Re: Gutenbergで読める児童書 その8

[掲示板: 〈過去ログ〉Website情報の広場 -- 最新メッセージID: 808 // 時刻: 2021/9/20(11:17)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

799. Re: Gutenbergで読める児童書 その8

お名前: 柊
投稿日: 2007/5/5(11:30)

------------------------------

 fionaさん、お疲れ様です。柊です。読みたいものを次々に発見して、非常にありがたいです。ありがとうございます。お礼になるかどうかさっぱりわかりませんが、数えたものだけ報告します。

〉★Carroll,Lewis(1832-1898)
〉 「不思議の国のアリス」が有名。その続編は「鏡の国のアリス」。
〉  Alice's Adventures in Wonderland(US,159KB)
〉  Through the Looking-Glass(US,183KB)
〉  Hunting of the Snark,The(US,39.7KB)
〉  Sylvie and Bruno(US,377KB)
〉  Phantasmagoria and Other Poems(US,85KB)
〉  Game of Logic,The(US,131KB)

 Hunting of the Snarkとは、宮部みゆきの「スナーク狩り」の元ネタじゃないかと気になって、落としてみました。5千語ほどです。「ぽっぺん先生と星の箱船」のスヌークもそれっぽい。
 不思議の国のアリスは結構色んな小説で引用されるので、一度読むといいかもと、これまた落としました。これが2万8千語ぐらい。鏡の国のアリスは2万語ぐらいでした。
 アリスはどちらも、ところどころ、文章が渦を巻くようになっていたりして、凝っています。掲示板で絵を描くソフトにちょっと似ているかも。

〉★MacDonald,George(1824-1905)
〉 子供向けの物語と同時に大人向けの小説も多く書く。
〉 子供向けは、次の4つ(?かな)。
〉  At the Back of the North Wind(US,156KB)
〉  Light Princess and Other Fairy Stories,The(US,194KB)
〉  Princess and Curdie,The(US,309KB)
〉  Princess and the Goblin,The(US,285KB)
〉 (Gutenbergには、他に48作品)

 最後の二つは、「お姫様とカーディ」「お姫様とゴブリン」ですね。子どもの頃読んだ記憶があります。The princess and Curdieが5万6千語ぐらいでした。

〉★Lang,Andrew(1844-1900)
〉 「水色の童話集」から始まる、12巻の色名を冠した再話集を出版。
〉 Gutenbergには、The Olive Fairy Bookがない。
〉  Blue Fairy Book,The(US,748KB)

 The Blue fairy bookが14万語。結構長めです。

〉★Haggard,Henry Rider(1856-1925)
〉 「ソロモン王の洞窟」などの冒険物語を多く著作。
〉 Gutenberg(USとAu合わせて)には65冊の本と短編2つが所蔵されている(ほとんどが冒険小説か?)。
〉 そのうち、「ソロモン王の洞窟」とその続編(創元社の文庫本で邦訳あるもの)は、
〉  King Solomon's Mines(US,455KB)
〉  Allan Quatermain(US,595KB)
〉  She(US,613KB)

 ソロモン王の洞窟も読んだ覚えがあるので、落としてしまいました。8万語ぐらい。

 ワードで印刷していると、数えるのは簡単です(パソコンで読んでいる人は、誰でも数えられるか?)。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.