Re: 200万語通過しました、PIKACHU!(長文です)

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13553 // 時刻: 2022/5/29(04:23)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1627. Re: 200万語通過しました、PIKACHU!(長文です)

お名前: ヨシオ
投稿日: 2004/4/27(23:49)

------------------------------

fiddleさん、200万語通過、おめでとうございます。ヨシオです。

〉みなさん、こんにちは、fiddleです。

おめでとう!

〉脳内音読しているつもりが、知らず知らずのうちに声が出ていたようなのです。
〉まずい……
〉今まで電車の中で読んでいるときにぶつぶつ言っていて、周りから怪しいおばさんと見られ
〉ていたのではないかと、ひじょーに心配になってきました。

ははは。大丈夫ですよ。笑いを堪えながら読むことだってあるでしょ。でも、何も読んでいなくてブツブツ言っていたら、ちょっと…。でも、気にしない、気にしない(笑)。

〉 ところで、4月23日(金)に標題どおり、POKEMONで200万語を越えましたので、今
〉日はそのご報告です。

ありがとうございます。

〉 ブッククラブに入ったからには、レベル0〜2の本をたくさん読まなくちゃ!というコ
〉ンダラをしょってみたり、amazonでつい調子に乗ってレベルの高い本を買いすぎて、まだ
〉読めなーいと泣いてみたり(また東京ブックフェアで買ってしまいました…)、まあそれな
〉りに苦しいところはありましたが、レベル3あたりまでなら、「気軽に」手に取って、読ん
〉でみようかなと考える余裕ができたようなので、少しずつは進歩しているのかな、と思うこ
〉とにしています。

よかったですね。ブッククラブ、うらやましいです。

〉 ただ、3月後半から家族の関係で生活のサイクルがちょっと変わって、さらに4月からは
〉睡眠時間が減ったため(平均4・5時間だと、私にはちょっとつらい)まだ読書のペースが
〉つかめないでいます。これがいわゆる停滞?もう少ししたら体が慣れることを期待しつつ。

4.5時間では私は絶対にダウンかも。大変ですね、気おつけてください。

〉■聴くこと
〉普段家にいるときは、なかなか聴くほうに時間を回せないので、一人で車に乗っているとき
〉にはなるべく聴くようにしています。よく聴いているのは、

〉Sean Beanの"King Arthur and the Knights of the Round Table"と、
〉Kenneth Branagh の"The Magician's Nephew "
〉(ミーハーリスニングです)。

Narniaを聞いているんですか(賛嘆)?わたしは、Silver Chairを買ったままで、積読です。聞くことはMagic Tree Houseを引き続き聞いています。いつになったらレベルがあがることやら(嘆息)。

〉◇The Secrets of Droon------------------7
〉 地下室の扉を開けると、そこには下の世界へ降りていく階段があって、というお話なので
〉すが、その階段、空中へ下りていくんですよ。私には怖くてとても下りられません。

ちょっと興味があります。

〉◇Deltora Quest--------------------------6
〉 シリーズ読了!!語彙はずいぶん難しいのですが、この100万語でいちばん楽しめた本
〉です。
〉 8巻の最後の最後まで、どんでん返しがありますから、読み始めた人は途中で投げずに最
〉後まで読んでくださいね。内容は、ねたばれになるのでお話できませんが、「君は友のため
〉に何を捨てることができるか!」という物語、といえましょう。

これも、興味あり。でも、表紙が…。

〉◇Baby/Patricia MacLachlan
〉 12歳のLarkinは、祖母、両親とともに島に住んでいます。夏の間は観光客でにぎわう島
〉ですが、夏の終わりの最後のフェリーとともに、島は静かな季節を迎えます。最後のフェリー
〉が発った後、Larkinの家の前には籠に入れられた赤ちゃんが残されました。必ず迎えにくる、
〉という置手紙が添えられて。
〉 大きな悲しみ、深い喪失感を、人はどうやって癒していくのか、というテーマの物語。子
〉ども向けの話で簡単な英語で書かれていますが、大人が読んでも充分鑑賞に耐える作品です。

これ、メモメモです。いま、ひまぞさんが回覧に出されたMacLachlanの2冊の本を読んでいます。舞台になっている自然がいいですね。この本も買ってみようかな?

〉◇The House At Pooh Corner/A. A. Milne
〉 ほとんどの登場人物たちがああでもないこうでもないむにゃむにゃという性格なので、邦
〉訳を愛読していなかったら読み通せなかっただろうなと、思います。でも楽しい。

よんでみたいが、可愛い顔して難しいんでしょうね。Paddingtonもそういえば、ちょっと難しかったな。

〉■次の100万語の抱負

〉 そろそろハリー・ポッターか、簡単なPBに挑戦したいなと思いつつ、どうなることやら。
〉基本はレベル4中心で行きたいと思います。
〉長々と駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
〉次の100万語もよろしくお願い致します。

きっとハリポタ、読めますよ。「読みたかったらきっと読める!」

〉Happy Reading!!

それでは、3周目も、Happy Reading!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.