絵本作家・ Chris Van Allsburg に関するWebsiteを紹介

[掲示板: 〈過去ログ〉Website情報の広場 -- 最新メッセージID: 808 // 時刻: 2021/9/20(03:21)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 710. 絵本作家・ Chris Van Allsburg に関するWebsiteを紹介

お名前: 成雄
投稿日: 2005/6/12(20:06)

------------------------------

こんにちは、成雄です。
絵本作家の Chris Van Allsburg に関するWebsiteを紹介します。

公式サイト
[url:http://www.chrisvanallsburg.com/flash.html]
Van Allsburg (オールズバーグ) の世界へようこそ!

1日では全部楽しむことができないほど、たくさんの内容があります。
私自身、全部は読めていないです。少し紹介します。
メニューから
[ timeline ] または、[ books ]
全作品、見開きで3ページ(計6ページ)を見ることができます。文字は小さすぎて認識できません。
Van allsburg はこれまで3作品、絵だけを担当しています。

[ interractive ] → [ video crips ] で映像を楽しめます。チャンネルを選んでください。
・小さなTVに映る本人のインタビュー(2004年)を6件載せています。
 なお、このflashの画面で見るより、後述するサイトに行けば、10件読めます(聞けます)
以下は別画面で表示されます。
・Ben's Dream (モノクロ)の質感をそのままに、音響効果ありのアニメにした作品を見ることができます!(約2分)
・ロビン・ウィリアムスが主演した映画『Jumanji』の映像が楽しめます。
 画質がちょっと暗いって、映画だからか。(約90秒)

見事なサイトだと思います。
 
 
Authors & Books: Chris Van Allsburg
[url:http://teacher.scholastic.com/authorsandbooks/events/vanallsburg/index.htm]
アメリカの出版社、Scholastic社の Van Allsburg に関する紹介ページです。

画面右側にリンク集があります。
・ Slideshow of Chris Van Allsburg's Illustrations
  実際の絵本のページを見ることができます。全部で17画像。
※画像は拡大できませんが作品のイメージはよく認識できると思います。

・Chris Van Allsburg’s Biography
どのくらいの期間をかけて作品を仕上げるのか、どういう手順で作品にしていくのか、
Jumanji, The Polar Express を作った時のいきさつ等も簡潔に書いてあります。
約430語(wordが計算)で、レベル2〜3ぐらいでは。

・ Chris Van Allsburg's Booklist 11作品についてリストしています。紹介文は各50〜100語程度。

・ Chris Van Allsburg's Interview Transcript (2004.11.10) インタビューページ。
生徒と先生たちが、28の質問。その質問に率直に答える Van Allsburg のやり取り。
最初の答えはシャレでしょう (笑)
各作品構想から、子供の頃に描いていたもの、他の絵本作家について語ったり、盛りだくさん。
Why don't you put parents in most of your books? なんて質問もあります。
2,128語(wordが計算)で、レベル3ぐらいの文章でしょうか。
さらに、リンクが貼ってあり、もう1ページあります。The Stranger や Jumanji 、夢についての質問など。
公式サイトのFAQと併せて読んでも楽しめます。
 
 
Author Spotlight / Chris Van Allsburg
[url:http://www.eduplace.com/author/vanallsburg/]
簡単によくまとめられているページだと思います。
このサイトには、他にも5名の紹介があり、そのなかに、
横浜で生まれて、アメリカに行き、コルデコット賞を受賞した
Allen Say も、同じように著者紹介のページがあります。ご覧下さい。
 
 
Chris Van Allsburg Teacher Resource File
[url:http://falcon.jmu.edu/~ramseyil/allsburg.htm]
リンク切れもありますが、ここを訪れると、Van Allsburg についてどんなサイトがあるのかすぐにわかり便利だと思います。
 
 
インタビューページ をいくつか。

Children review The Polar Express
[url:http://www.hbook.com/exhibit/polarradio.html]
Chris Van Allsburg 作品、The Polar Express について、ラジオ番組(1986年8月)で
7人の子供(5年生から8年生)が語っています。文章化されており、音源をダウンロードできます。
音質はちょっと悪いです。4分52秒です。この番組では作者本人の文章・音声はありません。
なお、このサイトでは、
他にも、Uri Shulevitz interviewed by Anita Silvey, James Marshall interviewed by Anita Silvey
など、ラジオ番組の音源とスクリプトを公開しています。お薦めです。

