ブレグジットとバックストップ

[掲示板: 100万語超 報告・交流 -- 最新メッセージID: 13548 // 時刻: 2021/9/18(21:55)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

13491. ブレグジットとバックストップ

お名前: wkempff
投稿日: 2019/1/16(22:47)

------------------------------

日本時間では本日、英国下院で、ブレグジットが否決されました。

それでは英国はEUにとどまるか、というと、事態はそう単純ではなく、内閣の去就とともに、今後誰もわからない、最悪は、何の合意もなしに英国がEUから追い出されるハードブレグジットもあり得る、という、混乱状況のようです。

この最大の争点は、バックストップ、です。
耳慣れない言葉ですが、アイルランドと(英国の一部である)北アイルランドの間の国境問題です。北アイルランド紛争の経緯から、英国もEUも、本質的にはアイルランとと北アイルランドの間にハードな国境を設けることは望んでいません。

しかし、英国とEUの経済圏を独立にしようとすると、経済的境界を北アイルランドとグレートブリテン島の間に置くことになり、英連邦から北アイルランドの独立につながりかねません。一方、アイルランドと北アイルランドの間の物や人の往来を自由にすると、結局英国はEUと同じ経済圏にとどまることになり、ブレグジットは実質的に骨抜きになります。

離脱派は解のない難問を抱えているように見えますが、いまさら離脱しないということができるのか、よくわかりませんね。

北アイルランド問題は過去のものでなく、現在の英国でも最大の政治問題なのです。
Milkmanの描く世界は決して過去のものではない、ということでしょう。

Milkmanをご紹介した直後、タイムリーなので、一言コメントを追加させていただきました。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.