スペイン語340万語通過おめでとうございます!

[掲示板: 英語以外で多読を楽しむ掲示板 -- 最新メッセージID: 3292 // 時刻: 2021/9/17(21:28)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3252. スペイン語340万語通過おめでとうございます!

お名前: ミッシェル
投稿日: 2018/6/20(19:10)

------------------------------

柊さん、御機嫌よう。ミッシェルです。
すいません、返信し損ねた回はスルーして、こちらに。

〉クラシックを聞いてちょっと優雅な気分の柊です。

いいですね。ではとりあえず、ご一緒にteaでも。

〉スペイン語で340万語を通過しました。あと、初めて、スペイン語が原作の本を読みました。

これまた、いつものように速いですね。

〉以前、Jostein GaarderのEl misterio de Navidadを読んだ時に、別の言語で読んだことのない本をスペイン語で初めて読む、というのはやりました。結果、オチが今イチわからずに英語版を買って確かめたのですが(わからないはずで、結構ややこしかったです)。

ミステリオということは、ミステリーですかね?
Navidadという感じからは、クリスマスを連想します…。

〉今回読んだのはCataina la Grande : emperatirz de todas las Rusiasという本で、ロシアのエカテリーナ2世の小説です。Best Sellerと書いてありますが、この本自体がなのか、このNovela Históricaというレーベルがなのかはわかりません。

英語のペーパーバックだったら、作者が、でしょうね。

〉そんなこんなするうちに、スペイン語の朗読も段々意味のとれるフレーズが出てきて、ながら聞きできなくなってきました。スペイン語の歌も、わかるフレーズが増えてきました。音読も、気が向いた時にちょっとやっています。

わかるようになると、ながら聴きが出来なくなる、というの、すごく同感です。
英語の話ですけど、ずーっとBBCラジオでニュースを聞き流していて、5年くらいやっているのでだいたい主題は聞き取れて、悲惨だったり残酷だったりすると今やっていることに集中出来なくなってしまいます。

音読もされてるのは良いですね。楽しいですか?

〉フランス語の方ですが、語数を数えるのをやめようと思ってからの語数が100万語を突破しました(なんだそりゃ)。こちらは、カードキャプターさくらの新シリーズが始まったのと、多重人格探偵サイコが最終巻まで来た以外、特に目新しいものは読んでいません。カードキャプターさくらの新シリーズはフランス語でしか読んでいないのと、まだ謎が多いので、今イチピンとこないところが多いです。ただ、旧シリーズを読み返すと、わかるところが増えていました。

新シリーズが始まるほど、人気があるんですね!

〉サイコは、英語版とスペイン語版は元特攻隊員のおじいさんがアメリカ大使と刺しちがえる巻(完璧に特攻状態)から翻訳がないのですが、フランス語版は最後まで行きましたね。こちらは日本語でも読んでいたので、よくわからない最後だなあと思いつつ、それはフランス語力の問題でないのはわかっています。

オチのないところがフランス人向きなのか?

〉悲しいのは、ハベクですね。L'Epouse du dieu de l'eauがフランス語16巻、英語17巻で翻訳が止まった上に、何かあったのか、既刊分も絶版になってしまいました。やっぱり、韓国語を勉強して原書を読むしかないのか……。

何があったんでしょう…。
じゃ、韓国語で。

〉あとはA Certain Magical Indexのマンガ版がフランス語でどんどん出るので、そして日本語ではマンガには手をつけていないので、あれをさっさと読んでしまいたいです。あ、Mon Histoireもチラッと見ただけのがたまっている。あと、ハトシェプストがマンガと小説で、ニトクリスが小説と伝記で待ってるし、結構色々ため込んでますね。マリー・アントワネットの娘のマリー・テレーズ(モスリン)も二冊か三冊あったし、モーツァルトの「悪妻」のコンスタンツェも二冊あるし、Kindleの中なんて積ん読本が崩れないのをいいことにため邦題だし……(容量が結構危ない)。

溜まりますねぇ。
ま、読んだからといって手放すわけでもないので、読むと読まざるとに関わらないのですが。ミッシェルの場合。

〉次は、とりあえず積ん読本を消化したい、と書くと、別の方向に全速力で走っていくくせがあるんですよねえ。

そんな自由な柊さんが好きです。
ぜひ韓国語へ突っ走ってください(そうなのか?)

ではまた。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3254. Re: ミッシェルさん、ありがとうございます!

お名前: 柊
投稿日: 2018/6/22(10:38)

------------------------------

"ミッシェル"さんは[url:kb:3252]で書きました:
〉柊さん、御機嫌よう。ミッシェルです。
〉すいません、返信し損ねた回はスルーして、こちらに。

ミッシェルさん、ご機嫌よう。どんどんスルーして下さい。私は暇ですが、お忙しいでしょうし。

〉〉クラシックを聞いてちょっと優雅な気分の柊です。

〉いいですね。ではとりあえず、ご一緒にteaでも。

いいですね!