Chris Van Allsburg: An Exclusive Interview
[url:http://www.readingrockets.org/transcript.php?ID=68]
最初に公式サイトで紹介した、インタビュー情報をそのまま、4倍も大きな画面と、
スクリプト付きで10件掲載してあります。ラッキーです!
さらに、親切にも、Full Transcript のページ付き。
[url:http://www.readingrockets.org/transcript.php?ID=69]
 
 
Enter the World of Chris Van Allsburg
[url:http://www.basd.net/teacherlinks/langarts/vanallsburg/vanallsburg.htm]
すでに紹介した、www.eduplace.com に掲載されている↑インタビューと同じものを載せています。
こちらの方が元のような気がします。カラーを使った文字表示も読みやすいです。1400語(wordが計算)
9つの質問に Van Allsburg が答えます。
Q: Did you like the movie Jumanji? 私も原作の方が好きですし、興味津々な質問が多い。
 
 
Warnerbros.com The Polar Express
[url:http://polarexpressmovie.warnerbros.com/flash/]
映画会社のページで、映画、The Polar Express のページです。
予告編や、機関車の Engine Room に行けばブロック崩しゲームもあったりします。

このサイトのなかに、インタビューページがあります。
[url:http://php.warnerbros.com/movies/polarexpress/pages.php?s=challenge]
このページの中段にある、Chris Van Allsburg Q&A というところです。
htmlファイルではなく、PDFファイルになります。
Where do you get the ideas for your pictures and stories? What do you think makes a good story?
What was it like to see your book go to film? という3つの質問に
答えています。
 
 
最後に、
新作映画 (予告編) Zathura 映像です。
[url:http://www.sonypictures.com/movies/zathura/index.html ]
2002年発表した、 Zathura の劇場映画が今年の11月以降に世界で上映されます。(2.5分)
これで、映画化される作品は、3作となりました。
日本での上映については、まだ発表されていません。

2006年以降に、The Widow's Broom (1992年) が、映画化されることが
報道されています。

ではでは


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[バレ] 712. 【ネタばれ注意報】e: 絵本作家・ Chris Van Allsburg に関するWebsiteを紹介

お名前: 酒井@快読100万語!
投稿日: 2005/6/12(23:41)

------------------------------

このメッセージの最後にネタばれとおぼしき1行があります。
十分お気をつけください。

成雄さん、こんばんは!

〉こんにちは、成雄です。
〉絵本作家の Chris Van Allsburg に関するWebsiteを紹介します。

〉● 公式サイト
〉http://www.chrisvanallsburg.com/flash.html
〉Van Allsburg (オールズバーグ) の世界へようこそ!

成雄さんの凝り性、調べ性には感心するやら、あきれるやら、
しゅっぽさんと顔を見合わせて、(心の中で)大笑い!

絵本の会には欠かせない人物であります。
(大阪絵本の会にも貸し出そうか?)

で、例の本の名前ですが、上のサイトに行って、みつけて
きました。ぼくが友だちにあげてしまった本は

The Mysteies of Harris Burdickというのでありました。
Skipperさんへの返信に書いた怪作2編とおなじおもしろさですよ。
ぼくももう1冊買うことにしよう。以下、ネタばれ
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
********************************
あの本全体を本当の話と信じた友だちがかわいい!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[バレ] 713. Re: 酒井先生の【ネタばれ注意報】に関係する所は引用していません

お名前: 成雄 http://nariosky.blog12.fc2.com/
投稿日: 2005/6/13(01:42)

------------------------------

こんばんは、成雄です。

〉成雄さんの凝り性、調べ性には感心するやら、あきれるやら、
〉しゅっぽさんと顔を見合わせて、(心の中で)大笑い!

酒井先生、目の前で笑っていただいても全然OKなんですが(笑)

凝り性、調べ性じゃなくても、James Marshall の絵本に、何でSendakがコメントを書いているのか、
その内容が激しいのか、悲しいのか、ちょっと興味ありませんか (^-^)
Sendak情報とか、ウラのネタや「出版社だけが知っている」というような事情を知りたいんじゃないです (笑)
そういうのには興味ないです。
公に表現された絵本に込められているから。それを読む読者のひとりである私に訴えていると思えるから
私も、公の情報で、それを知りたいと思うんです (^_^)v

Keatsにしてもそうです。どこかに(もちろん絵本です!)日本を好きだったと
わかる情報が公にしてあると思ったのです。
彼らは作家ですから。必ずどこかで表現するはずだと。
市井の人ではないから。
そうしたら、あったんです !(^^)!

