Re: 200万語おめでとうございます

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13556 // 時刻: 2022/8/8(22:53)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1744. Re: 200万語おめでとうございます

お名前: fiddle
投稿日: 2004/5/6(11:36)

------------------------------

プリンさん、こんにちは、fiddleです。

〉3月20日に200万語達成しました!

おめでとうございます!!

〉100万語を達成してから語数を表にまとめるということをサボっていたので
〉まとめるとき、すっごく大変でした。
〉本の表紙裏に語数と読んだ日を書き込んで積み上げてあったわけで・・・。
〉読むのは楽しいんですけど、記録するのは苦手・・・、単に道楽なだけ?

私は、ただ計算するのが面倒な、という理由で最初からエクセルで記録していたのですが、
感想をほとんど書いていなかったので、思い出すのが大変でした〜

〉☆100万語〜200万語の感想

〉それから、子供が小さいときやっていた絵本収集(もちろん、日本語のものですが)
〉熱がぐぐっと頭を持ち上げて、英語絵本の収集も始めてしまいました。
〉絵本はほとんど図書館で借りていたのですが、
〉ステキな絵本に出会うとどうしても手元に置いておきたくなってしまって・・・。

絵本は楽しいですね〜。私も経済的事情が許せば欲しいものがたくさんあります。
多読初期の頃は、絵本は難しかったのですが、100万語過ぎてから楽しく読める
(読み飛ばせる)ようになったように思えます。

〉200万語を読んで特に思ったこと。
〉ずっと和訳して読んでいないと思っていました。
〉でも、違ってたんですね。
〉和訳しないで読むという感覚がよくわかっていなかったのだと思います。
〉いつだったか、Magic Tree Houseを読んでいたら、スーッと英文そのままが頭に入ってきているなって感じで。
〉これが、和訳しないで読むということかなと思ったのですが、
〉どうなのでしょうか。
〉それまで返り読みはしていないつもりだったけど、
〉どこかで和訳していたような・・・。
〉今でも、ちょっとむずかしめの本を読んでいてひっかかると和訳しようとしている自分を発見!
〉今になって、和訳しないで読むという感覚が少しずつつかめてきたのかなという感じがします。

和訳しない、というのは難しいですね。私も初めの頃の方が自分で和訳していない
つもりになっていましたが、だんだん和訳しないことの難しさが分かってきた、と
いうか、どうしても日本語に捕らわれている自分を発見してしまった、というか。
ま、量が解決するかな、と思って気にしないことにしていますが。

〉☆では、100万語〜200万語までの足跡を。
〉 ・GR

〉 ・The Bronte Story(OBW3)
〉  Jane Eyreが大好きで興味深く読みました。この姉妹の性格、生き方は作品に色濃く反映されているようですね。

これは、よく掲示板で見かける本ですね。ブロンテ姉妹は興味あるので読んでみたいです。

〉 ・The Secret Garden(OBW3)
〉  子供のころ、これを読んで町中を花いっぱいにしたいなと大胆にも思ったものでした。

このあいだ原作を入手したのでいずれ読むつもりです!(いつになるやら)

〉 ・Jane Eyre(PGR3)       大好きな一冊。原作も読めるといいな。

私も大好きです。いつか原作で(こういうのばっかり)!

〉 ・A Stranger at Green Know(OBW2)
〉   ボストン夫人の「グリーン・ノウ」。
〉   書評では☆の数は少なかったけど、私は好きでした。


いっとき林望にはまっていた頃に、彼がボストン夫人のところに下宿していたという
話を読んで、「グリーン・ノウ」シリーズをまとめて読んだことがありました。
こういう、イギリスのお屋敷ものって、大好きです。GRにあったとは気が付きませんでした。


〉 ・児童書シリーズもの

〉  ・Magic Tree House Research Guide 3冊 
〉    すっごくためになるシリーズ。おもしろい!

これ、ほんとためになりますよね。まだ1冊しか読んでいないけれど面白かったです。

〉  ・Judy Moodyシリーズ       4冊  
〉    大好きなシリーズでした!JudyがとってもCool!

表紙絵が可愛いので気になっているシリーズです。

〉  ・Animorphs#1〜4        4冊 
〉    (現在6冊目)皆さんが書いていらっしゃるように、もうやめられない!     彼等はいったいどうなってしまうのでしょう・・・!
〉     完全にはまってしまいました。54冊あるんですよねえ。読めるかな?

