1周年です(^O^)v (長文です)

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13554 // 時刻: 2022/7/2(01:09)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[報告] 1698. 1周年です(^O^)v (長文です)

お名前: ぽんた
投稿日: 2004/5/2(03:59)

------------------------------

去年の4月29日にスタートして
すっごく中途半端なんですが現在479万語です
きりのいい数字で報告したかったんですが
400万語通過の時点でとうてい無理だと思ったので
がんばりませんでした(^^;)
冊数は絵本やORTも含むので全部で815冊
以下1年間振り返ってみたいと思います

★☆多読を始める前☆★

ずい分昔に海外旅行に行ってやっぱり英会話できなきゃ!と思い立ち
英会話教室、TOEICなどなど、いろいろ取り組んでみたものの長続きせず
大体、中2レベルのどこかで常に挫折してしまう私です
手っ取り早くマスターできる手はないかなって
いろんなものを試してみるが続かないという
よくあるパターンですね ははは情けない
雑誌で酒井先生の多読の連載を見た時も
「1年で100万語読んだら簡単なペーパーバックが読めますよ」
というキャッチコピーにくらくらくらーっときてしまいました
でもその連載の多読のやり方などの記事を読んだあとページをめくると
「じゃあ次に載ってる物語を読んでください」とあって
載っていたのが“Marcel and the Mona Lisa”
(200語レベル総語数1000語)でした
それを見たとたん、長いな嫌だなやめとこって思い
別の特集読み始めました
でも縁があったんでしょうね
なんか無性に気になってやっぱり戻って読んじゃいました
わかんない単語は殆んどなくて最後まで読めたので
すごくうれしかったです でも1000語は長くて
3度くらい終わりのページがどこかを確かめました

★☆0〜100万語☆★

最初の10万語までに1ヶ月くらいかかったので
単純に10をかけたら100万語だから2月の終わりくらいまでに100万語読めるかな
でもきりのいいとこでちょっとがんばって年末までに100万語読もう!
8ヶ月かぁ 読めるかなという感じ
そうそう100万語読んだらペーパーバック読めるようになるってあったから
100万語読んだらだいぶ前に買ったハリポタ#1を読んでみよう
これが最初の目標設定だったのですが
80万語あたりでOBW3の壁にぶつかってしまいました
何冊か読んだのですがそれまでのように読み終わった後の
じーんとわきおこってくる満足感がなく
面白いものもあったのですが読み終わった後疲れたなーという感じがありました
このレベルで頭打ちになって読む本がなくなっちゃうんじゃないかな
ここまできて挫折するのかなとすごく不安になりました
そのあとGRがだめならと児童書を読もうと“Magic Tree House”を開いたものの
わからない単語がてんこもりで泣けてきました
でも書評やレビューでわかんない単語が多くて驚きますとか
10冊読んだら慣れるというコメントがあったので
多くの先輩方も初児童書でMTHに出会いわかんない単語にめんくらったんだなと
気を取り直して読み続けたら#6くらいで愛着がわいてきてそのあと
#24まで一気に読んでしまいました
これで気をよくしてまたOBW3に戻ったんですがまたはね返され
仕方がないのであきらめてその後はまった“Nancy Drew Notebooks”で
ひとまず100万語通過しました
当初の予定よりずい分早く7月半ばに通過したもののOBW3でけつまづいたので
ハリポタ読もうという気は失せていました

★☆100万語〜200万語☆★

100万語報告の時にこのつまづきも報告したところ「OBW3はリトールドものも多く
読みにくいからペンギンやマクミランのレベル3や4を読んだら」とアドバイスを
いただきました
でもここでほかのGRのレベル3が読めなかったらもうお先真っ暗という気持ち
が強くあったのと、かなりハイペースで読んでいたので読み疲れもあったのとで
癒しをもとめてレベル0から読み直すことにしました
これが大失敗でこの100万語は大停滞でした
とにかく面白くない。何を読んでも面白くない。 吐きそうでした
そんなに嫌なら読まなきゃいいのですが
読まない日が何日か続くと再開した時すごく読みにくかったことがあったので
読まない日をつくるのが怖かったというのもあったし
いつか前みたいにじーんとする読後の満足感が戻ってくるはずだと信じて
手当たり次第読みました
じたばたやってましたが200万語手前でPGRやCERのレベル3を読んだら
楽しく読めました 恐る恐るOBW3も読んでみたらこっちも読めました
やっと抜けたと思いました
今から考えると面白くなかったのは面白くない本を読んでいたから
というのも理由の1つだったかな 
パニックってると本のチョイスにも失敗するみたい 
70日313冊。長かったような短かったような