〉〉スペイン語で340万語を通過しました。あと、初めて、スペイン語が原作の本を読みました。

〉これまた、いつものように速いですね。

スペイン語はまだお気に入りの作家を見つけていないので、なかなか「これが読みたい!」がないんですよね。フランス語だったらデュマとかデュラスとかルパンとかヴェルヌとか読むところですが。

〉〉以前、Jostein GaarderのEl misterio de Navidadを読んだ時に、別の言語で読んだことのない本をスペイン語で初めて読む、というのはやりました。結果、オチが今イチわからずに英語版を買って確かめたのですが(わからないはずで、結構ややこしかったです)。

〉ミステリオということは、ミステリーですかね?
〉Navidadという感じからは、クリスマスを連想します…。

クリスマスの日に向けて起きる、謎が謎を呼ぶミステリーです。クリスマスのカウントダウン用のアドヴェント・カレンダーが主題なので、そういう風に一日一章読み聞かせるのが正しいのかもしれない、児童書です。

〉〉今回読んだのはCataina la Grande : emperatirz de todas las Rusiasという本で、ロシアのエカテリーナ2世の小説です。Best Sellerと書いてありますが、この本自体がなのか、このNovela Históricaというレーベルがなのかはわかりません。

〉英語のペーパーバックだったら、作者が、でしょうね。

ただ、この小説がここまで売れるのかなあという謎があってですね。なんというか、私は好きだけど、マニアックな気がして。前作が売れたのかなあ?

〉〉そんなこんなするうちに、スペイン語の朗読も段々意味のとれるフレーズが出てきて、ながら聞きできなくなってきました。スペイン語の歌も、わかるフレーズが増えてきました。音読も、気が向いた時にちょっとやっています。

〉わかるようになると、ながら聴きが出来なくなる、というの、すごく同感です。
〉英語の話ですけど、ずーっとBBCラジオでニュースを聞き流していて、5年くらいやっているのでだいたい主題は聞き取れて、悲惨だったり残酷だったりすると今やっていることに集中出来なくなってしまいます。

主題が大体聞き取れる時点で、私は集中できなくなりますね。

〉音読もされてるのは良いですね。楽しいですか?

楽しいですよ。今フランス語で「遅かりしシャーロック・ホームズ」のGRをやっています。正確にはエルロック・ショルメスですが。とにかく、ルパンとホームズ、じゃなくてショルメスの初対面のシーンとか、楽しくって仕方ありません。

〉〉フランス語の方ですが、語数を数えるのをやめようと思ってからの語数が100万語を突破しました(なんだそりゃ)。こちらは、カードキャプターさくらの新シリーズが始まったのと、多重人格探偵サイコが最終巻まで来た以外、特に目新しいものは読んでいません。カードキャプターさくらの新シリーズはフランス語でしか読んでいないのと、まだ謎が多いので、今イチピンとこないところが多いです。ただ、旧シリーズを読み返すと、わかるところが増えていました。

〉新シリーズが始まるほど、人気があるんですね!

そうみたいです。新装版が出たりもしていますし。

〉〉サイコは、英語版とスペイン語版は元特攻隊員のおじいさんがアメリカ大使と刺しちがえる巻(完璧に特攻状態)から翻訳がないのですが、フランス語版は最後まで行きましたね。こちらは日本語でも読んでいたので、よくわからない最後だなあと思いつつ、それはフランス語力の問題でないのはわかっています。

〉オチのないところがフランス人向きなのか?

どうなんでしょうね。フランスでそんなに受けたのかな? これまた、私は好きだけど、どうなんだろう?と思ってしまうシリーズで。

〉〉悲しいのは、ハベクですね。L'Epouse du dieu de l'eauがフランス語16巻、英語17巻で翻訳が止まった上に、何かあったのか、既刊分も絶版になってしまいました。やっぱり、韓国語を勉強して原書を読むしかないのか……。

〉何があったんでしょう…。
〉じゃ、韓国語で。

買ってはあるので、そしてマンガなので、ちらっとは見たのですが、「あ、あの人死んじゃった」ということだけわかってショックです。

〉〉あとはA Certain Magical Indexのマンガ版がフランス語でどんどん出るので、そして日本語ではマンガには手をつけていないので、あれをさっさと読んでしまいたいです。あ、Mon Histoireもチラッと見ただけのがたまっている。あと、ハトシェプストがマンガと小説で、ニトクリスが小説と伝記で待ってるし、結構色々ため込んでますね。マリー・アントワネットの娘のマリー・テレーズ(モスリン)も二冊か三冊あったし、モーツァルトの「悪妻」のコンスタンツェも二冊あるし、Kindleの中なんて積ん読本が崩れないのをいいことにため邦題だし……(容量が結構危ない)。

〉溜まりますねぇ。
〉ま、読んだからといって手放すわけでもないので、読むと読まざるとに関わらないのですが。ミッシェルの場合。

一旦手放すと面倒ですよね。マニアックな趣味のものだと、手に入りにくいし、絶版になると値段が高くなるし、それでいて売るときは安い値段でしか引き取ってくれないし。

〉〉次は、とりあえず積ん読本を消化したい、と書くと、別の方向に全速力で走っていくくせがあるんですよねえ。

〉そんな自由な柊さんが好きです。
〉ぜひ韓国語へ突っ走ってください(そうなのか?)

あ、その手があったか。

〉ではまた。

ではでは〜。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.