120万語通過しました

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13556 // 時刻: 2022/8/14(05:30)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[報告] 1691. 120万語通過しました

お名前: ありあけファン
投稿日: 2004/5/1(00:27)

------------------------------

こんにちは ありあけファンです
120万語通過しました

通過本は,『Little House on the Prairie』でした.
Little House シリーズは,400冊通過記念の超キリン読み
で,『Little House in the Big Woods』を読んだのを機に,
すっかりお気に入りのシリーズになってしまいました.
2作目の上記通過本は150万語通過本にしようと決めて
いたのですが,待ちきれなくなって読んでしまいました.
このシリーズを読んでいるとなぜか,癒されるのですね.
続きも是非,読んでみようと思います.

100万語通過以降に読んだ本(再読を除く)を集計すると
次の通りです.

      GR 児童書等
レベル0   0  1
レベル1   0  7
レベル2   3  2
レベル3   1  1
レベル4   0  4

読んだ中で,感動した本は(今回は特に多いのですが)以下の通りです.

CRG2 『Curious George Flies a Kite』
 小さい頃,日本語版「おさるのジョージ」で同じお話を読んだことがあり,その時の感覚が戻ってきました.

PGR2 『White Fang』
 どこか『荒野の呼び声』に似たような感じがしますが,こちらは全く逆に...意外な展開に!

OBW2 『The Year of Sharing』
 「非常に変わった雰囲気の未来小説」という書評通り,ちょっと意表を突く設定.

FHS(Full House Sisters) #1『Two on the Town』
 Michelle と Stephanie,交互に二人の立場になりきって一気に読んでしまいました.「今だったら携帯電話」などと余計なことを考えたりせずに読んでしまえるのがこの作品のすごいところ.

LHS 『Little House in the Big Woods』
LHS 『Little House on the Prairie』
 この2作は,すでにお話ししたとおり,一番感動した名作です!

引き続き,買い置きしている前から読んでみたかった児童書を中心に,楽しく多読を続けていきたいと思います.
今後もよろしくお願いします.

HAPPY READING!


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.