かつてパンダ読みの歌があった

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/10/24(06:07)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

126. かつてパンダ読みの歌があった

お名前: ペギー双葉山 http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/3231/
投稿日: 2003/4/5(21:48)

------------------------------

もともと英語力があり、最初は難しいレベルのものばっかり読んでいたタドキストも、
やさしいものを読むようになるし、
 

最初はやさしいものばっかり読んでいたタドキストも、
知らない単語がたくさん入っているものも読んでみるようになる。

そういうタドキスト進化を予言した歌が過去にあったことを思い出しました。

1 最初のパンダは 白かった どろんこ遊びを やりすぎて
  そ〜れで黒いとこできたのさ 笹の葉山のパンダ君
  毎日ヤクルト 飲んでるかい?(グビッ)
 
 

2 最初のパンダは 黒かった あんまり雪を 食べ過ぎて
  そ〜れで白いとこできたのさ 笹の葉山のパンダ君
  元気にヤクルト 飲んでるかい? (グビッ)


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.