★☆200万語〜300万語☆★

ずっとGR中心に読んでいたので無性に児童書が読みたくなりました
書評や通過報告の中の紹介本などを参考に読みました
DahlやWilsonの本を机の脇に積んで力尽きるまで読んでみるとかもやりました
意味はないんですがなんかやってみたかったので・・・  
200万語を通過して壁を越えた後に心理的な変化がありました
以前はいつか読めないレベルにあたって先に進めなくなるかもしれない
という不安がいつもあったのですがそれが消え
もうなんでも読めちゃうかも〜♪
というお気楽思考に変わってました(ただのお調子もん?)
だから少々読みにくかろうが読めないはずはないという気持ちの方が
強く無理やり読んでしまいました 読んだらこっちのもんさ
すごく楽しい100万語でした

★☆300万語〜400万語☆★

もうなんでも読んでやるーと思ったのですが
ライティングのためには易しい本をたくさん読んだらいいと
いうことを小耳にはさみ下心みえみえで
ICR0を立て続けに15冊ほど読んでみました。その後
レベル3の児童書を読んだら、すごく読みにくくなっててショック
読むリズムが狂ったみたいで元のペースに戻るまで
児童書15冊くらい辛かったです
まだまだ自由に読める境地には達してないみたいです
レベル0,1は続けて読むことはしないようにしました
300万語を通過した時12月にはいってました
そこで始めた頃の目標を思い出しました
そうそう年末までに100万語その後ハリポタ読むんだった
お正月に読みました 320万語時点で 
3倍かかっちゃったけどちゃんとお正月に読めたからまぁいいことにしとこ
理解度はむっちゃわかるページと大枠しかわかんないページが
交互にやってきたという感じでした 映画はみてたのですが
すっかり忘れてました
#2は#1ほど気合がはいってなかったのでだーらだら読みました
なかなか進まないので他の本やら絵本やらも並行して読んでたら
読み終わるまでに他の本46冊も読んでました
#3はまだ寝かしときます
300万語のあたりで児童書中心に読んでいた時たまにGRを読んでみたら
お話がすごく薄い感じがしてあまり面白くなくなってたので
もうGRは卒業かな、まだこんなにいろんな本があるのに残念
と思ったのですがハリポタ読んだあと
大人が主人公の本も読みたいなでも一般PBはまだ無理かな
という感じだったので上の方のレベルのGRを読んでみたら
結構面白くてその後またGRも読み始めました
(現在PB、児童書、絵本の合間にGRのレベル2から6をランダムにはさんで
読んでいます 時間がなくて分厚いPBや児童書を読み始めても
途中で何回も中断するだろうなと思われる時で、でもなんか読みたいな
というときに状況にあわせて選んでます 気楽に読み終われるし
意外とヒットもあったりして私はまだしばらく読むだろうな)

★☆400万語〜☆★

あと1周年までに50日くらい
そこで今度は「1年で易しいPBが読めるようになります」のキャッチコピーが
頭の中でむくむくと大きくなってきました
PBの広場で読みやすいPBの情報も仕入れ地元の図書館やブッククラブ
にない本はamazonで注文して4月中旬まで初PBをどれにしようか迷いまくりました
とりあえず一気に読めるくらいの短めの本が途中挫折しにくいだろうということで
Robert B. Parkerの“FAMILY HONOR”を読みました
出だしが結構スリリングだったのでそのままいっちゃうかと思ったら
真ん中あたりで結構ほのぼのやってたので
おいっそんなことしててだいじょーぶなのか?!とつっこみながら・・・
ラストは予測はついたのですが事件自体をどう作者が
終わらせるんだろうと考えながら読んでたら読み終えてました
その後Nicholas Sparksの“The Notebook”を読んでみました
これは読みやすかったです GRの感覚で読めました
ただ後半部分、身近に同じ状況の人がいたので読んでて辛かったです
次にLinda Howardの“Mackenzie's Mountain”
前半を読んでてこれって18禁?と思って驚いたのですが
後半ぐっと雰囲気がかわりました 犯人は割りと早い時期にわかっちゃったけど
おもしろかったです
で、ちょうど1周年の日には軽く読めそうなものを読みたいと思い
Sheldonの“The Sky is Falling”を読んでいました
ざっくざくいってしまいました スリリングでした
PBの広場で本の情報を教えてくださったsumisumiさん、あずきさん、K子さん
はらぺこあおむしさん、sakigoroさん、MOMA親爺さん、チビママさん、
じゅんさん、みちるさん、Julieさん(順不同)ありがとうございました
これから少しずつ読んでいって気に入った作家を見つけて追っかけていこうかな
と思います
あーでも1年でほんとに一般PB読めるようになるんだねー しみじみ


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.