Re: プリンさん、おめでとうございます!

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13556 // 時刻: 2022/8/11(21:43)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1735. Re: プリンさん、おめでとうございます!

お名前: チクワ
投稿日: 2004/5/4(23:20)

------------------------------

プリンさん、こんばんは。チクワです。
200万語通過おめでとうございます。

〉100万語を達成したのが10月24日ぐらいでしたから約5か月でした。

そうそう、100万語通過報告が同日だったか、1日違いだったかでしたよね。私達♪
〉現在、約230万語。
〉ということで、報告するのが1か月以上も遅れたのですが、
〉報告にまいりました。

わたしも、超えたかな〜、くらいなんですが、精神的に忙しく、(実際にはたいして忙しくない?)
報告しておりません・・・

〉100万語を達成してから語数を表にまとめるということをサボっていたので
〉まとめるとき、すっごく大変でした。
〉本の表紙裏に語数と読んだ日を書き込んで積み上げてあったわけで・・・。
〉読むのは楽しいんですけど、記録するのは苦手・・・、単に道楽なだけ?

おお、わたしも記録がどうもねえ・・・お仲間、お仲間。へへへ・・・

〉☆100万語〜200万語の感想
〉100万語を過ぎてから仕事が忙しくなって、記録はサボっていたのですけれども、
〉読むほうは時間を作って、あるいは隙間読みで楽しんでいました。
〉100万語を読んだときよりも好きなように読んでいたので楽しかった。
〉いろいろなシリーズのものに手を出したので何から読んでいいか迷うぐらい。

100万語を超えると、だいぶ選択肢が広がって好きなように読める・・・と。
何から読んでいいか迷う・・・わかるわあ。
次はこれ・・・あ、あれも読もうと思ってたんだ。こないだ読みたいと思って調べたのは
何だっけ・・・とかなんとか、迷う時間があったらとにかく読みはじめたいもんです。
(あ、最後の方はわたしだけかな?プリンさんは迷うのには時間をかけない?)

〉それから、子供が小さいときやっていた絵本収集(もちろん、日本語のものですが)
〉熱がぐぐっと頭を持ち上げて、英語絵本の収集も始めてしまいました。
〉絵本はほとんど図書館で借りていたのですが、
〉ステキな絵本に出会うとどうしても手元に置いておきたくなってしまって・・・。

そうですよねえぇ。で、プリンさんのおうちに置いてもらえることになった
幸せな絵本たちは、下の方で紹介してくださったコたちかな?

〉200万語を読んで特に思ったこと。
〉ずっと和訳して読んでいないと思っていました。
〉でも、違ってたんですね。
〉和訳しないで読むという感覚がよくわかっていなかったのだと思います。
〉いつだったか、Magic Tree Houseを読んでいたら、スーッと英文そのままが頭に入ってきているなって感じで。
〉これが、和訳しないで読むということかなと思ったのですが、
どうなのでしょうか。
〉それまで返り読みはしていないつもりだったけど、
〉どこかで和訳していたような・・・。
〉今でも、ちょっとむずかしめの本を読んでいてひっかかると和訳しようとしている自分を発見!
〉今になって、和訳しないで読むという感覚が少しずつつかめてきたのかなという感じがします。

そうですねー。英文をひととおり、またはひとかたまり読んで、和訳するのは自覚しやすい
ですが、同時進行的にできる和訳もありますもんね。
MTHを読んだときの、スーッとした英文の入り方は、それまでより1ランク(もっと?)上の感覚
だったのですね。
自分では「和訳していない」と思っていても、そのレベルアップを経験してみないと
わからないもんですね。
うーん、わたしはどうなんだろ?

〉☆では、100万語〜200万語までの足跡を。
 
プリンさんの足跡ご紹介、ありがとうございました。

〉 ・The PIANO(OBW)
〉  これはとってもほのぼのとしていい話なんだけど・・・あの表紙が・・・。

いつ買おう、いつ買おうと思っている本です。プリンさんのご紹介で
また順番待ちリスト内での順位をあげました!

〉 ・A Stranger at Green Know(OBW2)
〉 ・The Hound of the Baskervilles(OBW4)

この辺、メモメモさせていただきました〜。
The Hound of the Baskervillesで、
〉   今まで、訳本で読んだこともあるし、ドラマも見ているのだけど、
〉   いまいち事件の前後関係がよくわからなかった。
〉   今回読んで、なんだかすっきりした感じ。

って、すごいですねー。日本語でよくわからなくて、英語でわかったってこと
ですよねー。このことについて、あとでまた・・・(Deltoraのところで。)

〉 ・We Didn't Mean to Go to Sea(OBW4)
〉   アーサー・ランサムの一連のシリーズの一つ。
〉   これを見つけたとき「へーえ、GRにランサムもあるんだ!」と変に感動。
〉   ものすごくおもしろかったです。 

名古屋のAMINOさんがランサムファンでいらっしゃって、私はある時オフ会に
この本を持って行き、その中に出てくる警報か何かの音(確かEueueueueueu・・・みたいな。)を
AMINOさんに実演してもらっちゃいましたー。AMINOさん、その節はどーもでしたー。

〉  ・Animorphs#1〜4        4冊 
〉    (現在6冊目)皆さんが書いていらっしゃるように、もうやめられない!     彼等はいったいど〉うなってしまうのでしょう・・・!
〉     完全にはまってしまいました。54冊あるんですよねえ。読めるかな?

