おめでとう1周年(^O^)v

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13556 // 時刻: 2022/8/18(16:22)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[喜] 1718. おめでとう1周年(^O^)v

お名前: けん
投稿日: 2004/5/3(18:41)

------------------------------

ぽんたさんおめでとう。
すごいですね〜、一周年で480万語近くとは。私の場合は、たしか340万語くらいだったと思います。

いつのまにそんなに読んでたの?
それに冊数もすごい、815冊とは!!私は1年半くらいの現在でも600冊ぐらいです。

〉最初の10万語までに1ヶ月くらいかかったので

はぁ、出だしはちょっと私と違ったようですね。私の場合は10日で10万語ぐらい読んでました。
なんだか昔(と言ってもわずか1年前くらい前のことですけど)の方が沢山読めていたように思います。

〉癒しをもとめてレベル0から読み直すことにしました
〉これが大失敗でこの100万語は大停滞でした
〉とにかく面白くない。何を読んでも面白くない。 吐きそうでした

すごいね〜。それだけ没頭していたということでね。
激動の多読か、もしかして慟哭の多読かっていう感じか、はたまた感涙の多読っていうことかなぁ。

〉そんなに嫌なら読まなきゃいいのですが
〉読まない日が何日か続くと再開した時すごく読みにくかったことがあったので
〉読まない日をつくるのが怖かったというのもあったし
〉いつか前みたいにじーんとする読後の満足感が戻ってくるはずだと信じて
〉手当たり次第読みました

やっぱりすごい情熱家なんだなぽんちゃんて。

〉じたばたやってましたが200万語手前でPGRやCERのレベル3を読んだら
〉楽しく読めました 恐る恐るOBW3も読んでみたらこっちも読めました
〉やっと抜けたと思いました

よかたですね。私はこんなに劇的なことはなかったなぁ〜。チョ、残念。

〉今から考えると面白くなかったのは面白くない本を読んでいたから
〉というのも理由の1つだったかな 

そうそう。面白ければページを繰るのも語数の増えるのも気にならずに、中身で読み進んでいきますものね。
そんな時が一番いいですね。

〉DahlやWilsonの本を机の脇に積んで力尽きるまで読んでみるとかもやりました
〉意味はないんですがなんかやってみたかったので・・・  

やっぱ、これは普通じゃないよぅ。すごすぎ。ぽんたさんて、お茶目なんかしらん?

〉ライティングのためには易しい本をたくさん読んだらいいと
〉いうことを小耳にはさみ下心みえみえで

下心見え見えって面白いですね。私なんか多読そのものが英語を使えるようになりたいということで、下心どころか、オモテごころです、はい(^^;

〉そうそう年末までに100万語その後ハリポタ読むんだった
〉お正月に読みました 320万語時点で 
〉3倍かかっちゃったけどちゃんとお正月に読めたからまぁいいことにしとこ
〉理解度はむっちゃわかるページと大枠しかわかんないページが
〉交互にやってきたという感じでした 映画はみてたのですが
〉すっかり忘れてました
〉#2は#1ほど気合がはいってなかったのでだーらだら読みました
〉なかなか進まないので他の本やら絵本やらも並行して読んでたら
〉読み終わるまでに他の本46冊も読んでました

ははは。執念ですね。でも私もよくやってます。
同時並行読みとは恥ずかしくて言えないくらい、少ししか進まないんですよね。

〉で、ちょうど1周年の日には軽く読めそうなものを読みたいと思い
〉Sheldonの“The Sky is Falling”を読んでいました
〉ざっくざくいってしまいました スリリングでした

そうか、ざっくざっくもすごいな。私は430万語時点で10日間かかっていました。でも理解は半分だったかな。

〉あーでも1年でほんとに一般PB読めるようになるんだねー しみじみ

そうですね。1年間で子ども向けのダールとかが、楽しく読めるようになるんだから、すごいことですよね。
少なくとも私には充分だったし、もっと早く多読のことを知っていればよかったとつくづく思います。だから、つい人に勧めちゃうんですよね。

ではでは。これからも Happy Reading を、共に!

(私も近いうちに近況報告しなくっちゃ)


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.