中国語・露語開始おめでとうございます!

[掲示板: 英語以外で多読を楽しむ掲示板 -- 最新メッセージID: 3292 // 時刻: 2021/9/29(11:14)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3224. 中国語・露語開始おめでとうございます!

お名前: ミッシェル
投稿日: 2018/3/20(10:33)

------------------------------

柊さん、お久しぶりです。ミッシェルです。
一ヶ月経ってのresですいません。

〉色々手を出しすぎている柊です。今の状態は言語の雑貨店? 百貨店の方が聞こえが良い? などなど考えています。ドイツ語はやめたけど、フランス語とスペイン語は続けているし、タイトルの通り、中国語とロシア語を始めました。

第二外国語としては、超メジャーと超マイナーのダブルスタートですね。
ミッシェルは大学でロシア語を選択していましたが(理系の教養教育の範囲)、もう本当に覚えてないです(いや、当時理解していたのかも疑問)。
出てくるのは、ズドラーストヴィーチェ、ハラショー、くらいかな。

〉フランス語の状況把握のため、結局また語数を数えています。が、全然増えない。それもそのはずで、去年の11月からずっと読んでいなくて、今月に入って少し読み始めたところです。その前もずいぶんと間隔が空いています。色々な言語をやっているのですが、どれも今イチ進まないなあ、疲れているのかなあと。

柊さんでも進まないことがあるのですね。ちょっとほっとしました。

〉言語以外でも疲れてしまい、全日制高校をやめて通信制に転校することにしました。このところ、平日の昼間なのに出現していたのはそういうわけです。良い学校なのですが、色々と小さな行き違いが意外と堪えていたのと、やっぱり、寮に入って24時間家族じゃない人と暮らすというのも疲れたのと、あと、私は寒さに弱いというのがあります。暗いところを歩くのは平気ですが(なので多分、肝試しも平気)、日が短くなる季節はどうも気分が沈むという習性もありまして、それらが重なった結果、こんな中途半端な時期に、4月からの努力が単位に反映されない形で転校となりました。

2月上旬に転校されたのかな。それは、寒い時期でしたね。
まあ、特に義務もないのですから、自由に動けばいいですよ。
寮生活ができたことを尊敬します。ミッシェルは集団行動が大の大の苦手なので、きっと一週間ともたないと思います。

〉昨年末から、北海道には例年にない寒波が入っていまして、その割りに例年より暖かい日があり、全体としては「平年並みの寒さ」なのですが、寒さが骨身にしみるという言葉がぴったりでした。私が転校しようと決めた途端に、世の中が春っぽくなってくるという、なんともタイミングの悪い……。

さらに一ヶ月経って、もっと春っぽくなりましたね。

〉まあともあれ、暇ができたので、中国語とロシア語をいっぺんに始めることにしました。今までの言語とは違う文字の言葉なので、ちょっと始め方がわからないのですが、とりあえず、ピンインとキリル文字に慣れれば良いのかな? 音にも慣れなきゃ、とやっております。どちらも読みたいものがあるので、やる気は充分です。

やる気、続いてますか(笑)?
二つの言語をいっぺんに始めるって聞いても、特に驚きませんが、進みはやっぱりそれぞれゆっくり目になりますよね。あるいは、どちらかがすごく気に入ってしまって、もう片方が置いてけぼりになるとか。
まあ、ミッシェルのフランス語とドイツ語はどちらも置いてけぼりですが。

〉ロシア語はちょっと聞いた感じ、音だけだと意外とフランス語と単語が近いのかもしれないという気がします。例によって本は沢山買い込みましたが、どの本が何の本か、キリル文字が読めないのでわからない。ドストエフスキーとブルガーコフとトルストイとナボコフとプーシキンがあったと思うのですが。

アルファベットとその発音は、覚えやすい気がします。
北欧の言語と似てますよね。物理的に近いから当然ですけど。
以前、フィンランドの空港で、フィンランド語のアルファベットをロシア語の読み方で読んだら、ちょっと理解できたりしました。

〉中国語はその点、どの本がどの本かは大体わかりますが、発音がさっぱりわからない。ピンインつきの、上流階級の子どもが買ってもらうんだろうなという本も買ってあるのですが、まだピンインが読めない。

〉まあ、ゆっくりやります。

また様子を聞かせてくださいね。
ではでは~!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3238. Re:ミッシェルさん、ありがとうございます!

