味を知る若者?もでてくるのではないかと思います。

他の方の意見はどうでしょう。

〉(この言葉に、マルキ・ド・サド=タドク・ド・サカイと
〉連想を広げるのは僕だけでしょうか?

道化師さんも、なかなかの駄洒落師ですね。
わたしはタドックというと、メドック(ワイン)を連想してしまいます。
その心は、どちらも人を酔わせるでしょう。

Happy Dajaring!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.