In A Spring Garden (1965年)ISBN: 0803740247
邦題:春の日や庭に雀の砂あひて (1999年) ISBN: 4039602501
英訳された日本の俳句撰集に、Keatsが千代紙なども使って絵を描いているんですよ !(^^)!

池袋絵本の会に持参した、Ezra Jack Keats の Over in the Meadow (1971年)を
見られたsunsunさんが、『日本の絵みたい』というような感じで言われたのですが
私も同感だったわけです (笑)

『これが正しいKeats の読み方』なんて言うのは、私は違うと思うんです。
公に表現された作品は作者の手を離れたわけで、あとは、読者の判断・解釈で
好きなようにひとりひとり楽しめばいいと思います。

> The Mysteies of Harris Burdick

この絵本、私、書評しているんですねぇ (笑)
表紙の絵はすぐに浮かびますが、タイトルが出てこない。
誤字・脱字しないように、ネットに情報を書く時はコピー&ペーストばっかりで、タイプしないから (^_^;)
発音もカタカナなんで、できるだけしゃべらないようにしていますし (笑)
Allsburg の発音は、このスレッドで紹介したインタビューページで聞けます。
今日、しゃべった「オールズバーグ」とは大違い (笑)
酒井先生もさぞビックリされたことでしょう。

アマゾンで検索される方で、↑のタイトルを読まずに、
コピー&ペーストされる私のような方がいるかも知れません。
The Mysteries of Harris Burdick です。

なお、書評のほうですが、ちょっと悩んだんです。
あらすじには、具体的な情報をほとんど書かないようにして、
補足用に書いたレビューはネタバレかなと思いつつ情報提供なんです。
この辺の判断は難しいですね。やっぱり、削除した方がいいかな。
苦情がこなくても、
しばらくしたらレビューは削除しようかと今は考えが変わってきました。

ではでは


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

714. Re: 絵本作家・ Chris Van Allsburg に関するWebsiteを紹介

お名前: SUNSUN
投稿日: 2005/6/13(22:03)

------------------------------

成雄さん、こんばんは。
昨日の絵本の会に参加してくださってほんとうにありがとうございました。ほんとに楽しかったです。紹介してくださった絵本はどれもすてきで、どれも買いたくなってしまいます。
AllsburgのWebsiteの紹介ありがとうございます。一番最初に出てきた、画面にはびっくりしました。男の子がトンネル?みたいなところへ歩いていって、ゲームの駒が動き出して、、、不思議ワールドを予感させる導入ですね。
 "The Stranger"を私もたまたま最近読んで、あの不思議な雰囲気にすっかりファンになってしまいました。ご紹介のサイト少しだけのぞきました。Allsburgはアメリカではかなりトレンドになっているらしいですね。絵本をどんどん教室の中で使っているようですね。生徒も先生もいろいろ質問しているのがおもしろいですね。Polar Expressは自分の体験だと言っているのは子ども達は信じてくれるんでしょうか。
 子どもたちが感想を言っているサイトも聞きましたが、こんなふうに率直に感想が言える子ども達ってすごいですね。一人の絵本作家のサイトがこんなにあるなんて、日本でもそうなんでしょうか。またゆっくり読みたいと思います。
 また、楽しいお話聞かせてくださいね。
それでは。
Happy 絵本 Reading!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[バレ] 715. Re: 【ネタバレ】 Van Allsburg が、自分の作品 The Stranger について、子供に答えています。

お名前: 成雄 http://nariosky.blog12.fc2.com/
投稿日: 2005/6/14(07:16)

------------------------------

sunsunさん、おはようございます。

〉昨日の絵本の会に参加してくださってほんとうにありがとうございました。ほんとに楽しかったです。紹介してくださった絵本はどれもすてきで、どれも買いたくなってしまいます。

値段が、高いですからねぇ〜。

〉AllsburgのWebsiteの紹介ありがとうございます。一番最初に出てきた、画面にはびっくりしました。男の子がトンネル?みたいなところへ歩いていって、ゲームの駒が動き出して、、、不思議ワールドを予感させる導入ですね。