最近掲示板への登場回数が多いですよねー。すんごく気になるけど・・・気になるんだけど・・・
何だか本当にはまったら抜けられなさそうで・・・どーしよー・・・

〉  ・Nate the Greate 11冊
〉     楽しいシリーズをご紹介してくださってありがとうございます。
〉     お気に入りのシリーズになりました。やっぱりロザムンドとその猫が魅力的です。
〉     猫好きの方、犬好きの方、両方にお勧め!

これ11冊でコンプリートですか?あ、まだ続くということもあるか。
私、今最初の一巻だけ持っています。後は何人かの方に、その中のお気に入りを
うかがって、抜粋で買おうかともくろんでいたんですが、寝太郎さんに「全部いい、選べない」
みたいに言われ、もう抜粋計画は頓挫です。
プリンさんも、選べないですかー?選んでもらえるとありがたいなー。(いえ、ダメでもいいですー。)

〉   (Elmerシリーズ)         
〉     子供が5歳のころに読んでいたお話を、今お母さんが原作で。おもしろかった!

いいっすねー。
                   
〉  ・Magic School Bus  2冊
〉  ・Maximum Boy 1冊 

この辺も今回ウェイティングリスト内の順位を上げました・・・

〉  ・Deltola Questシリーズ      4冊 
〉    1冊目がすごく展開が早くて、ドキドキしながら読みました。
〉    現在4冊読んだところで、5冊目以降借りられてしまっていて読めない!
〉    Questの旅はどうなるのでしょう。7、8巻目がおもしろいということで、うーん早く読みたい!

ああっ!第1巻がドキドキだったんですかー。わたし、馴染めるかどうかと思って、
1巻は日本語で読んじゃった!で、いまいちだと思って・・・2巻を読むまでに間があいてしまった。
英語で読んだ2巻はおもろかったー。最初から英語にするべきだった。失敗したー。
これも全巻そろえることになるのかなー。

何だか、ちょっとずつ、英語がもとの本は日本語より英語での方が分かりやすい、なんてことが
たまにあるようになって、それってなんだか嬉しいです♪

絵本からはこの作家さんに反応〜♪

〉Marcia Brown 
〉・The Three Billy Goats Gruff
〉・CINDERELLA

最近この作家さんの“Shadow”という絵本を読みました。とっても気に入りました。
子どもより大人向けかもしれません。いや、案外子どもこそが魅入られたりするのかな?
書評あります。(自分で内容を書く自信がない・・・)
読んでみてください(書評をです。あ、できれば本も)。
The Three Billy Goats Gruffの作家さんと同じとは思えない〜。
これから続けて図書館で借りてみたいと思っています。

うーん、チョキチョキしてしまった中にも、まだまだたくさん反応したいのがあったなー。

〉 ☆現在、約230万語。
〉 200万語を超えてからPBというものを読みました。
 
〉Girl With A Pearl Earringです。
〉 フェルメールの絵を題材にモデルになった
〉 1人の少女に思いを馳せて書かれた小説です。

おお、芸術的で(的、はいらない?)文芸的ですね!

〉 児童書を読むより楽だったような気もしますが、気のせいでしょうか。
〉 細かいところは読み違えもあったけど、まあ、気にしないことにして(大筋は間 違えてなかったので)
〉 こんなに分厚い英語の本を読めたのです。
〉 多読を始めるまでは思いもよらなかったことです(半信半疑)。

おおー。すごいっ。やりましたねー。

〉 フェルメールの画集を手元に置いて読むのがお勧めです。

すみません、わたしにはすっとはわかりませんが、素敵な時間が過ごせそうですねー。
洋書と画集・・・そしておいしいコーヒーとか、お酒とか・・・?極上の時間ですねー。

〉 ちょっと思ったことですが、
〉 1日で読みきれないような長いものを読むときに、1000語程度の短いものを隙間 の時間に読むと
〉 1日に1冊読みきったという満足感があってなんだかよかったような気がしました。
〉「わからない」と思っていた単語が偶然にも出てきて、意味がわかったりとかして。

なるほどー。具体的、建設的アドバイス、ありがとうございます。ポイントは手元の品揃えですかね。
 
〉ハリーポッターもそろそろと思っているのだけれども・・・。
〉読めるかなあ。

ハリポタは、どうだろ、長さで2〜3レベル上げられてしまっているんではないかな?
あと、魔法関係の言葉かな。その辺を気にせず読み飛ばしできれば
例えば20章あれば、同じシリーズの本を20冊連続で読む、みたいな感覚で読めると思いますよ。
プリンさんが上で書かれているように、短い本を間にはさんで、長期戦で読んでいかれると
いいんじゃないかなー。(わたしも1ヶ月とかかかったー。)

〉 とにかく、
〉 3周目も楽しく読みたいと思います!
〉 ちょっと書き方がまずくって読みにくくなってしまいました。
〉 長文にお付き合いくださった方、ありがとうございました。

ご報告ありがとうございました!どうぞ楽しい3周目を!!!
 
〉では、皆さん、はっぴー・りぃーでぃんぐ!

プリンさんにも、はっぴー・りぃーでぃんぐ!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.