1冊目読み始めました!昔の少年ドラマシリーズみたいなノリで、楽しんでいます。

〉  ・LRAFOシリーズ          8冊 
〉     すっごくおもしろいシリーズです。わかりやすくって。
〉     こんなの使って小学校の理科の勉強なんかしたらおもしろいかも!

私もこのシリーズ大好きなんです!私は全然理科方面がダメなのですが、絵が可愛いのがうれしい。

〉  ・Deltola Questシリーズ      4冊 
〉    1冊目がすごく展開が早くて、ドキドキしながら読みました。
〉    現在4冊読んだところで、5冊目以降借りられてしまっていて読めない!
〉    Questの旅はどうなるのでしょう。7、8巻目がおもしろいということで、うーん早く読みたい!

もうこれは、8巻まで読んでくださいとしか言えません。お楽しみに!

〉  ・Getting to Know
〉 The World's Greatest Artitsシリーズ 3冊 
〉    もともと専門が美術なのですが、知らないことも多くおもしろかったです。ご紹介くださったkianさん、ありがとうございました。全部読破したら何冊になるのかなあ?

これも興味ありありです。

〉 ・絵本

たくさんご紹介くださってありがとうございます。
参考にさせていただきますね。

〉 Barbara Cooney
〉 ・Hattie and the Wild Waves
〉   これはCooneyのお母さんをモデルに書かれているそうです。小さい頃絵描きになりたかったHattieが大人になって忘れていたそのことを思い出し、自分が何をしたかったのかに気づくまでを淡々と描いているのですが、何だか胸にこみ上げてくるものがありました。

これ、ぜひ読んでみたいです。

〉 Taro Yashima
〉 ・Crow Boy
〉   再読ですが、前に読んだときにはなかったことですが、読んでいる途中でこみ上げるものがあって思わず涙してしまいました(涙もろい年頃になったかしら?)誰にも気づかれないすばらしい宝物をそれぞれの子供が持ってい  るということ。それに気づいてあげられる大人の余裕が必要だと思いました。 Caldecott Honor

思わず涙してしまうような絵本…いったいどんな作品なのでしょう。これもぜひ探してみます。


〉 ☆Listening 
〉 MTHのCDを買って、MDに落として歩きながら聞いています。
〉 本を読むのとまた違って、雰囲気があっておもしろい!
〉 道を歩きながら時々シャドゥイングしているのですが(人通りの        少ないところで)
〉 誰かが見たら変な人に思われるかも・・・。

私はときどき車の中で大声をあげています。これも充分アヤシイ。

〉 ☆現在、約230万語。
〉 200万語を超えてからPBというものを読みました。
〉 
〉 Girl With A Pearl Earringです。
〉 フェルメールの絵を題材にモデルになった
〉 1人の少女に思いを馳せて書かれた小説です。
〉 2年ほど前に邦訳されたものを買っあって、そのまま読まずにあったのですが、 PBの読んだところまでを
〉 確認しながら読みました。映画化もされたようです。
〉 児童書を読むより楽だったような気もしますが、気のせいでしょうか。
〉 細かいところは読み違えもあったけど、まあ、気にしないことにして(大筋は間 違えてなかったので)
〉 こんなに分厚い英語の本を読めたのです。
〉 多読を始めるまでは思いもよらなかったことです(半信半疑)。
〉 フェルメールの画集を手元に置いて読むのがお勧めです。

おお、もう一般PBを読んでいらっしゃるんですね。
ご紹介を読んで、本が読みたくなったのはもちろんですが、
都美術館でやっている「栄光のオランダ・フランドル絵画展」を観にいきたくなってしまいました。
(フェルメールの「画家のアトリエ」が展示されています)

〉 ちょっと思ったことですが、
〉 1日で読みきれないような長いものを読むときに、1000語程度の短いものを隙間 の時間に読むと
〉 1日に1冊読みきったという満足感があってなんだかよかったような気がしました。
〉 「わからない」と思っていた単語が偶然にも出てきて、意味がわかったりとかして。

私も、長いものを読んでいると、1冊読んだという満足感がなかなか味わえなくて、
ちょっと欲求不満になることがありました。
なるほど、プリンさんのご提案のようにすればいいんだ!