この入口の絵というか、Flashは、Allsburgのある作品の絵です。
絵本を読んでいて、いつか、この絵を見たら、また楽しめると思います。
知りたくてイライラするようでしたら、お話ししますけれど…。

〉 "The Stranger"を私もたまたま最近読んで、あの不思議な雰囲気にすっかりファンになってしまいました。ご紹介のサイト少しだけのぞきました。Allsburgはアメリカではかなりトレンドになっているらしいですね。絵本をどんどん教室の中で使っているようですね。生徒も先生もいろいろ質問しているのがおもしろいですね。Polar Expressは自分の体験だと言っているのは子ども達は信じてくれるんでしょうか。

ご存じでしょうか?
いま、『謎のピアノマン』という人物が話題です。

> 【ロンドン21日共同】英南東部ケント州の海岸で先月保護された“謎のピアニスト”が
> 収容されている地元病院の当局者は20日、男性の病室にピアノを搬入し、
> 医師が音楽療法などを試みていることを明らかにした。(2005年 5月21日 (土) 11:02)
● 病室にピアノ、音楽療法も 謎のピアニストに情報千件
[url:http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20050521/20050521a3460.html]

私は、この人物のニュースが話題になったとき、彼は、Jack Frost みたいだなぁと思いました。
Jack Frost は The Stranger の人物です。
私はAllsburgの絵本のなかの人物名までは、覚えていませんでしたが。
今回、投稿するにあたって、サイトを調べて読んでいたら、何回か出てきたので。

Q:
Could the person in The Stranger have been the spirit of the wind, instead of
Jack Frost? I thought so. Tyler, age 8, at Adobe Bluffs

A:
Since I am not absolutely sure who the stranger is, then of course it could be
someone else or some other spirit if that's what the reader believes.

この↑Allsburgの答えって、
この前の池袋絵本の会での Ernie さんが言っていたことと、ピッタリでビックリ!

紹介したScholastic社のサイトの
Chris Van Allsburg's Interview Transcript のページ下部に↑の Q & A が掲載されています。
[url:http://www2.scholastic.com/teachers/authorsandbooks/authorstudies/authorhome.jhtml?authorID=95&collateralID=5367&displayName=Interview+Transcript&displayName=Interview%20Transcript]

インタビュー記事の The Stranger 関連の答えをひろって読むだけでも、Allsburgを楽しめます。
 
 
〉 子どもたちが感想を言っているサイトも聞きましたが、こんなふうに率直に感想が言える子ども達ってすごいですね。一人の絵本作家のサイトがこんなにあるなんて、日本でもそうなんでしょうか。またゆっくり読みたいと思います。

つまみ読みで、よろしいかと。
Allsburg作品を読む機会があったら、ついで程度に参考になれば幸いです。

Happy 絵本 Reading!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[バレ] 716. Re: 【ネタバレ】 Van Allsburgの「The Stranger」について、ネタバレを含んでいます!

お名前: Ernie
投稿日: 2005/6/15(10:26)

------------------------------

成雄さん、こんにちは。
先日の絵本の会では、いろいろとありがとうございました。
成雄さんの発言についつい大笑いしてしまいましたが(^^;
成雄さんの飽くなき探究心と好奇心のアンテナをいろんなところにはっているのには本当に敬服!です。

Allsburgについても、様々な情報、ありがとうございます。
私もまだまだ未読の作品がたくさんあるのですが、少しずつ、作品もWebsiteも楽しんでいこうと思います。

さて、下記の件なのですが、投稿のタイトルが「Allsburgが、The Stranger について、子供に答えています。」だったので、
なーんだ、著者はやっぱりはっきり答えを出してるんだ、と思って
答えと知りたーい、という思いと、ちょっと残念な思いが交錯したのですが・・・。

〉ご存じでしょうか?
〉いま、『謎のピアノマン』という人物が話題です。
〉私は、この人物のニュースが話題になったとき、彼は、Jack Frost みたいだなぁと思いました。
〉Jack Frost は The Stranger の人物です。
〉私はAllsburgの絵本のなかの人物名までは、覚えていませんでしたが。
〉今回、投稿するにあたって、サイトを調べて読んでいたら、何回か出てきたので。

Jack Frost?
「彼」には名前なんかなかったはず・・・。それに「Jack Frost」ってそのまま答えじゃない〜!!!
と思った私は成雄さんが紹介してくださった下記のサイトで念のため確認してみました。

[url:http://www2.scholastic.com/teachers/authorsandbooks/authorstudies/authorhome.jhtml?authorID=95&collateralID=5367&displayName=Interview+Transcript&displayName=Interview%20Transcript]

成雄さんは「Jack Frost」について勘違いをされていらっしゃるようなので
夢をこわすようでとても心苦しいのですが、その前段階で著者がはっきりと答えている以上、
やはり書いたほうがいいのかな、と思って思い切って書いてしまいますが・・・。
Interviewの中でこんなQ&Aがありました。

Q: Who was the guy in your book "The Stranger"?
A: I think, but I'm not absolutely sure, that it's Jack Frost. At least he looks a lot like Jack Frost.

