リベンジ 返り討ち

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/12/7(00:16)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[報告] 117. リベンジ 返り討ち

お名前: SSS 酒井邦秀
投稿日: 2003/3/22(11:56)

------------------------------

100万語通過報告の広場 #261 で、ちびたさんが
次のように書いています。リベンジも返り討ちもだれかすでに
使っていたかもしれませんが・・・

〉>キャロルさん

〉「Encyclopedia Brown」も「Charlie and the Chocolate Factory」も
〉リベンジするまえに、何度も返り討ちにあってるんですよ〜。(笑)
〉でもある日、すんなり入り込むことができました。
〉なので、キャロルさんにもそういうタイミングが訪れると思います。
〉お互い怪獣をかかえての多読ですけど、がんばらずにがんばりましょ〜。(^-^)

なお、キャロルさんとちびたさんがかかえている「怪獣」は
たとえです。本物ではありません、念のため。
(いや、正真正銘の本物か・・・?)

「キリン読み」を果敢にしているとどうしても読めない本に
ぶつかります。そういうときはまず本棚に戻して「熟成」を
待つわけですが、次には自分の中心レベルよりはるかに
やさしいものを口直しのために読みます。これは「パンダ読み」と
呼ばれてますね。

で、そのうちまた挑戦してみようかな?と思って手を出すのが
「リベンジ」、そしてまたまた読めない、本棚戻す、というのが
返り討ちです。

説明なんかいらなかったような気がしてきた・・・


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.