〉 
〉 ☆今後・・・
〉 読みたいシリーズもの、DeltoraやAnimorphsなどたくさんありますし(最近、ZACKにもはまっちゃって・・・)、
〉100万語以降読みたいと思いつつSacharを全然読まなかったので
〉それも読みたいし。読みたいものがたくさんある割りには早く読めないのが悩み ですが。
〉ハリーポッターもそろそろと思っているのだけれども・・・。
〉読めるかなあ。

私もまったく同じような状況です。読みたい気持ちに読速が追いついていないのが悩みというところも。

〉 とにかく、
〉 3周目も楽しく読みたいと思います!
〉 ちょっと書き方がまずくって読みにくくなってしまいました。
〉 長文にお付き合いくださった方、ありがとうございました。

いろいろな本のご紹介、楽しませて頂きました。ありがとうございました。
3周目も楽しく、読んでいきましょう!!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1748. Re: fiddleさん、ありがとうございました。

お名前: プリン
投稿日: 2004/5/7(04:56)

------------------------------

fiddleさん、こんにちは。プリンです。
レス、ありがとうございました。

〉私は、ただ計算するのが面倒な、という理由で最初からエクセルで記録していたのですが、
〉感想をほとんど書いていなかったので、思い出すのが大変でした〜

私もエクセルでいれているんですが、かな入力なので、最初英文字を打つのにすっごくヒマがかかりました。最近は慣れて、多少記録も早くなったかと。

〉〉☆100万語〜200万語の感想

〉〉英語絵本の収集も始めてしまいました。

〉絵本は楽しいですね〜。私も経済的事情が許せば欲しいものがたくさんあります。
〉多読初期の頃は、絵本は難しかったのですが、100万語過ぎてから楽しく読める
〉(読み飛ばせる)ようになったように思えます。

図書館に絵本は結構あるので、せっせと初期の頃から借りていましたが、最初の頃は「難しいな」と思ったことがたくさんありました。

〉和訳しない、というのは難しいですね。私も初めの頃の方が自分で和訳していない
〉つもりになっていましたが、だんだん和訳しないことの難しさが分かってきた、と
〉いうか、どうしても日本語に捕らわれている自分を発見してしまった、というか。
〉ま、量が解決するかな、と思って気にしないことにしていますが。

そうですね。もう、これについては考えてたらわけがわからなくなってきたので考えるのを止めました。
ただ、これだけ読んでこれだけの発見があったので、もっといっぱい読んだらどうなるのかなあ、また新しい発見があるかもと楽しみにしているところです。

〉〉 ・The Bronte Story(OBW3)
〉これは、よく掲示板で見かける本ですね。ブロンテ姉妹は興味あるので読んでみたいです。

〉〉 ・The Secret Garden(OBW3)
〉このあいだ原作を入手したのでいずれ読むつもりです!(いつになるやら)

難しいのかなあ。古本屋で見つけて手元においてありますが・・・。

〉〉 ・Jane Eyre(PGR3)
〉私も大好きです。いつか原作で(こういうのばっかり)!

私もこんなのばっかりで読みたいものが増える、増える!

〉〉 ・A Stranger at Green Know(OBW2)
〉〉   ボストン夫人の「グリーン・ノウ」。
〉〉   書評では☆の数は少なかったけど、私は好きでした。


〉いっとき林望にはまっていた頃に、彼がボストン夫人のところに下宿していたという
〉話を読んで、「グリーン・ノウ」シリーズをまとめて読んだことがありました。
〉こういう、イギリスのお屋敷ものって、大好きです。GRにあったとは気が付きませんでした。

林望さんの本で紹介されてから一気に有名になったようですね。
私も林さんの本を読んで知ったので・・・。

〉〉 ・児童書シリーズもの

〉〉  ・Magic Tree House Research Guide 3冊 
〉〉    すっごくためになるシリーズ。おもしろい!

〉これ、ほんとためになりますよね。まだ1冊しか読んでいないけれど面白かったです。

結構本の紙質も良くって、好きです・・・。

〉〉  ・Judy Moodyシリーズ       4冊  
〉〉    大好きなシリーズでした!JudyがとってもCool!

〉表紙絵が可愛いので気になっているシリーズです。

お勧めで〜す!