著者は「私自身も確信はないけど彼は「Jack Frost」のようだよね。(適当な意訳です。)」と答えています。
成雄さんは彼の名前だと思われたようですが、実は「Jack Frost」とは「霜の擬人的表現」で「霜」「厳寒」を意味し、
日本語にあえてするならば「冬将軍」とでもいうべき言葉なのです。(辞書にも載ってますよー。)
これって結構はっきり「答え」ですよねー。
何故か、ちょっとだけがっかりしたのですが、でも著者はやっぱりそれを念頭において作品を書いたんだなっていうのが分かりますよね。

でもその後で下記の質問がでた時に、Allsburgは成雄さんが引用くださった通り、

〉Q:
〉Could the person in The Stranger have been the spirit of the wind, instead of
〉Jack Frost? I thought so. Tyler, age 8, at Adobe Bluffs

〉A:
〉Since I am not absolutely sure who the stranger is, then of course it could be
〉someone else or some other spirit if that's what the reader believes.

「then of course it could be someone else or some other spirit if that's what the reader believes.」
とも答えていますよね。

〉この↑Allsburgの答えって、
〉この前の池袋絵本の会での Ernie さんが言っていたことと、ピッタリでビックリ!

って成雄さんは書いてくださったんですけど、数学の問題のように、答えが一つではない、
ちゃんとした「答え」なんてないからこその魅力ってやっぱりあると思うので、
私は自分が読んだ時にイメージしたなんとなーくボヤーっとしたイメージをそのまま、これからも持ちつづけたいなぁ、と思いました。

〉インタビュー記事の The Stranger 関連の答えをひろって読むだけでも、Allsburgを楽しめます。

でも、本当にすっごく上記のインタビューだけでもとっても興味深かったです。
こんなかたちでの楽しみ方もあるんだなぁ、と改めて思いました。
成雄さん、またお会いしていろいろお話が伺えるのを楽しみにしています♪
また是非、絵本の会にもいらして下さいね!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[バレ] 717. Re: 【ネタバレ】 Van Allsburgの「The Stranger」について、【さらに】ネタバレを含んでいます (笑)

お名前: 成雄 http://nariosky.blog12.fc2.com/
投稿日: 2005/6/16(02:14)

------------------------------

こんにちは、Ernieさん。成雄です。
Van Allsburg の絵本の話ができて、とても嬉しいです !(^^)!

〉成雄さん、こんにちは。
〉先日の絵本の会では、いろいろとありがとうございました。
〉成雄さんの発言についつい大笑いしてしまいましたが(^^;

そんなに、おかしかったですかぁ〜 (^_^)
別におかしくても気にしていないので、かまいませんが。

〉成雄さんの飽くなき探究心と好奇心のアンテナをいろんなところにはっているのには本当に敬服!です。

ピーナッツ・バターの話と同じだと思うんですよ、私は (笑)
もっと知りたい、という欲求は
競馬でもいいし、株でもいい。世界史でもいいし、言語でもいい。同じだと思うんですよ。

ネタバレ、と書いてきているので、ほとんどの方はこの投稿を読まないでしょうから
(ネタバレと書かれている掲示板投稿は、すでに読了した本であっても、私は基本的には読まない)
この際、私がこの絵本を読み書評を書いた時の感覚、
そして、11日に池袋絵本の会でこの絵本が Ernie さんから紹介されたこと、
そして、翌12日に、Van Allsburg 関連のサイトを投稿したこと、
全部含めて、ドカドカ書きます。教えていただいて嬉しくて書くんです。

