Re: 「一章読み」と「真ん中読み」

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 652 // 時刻: 2021/8/3(19:11)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[賛成] 105. Re: 「一章読み」と「真ん中読み」

お名前: SSS 酒井邦秀
投稿日: 2003/3/2(13:35)

------------------------------

〉PBのレベルを判断するのに、
〉「一章読み」:まず一章から読んで 読めそうならOK
〉「真ん中読み」:一章読みの結果難しそうなら 適当に真ん中辺りを読んで 
読めそうなら OK 

〉私の数少ない経験でも、一章って作者がとても力を入れていて
〉凝った言い回しがたくさん、後に続く伏線がいっぱいで 難しい本が
多かったです。
〉逆に、一章をやさしめにして物語りに引きずり込もうとする本もあります。

〉そこで、レベルの確認に最初だけでなく、真ん中もちょっと読むことを
お勧めします。これで、憧れの本が思ったよりも早い時期に読めたり、
導入部のやさしさに引かれて〉読み始めたものの次第に読むのが辛くなって
しまのをある程度防げると思うのです。

なるほど、大賛成!
ほかにも「読むべきか、読まざるべきか」の判断にうまいやり方があれば
みなさん、教えてください。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.