〉〉  ・Animorphs#1〜4        4冊 
〉1冊目読み始めました!昔の少年ドラマシリーズみたいなノリで、楽しんでいます。

「少年ドラマシリーズ」! うわっ、なつかしー。まさにそんな感じですね。
巻が進むにつれどんどんおもしろくなってきているような気がしますよー!

〉〉  ・LRAFOシリーズ          8冊 
〉〉     すっごくおもしろいシリーズです。わかりやすくって。
〉〉     こんなの使って小学校の理科の勉強なんかしたらおもしろいかも!

〉私もこのシリーズ大好きなんです!私は全然理科方面がダメなのですが、絵が可愛いのがうれしい。

セットのものを買ったのですが、どれもかわいいし、おもしろいし。大好きです。

〉〉  ・Deltola Questシリーズ      4冊 
〉〉    1冊目がすごく展開が早くて、ドキドキしながら読みました。
〉〉    現在4冊読んだところで、5冊目以降借りられてしまっていて読めない!
〉〉    Questの旅はどうなるのでしょう。7、8巻目がおもしろいということで、うーん早く読みたい!

〉もうこれは、8巻まで読んでくださいとしか言えません。お楽しみに!

もう1か月以上待ってるのー。

〉〉  ・Getting to Know
〉〉 The World's Greatest Artitsシリーズ 3冊 
〉〉    もともと専門が美術なのですが、知らないことも多くおもしろかったです。ご紹介くださったkianさん、ありがとうございました。全部読破したら何冊になるのかなあ?

〉これも興味ありありです。

なかなかいいです。

〉〉 ・絵本
〉たくさんご紹介くださってありがとうございます。
〉参考にさせていただきますね。

〉〉 Barbara Cooney
〉〉 ・Hattie and the Wild Waves

〉これ、ぜひ読んでみたいです。

Cooneyはたくさん書評に挙っている中でこれは挙っていないようです。
まだたくさん皆さんが紹介されているものがありますので探していただくともっとステキな本に出会えるかもしれません。
私はまだ2冊ぐらいしか読んでいなくて、これが結構良かったのでほかのも読んでみたいなと思っているところです。

〉〉 Taro Yashima
〉〉 ・Crow Boy
〉思わず涙してしまうような絵本…いったいどんな作品なのでしょう。これもぜひ探してみます。

書評にも挙っています。初版はずいぶん前なのですが、なんか本質は変わっていないなーって感じですね。

〉〉 ☆Listening 
〉〉 道を歩きながら時々シャドゥイングしているのですが(人通りの        少ないところで)
〉〉 誰かが見たら変な人に思われるかも・・・。

〉私はときどき車の中で大声をあげています。これも充分アヤシイ。

多読をする人が増えたらアヤシイ人も増える・・・?

〉〉 ☆現在、約230万語。
〉〉 200万語を超えてからPBというものを読みました。
〉〉 
〉〉 Girl With A Pearl Earringです。
〉〉 フェルメールの絵を題材にモデルになった
〉〉 1人の少女に思いを馳せて書かれた小説です。

〉おお、もう一般PBを読んでいらっしゃるんですね。
〉ご紹介を読んで、本が読みたくなったのはもちろんですが、
〉都美術館でやっている「栄光のオランダ・フランドル絵画展」を観にいきたくなってしまいました。
〉(フェルメールの「画家のアトリエ」が展示されています)

いいですねえ。「オランダ・フランドル展」! 私も近ければ見に行きたい!
この本は新しくなった書評のところで、ぐらさんが挙げていらっしゃいました。
レベル的には5ぐらいなのかな。
デルトラやAnimorphsより姿形のよくわからない怪物たちが出てこない分、読みやすく感じました。

〉私も、長いものを読んでいると、1冊読んだという満足感がなかなか味わえなくて、
〉ちょっと欲求不満になることがありました。
〉なるほど、プリンさんのご提案のようにすればいいんだ!

長くて、かつキリン読みだと疲れちゃうので、スーッと読める短くて簡単なものを挟むとリフレッシュするっていうか・・・。
〉〉 

〉いろいろな本のご紹介、楽しませて頂きました。ありがとうございました。
〉3周目も楽しく、読んでいきましょう!!

また、よろしくお願いします!


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.