書評システムの記録を読むと、私は昨年11月にこの絵本を読んでいます。
読書の記録は昨年6月頃以降すでに止めてしまっているので、いつ読んだのかは覚えていません。

この絵本に感動しました。もちろん、絵です。アメリカの画家、Edward Hopper の絵みたいに
切り取った瞬間、光の感覚、空気が運ぶにおい、そういうのを感じたからです。
ぜひ、みなさんに紹介したいと思い、書評を書きました。その時、The Stranger に
ニックネームも含め、名前は何もついて無かったと思っていました。

 # Jack Frost なんてどこにも書いてなかったと思いましたし、
 # そもそも Jack Frost という言葉の意味はErnieさんから初めて、さきほど投稿文を読んで、
 # 知りました。

なので、読了した時、この絵本で、Jack Frost を描いているなどとは露にも思いませんでした。
物語は季節の移り変わりを描いています。特に秋の雰囲気がよかったと記憶しています。
謎の人物の周りでは不思議なことが起こる。
私は、この謎の人物は、それぞれの農民が心に抱く、収穫の喜びと、収穫できなかった時の空虚、
総じて、とっても日本的なんですが (^_^;)
Thanksgiving を表しているのではないかと思っていました。

で、Ernieさんは、以前から The Stranger が好きだと私にお話くださいましたし、
池袋絵本の会の当日もそう紹介されていました。本当に好きなんだなぁと、わかりました。
また、Van Allsburg の絵本を読んでいる方が他にもいらっしゃいましたので、
私も Van Allsburg は大好きなわけで、ここは意気に感じ、さっそく調べようとなりまして、
関連するWebsiteをできるだけ読み、翌日投稿しました。

その時、初めて Q&A のページも読んで、Jack Frost という名前が付いていたと
知りました。もちろん、「冬将軍」なんてイメージは全然浮かびませんでした。

〉〉私は、この人物のニュースが話題になったとき、彼は、Jack Frost みたいだなぁと思いました。
〉〉Jack Frost は The Stranger の人物です。
〉〉私はAllsburgの絵本のなかの人物名までは、覚えていませんでしたが。
〉〉今回、投稿するにあたって、サイトを調べて読んでいたら、何回か出てきたので。

池袋絵本の会でのこの件↓もあり、
 # で、池袋絵本の会での Van Allsburg の "The Mysteries of Harris Burdick"
 # [url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000009514]
 # 表紙の絵が浮かぶのに、タイトルが出てこないという記憶力の問題に愕然としていて (笑)

「そうかぁ、Jack Frost って名前があったんだぁ」と、名前の存在だけに意識が集中していて
ご指摘いただいた、英文を適当に読んでいたということになります (^_^;)

〉成雄さんは「Jack Frost」について勘違いをされていらっしゃるようなので

その通りですねぇ (^_^;)

〉Q: Who was the guy in your book "The Stranger"?
〉A: I think, but I'm not absolutely sure, that it's Jack Frost. At least he looks a lot like Jack Frost.

〉著者は「私自身も確信はないけど彼は「Jack Frost」のようだよね。(適当な意訳です。)」と答えています。
〉成雄さんは彼の名前だと思われたようですが、実は「Jack Frost」とは「霜の擬人的表現」で

はいっ、そのとおり!
人物名だと思ったのと同時に、「名前を忘れていたとは…」と、思いました (笑)

で、補足すると、
最初に Van Allsburg 紹介投稿で、細かくリンクは貼らなかったのですが
紹介したScholastic社の ページへ飛んで、今回、Ernieさんに読んでいただいた Q&A のページを
見るとわかるのですが、さらにそのページから、違うインタビューページがリンクされているのです。

上段、最初の質問のすぐ上に書いてあります。
For the transcript of a previous interview, please click here.
[url:http://teacher.scholastic.com/authorsandbooks/events/vanallsburg/transcript.htm]

Chris Van Allsburg's Interview Transcript ページです。
 # ここも適当に読んでいました。(つまり、Scholastic社の Q&A ページは2ページあります。)

すると、中段に近いところにこういう話が載っています。

Q:
After lengthy discussion, we have deduced that The Stranger from "The Stranger"
represents seasons or time standing still. Was he caught in some type of time warp
when the truck hit him? WHO IS HE?

A:
In New England, where I live, there is a mythological character that runs through the
woods in the autumn and turns the leaves from green to red and yellow and orange.
His name is Jack Frost. The Stranger is Jack Frost, who has forgotten that he is
supposed to run through the woods changing the leaves' color, because he was
hit by the truck.

で、この answer を11日夜だったか、12日だったかに読んで、
「木(または季節)の妖精」だと思いました。
「謎のピアノマン」は、ピアノの妖精じゃないかって思いました(笑)

英辞郎で確認しましたが、「冬将軍」と訳されてます、Jack Frost は。
Cambridge でも、very cold weather, when it is thought of as a person と書いてあります。
でも、
上の Van Allsburg の話を読むと、日本人がイメージする「冬将軍」とは違うような…。
冬は葉っぱが落ちちゃっているというのが私のイメージですし、「冬将軍」と言うと
ナポレオンが雪によって、侵攻作戦が成功しなかったという、雪のしんどさをイメージするのです。

〉日本語にあえてするならば「冬将軍」とでもいうべき言葉なのです。(辞書にも載ってますよー。)
〉これって結構はっきり「答え」ですよねー。
〉何故か、ちょっとだけがっかりしたのですが、でも著者はやっぱりそれを念頭において作品を書いたんだなっていうのが分かりますよね。

はい。
New England での体験をイメージしていたのかもしれませんね。
 
 
教えていただいた
Q:
Could the person in The Stranger have been the spirit of the wind, instead of Jack Frost?
で、このあたりが少しごっちゃになっていたというのはありますが、
なんで、8歳の子供が、the spirit of the wind なんて認識できるのか、不思議ではありました。
 
 
〉でも、本当にすっごく上記のインタビューだけでもとっても興味深かったです。
〉こんなかたちでの楽しみ方もあるんだなぁ、と改めて思いました。
〉成雄さん、またお会いしていろいろお話が伺えるのを楽しみにしています♪
〉また是非、絵本の会にもいらして下さいね!

いいとも〜♪


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[バレ] 718. Re: 【ネタバレ】 Van Allsburgの「The Stranger」について、【さらに】ネタバレを含んでいます!

お名前: Ernie
投稿日: 2005/6/17(16:56)

------------------------------

成雄さん、こんにちは。
またしてもErnieです。

〉Van Allsburg の絵本の話ができて、とても嬉しいです !(^^)!

Allsburgというより、完全に「The Stranger」に話が特化してしまってる気がしますが(^^;
でも私もとても楽しいです。

〉〉成雄さんの発言についつい大笑いしてしまいましたが(^^;
〉そんなに、おかしかったですかぁ〜 (^_^)
〉別におかしくても気にしていないので、かまいませんが。

いや、目のつけどころが面白い、もとい、素晴らしい(笑)というだけです。

〉ピーナッツ・バターの話と同じだと思うんですよ、私は (笑)
〉もっと知りたい、という欲求は
〉競馬でもいいし、株でもいい。世界史でもいいし、言語でもいい。同じだと思うんですよ。

もっと知りたい、という欲求は分かりますし、私も興味のあることはちょこちょこ調べるのは好きなのですが
成雄さんの発想と、それを追求していく姿勢、奥深さはやっぱり凄い!です。

〉ネタバレ、と書いてきているので、ほとんどの方はこの投稿を読まないでしょうから
〉(ネタバレと書かれている掲示板投稿は、すでに読了した本であっても、私は基本的には読まない)

ええっ!?
成雄さん、「ネタバレ」と書いてある場合、既に読了した本であっても読まないんですねー!!
それもビックリです。
でも、逆に私の周囲はネタバレって書いてあっても全く気にせずに読む、という方々が多いので、
ほとんどの方が読まない、ということについては何とも・・・。
でもこの話、「The Stranger」を未読の人にはどっちにしても何のことやら?状態になってますからね・・・(^^;

〉全部含めて、ドカドカ書きます。教えていただいて嬉しくて書くんです。

嬉しくて、という言葉を頂いて本当にホッとしました。
この前の投稿はかなり迷った末のことだったので。

〉この絵本に感動しました。もちろん、絵です。アメリカの画家、Edward Hopper の絵みたいに
〉切り取った瞬間、光の感覚、空気が運ぶにおい、そういうのを感じたからです。
〉ぜひ、みなさんに紹介したいと思い、書評を書きました。その時、The Stranger に
〉ニックネームも含め、名前は何もついて無かったと思っていました。

そうなんですよねー。
私もお話も勿論、大好きなんですが、あの冬と秋の風景が並んだ絵や
絵本を通して伝わってくる透明感、さわやかな風のような雰囲気がとても好きです。

〉なので、読了した時、この絵本で、Jack Frost を描いているなどとは露にも思いませんでした。
〉物語は季節の移り変わりを描いています。特に秋の雰囲気がよかったと記憶しています。
〉謎の人物の周りでは不思議なことが起こる。
〉私は、この謎の人物は、それぞれの農民が心に抱く、収穫の喜びと、収穫できなかった時の空虚、
〉総じて、とっても日本的なんですが (^_^;)
〉Thanksgiving を表しているのではないかと思っていました。

わぁ、成雄さんなりの解釈もとってもステキ!ですねぇ。

〉また、Van Allsburg の絵本を読んでいる方が他にもいらっしゃいましたので、
〉私も Van Allsburg は大好きなわけで、ここは意気に感じ、さっそく調べようとなりまして、
〉関連するWebsiteをできるだけ読み、翌日投稿しました。

ここが凄いんですよねー、成雄さんの場合・・・。

〉その時、初めて Q&A のページも読んで、Jack Frost という名前が付いていたと
〉知りました。もちろん、「冬将軍」なんてイメージは全然浮かびませんでした。
〉「そうかぁ、Jack Frost って名前があったんだぁ」と、名前の存在だけに意識が集中していて
〉ご指摘いただいた、英文を適当に読んでいたということになります (^_^;)

私はJack Frostという霜を擬人化する表現がとても面白いと思って覚えていたので、
成雄さんの投稿で名前がJack Frostらしい、というのを読んで、2重の意味があるのかな?と深読みしたりしたんですが。

〉はいっ、そのとおり!
〉人物名だと思ったのと同時に、「名前を忘れていたとは…」と、思いました (笑)

〉で、補足すると、
〉最初に Van Allsburg 紹介投稿で、細かくリンクは貼らなかったのですが
〉紹介したScholastic社の ページへ飛んで、今回、Ernieさんに読んでいただいた Q&A のページを
〉見るとわかるのですが、さらにそのページから、違うインタビューページがリンクされているのです。

〉A:
〉In New England, where I live, there is a mythological character that runs through the
〉woods in the autumn and turns the leaves from green to red and yellow and orange.
〉His name is Jack Frost. The Stranger is Jack Frost, who has forgotten that he is
〉supposed to run through the woods changing the leaves' color, because he was
〉hit by the truck.

〉で、この answer を11日夜だったか、12日だったかに読んで、
〉「木(または季節)の妖精」だと思いました。
〉「謎のピアノマン」は、ピアノの妖精じゃないかって思いました(笑)

〉英辞郎で確認しましたが、「冬将軍」と訳されてます、Jack Frost は。
〉Cambridge でも、very cold weather, when it is thought of as a person と書いてあります。
〉でも、
〉上の Van Allsburg の話を読むと、日本人がイメージする「冬将軍」とは違うような…。
〉冬は葉っぱが落ちちゃっているというのが私のイメージですし、「冬将軍」と言うと
〉ナポレオンが雪によって、侵攻作戦が成功しなかったという、雪のしんどさをイメージするのです。

成雄さん、本当にありがとうございます!
これで私もやっと疑問が解けました!!
いくら「霜の擬人化」と言われても、私もあのお話と霜が降りるほどの寒さとはどうしても結びつかず、
何となく釈然としない思いだったんです!
(日本語の「冬将軍」という対訳もどうかと思ってるんですけど。)
New Englandでは、また別の言い伝えのようなものがあるんですね。
上記のAllsburgの話をきいて、「ああ、確かにこれなら「彼」とピッタリ重なるな。」と納得です!

〉Q:
〉Could the person in The Stranger have been the spirit of the wind, instead of Jack Frost?
〉で、このあたりが少しごっちゃになっていたというのはありますが、
〉なんで、8歳の子供が、the spirit of the wind なんて認識できるのか、不思議ではありました。

子どものほうが余計なことを考えずに心で感じられる気がするので、私にはそんなに不思議ではないんですけど、
でもそのイメージをきちんと言葉にできるって素晴らしいな、と思います。
 
それから、池袋絵本の会で題名を忘れて紹介できなかったという本の案内もありがとうございました。
(でも、読むかどうかは迷ってしまいますねー、消化不良になりそうで(苦笑))
絵本の会にもまた参加されるおつもりのようですし、他にもあちこちでお会いすると思いますので、
その時を楽しみしています!

それでは、また♪


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.