お名前: 柊
投稿日: 2018/4/17(06:01)

------------------------------

"ミッシェル"さんは[url:kb:3224]で書きました:
〉柊さん、お久しぶりです。ミッシェルです。
〉一ヶ月経ってのresですいません。

そこからさらに1ヵ月経ってようやく気づきました。済みません。

〉〉色々手を出しすぎている柊です。今の状態は言語の雑貨店? 百貨店の方が聞こえが良い? などなど考えています。ドイツ語はやめたけど、フランス語とスペイン語は続けているし、タイトルの通り、中国語とロシア語を始めました。

〉第二外国語としては、超メジャーと超マイナーのダブルスタートですね。
〉ミッシェルは大学でロシア語を選択していましたが(理系の教養教育の範囲)、もう本当に覚えてないです(いや、当時理解していたのかも疑問)。
〉出てくるのは、ズドラーストヴィーチェ、ハラショー、くらいかな。

ハラショーはいいですよね。すぐに覚えました。すぐに覚えた単語に関しては、いいやつだと思っています。

〉〉フランス語の状況把握のため、結局また語数を数えています。が、全然増えない。それもそのはずで、去年の11月からずっと読んでいなくて、今月に入って少し読み始めたところです。その前もずいぶんと間隔が空いています。色々な言語をやっているのですが、どれも今イチ進まないなあ、疲れているのかなあと。

〉柊さんでも進まないことがあるのですね。ちょっとほっとしました。

猫科かも知れませんが、人間ですので、そういうこともあります。

〉〉言語以外でも疲れてしまい、全日制高校をやめて通信制に転校することにしました。このところ、平日の昼間なのに出現していたのはそういうわけです。良い学校なのですが、色々と小さな行き違いが意外と堪えていたのと、やっぱり、寮に入って24時間家族じゃない人と暮らすというのも疲れたのと、あと、私は寒さに弱いというのがあります。暗いところを歩くのは平気ですが(なので多分、肝試しも平気)、日が短くなる季節はどうも気分が沈むという習性もありまして、それらが重なった結果、こんな中途半端な時期に、4月からの努力が単位に反映されない形で転校となりました。

〉2月上旬に転校されたのかな。それは、寒い時期でしたね。
〉まあ、特に義務もないのですから、自由に動けばいいですよ。
〉寮生活ができたことを尊敬します。ミッシェルは集団行動が大の大の苦手なので、きっと一週間ともたないと思います。

部屋に籠もっていれば誰も来ないですしね。朝早くは誰もいませんしね。夜は勝手に早く寝てもいいですしね。悪くない環境ではありました。

〉〉昨年末から、北海道には例年にない寒波が入っていまして、その割りに例年より暖かい日があり、全体としては「平年並みの寒さ」なのですが、寒さが骨身にしみるという言葉がぴったりでした。私が転校しようと決めた途端に、世の中が春っぽくなってくるという、なんともタイミングの悪い……。

〉さらに一ヶ月経って、もっと春っぽくなりましたね。

さらに一ヵ月経って、春ですね。

〉〉まあともあれ、暇ができたので、中国語とロシア語をいっぺんに始めることにしました。今までの言語とは違う文字の言葉なので、ちょっと始め方がわからないのですが、とりあえず、ピンインとキリル文字に慣れれば良いのかな? 音にも慣れなきゃ、とやっております。どちらも読みたいものがあるので、やる気は充分です。

〉やる気、続いてますか(笑)?
〉二つの言語をいっぺんに始めるって聞いても、特に驚きませんが、進みはやっぱりそれぞれゆっくり目になりますよね。あるいは、どちらかがすごく気に入ってしまって、もう片方が置いてけぼりになるとか。
〉まあ、ミッシェルのフランス語とドイツ語はどちらも置いてけぼりですが。

続いてません。ドイツ語に関しては捨てましたが、フランス語とスペイン語を忘れそうな気がして、そちらに力を入れたら、始めたばかりの言語はどこかへ行ってしまいました。またそのうち始めます。

〉〉ロシア語はちょっと聞いた感じ、音だけだと意外とフランス語と単語が近いのかもしれないという気がします。例によって本は沢山買い込みましたが、どの本が何の本か、キリル文字が読めないのでわからない。ドストエフスキーとブルガーコフとトルストイとナボコフとプーシキンがあったと思うのですが。

〉アルファベットとその発音は、覚えやすい気がします。
〉北欧の言語と似てますよね。物理的に近いから当然ですけど。
〉以前、フィンランドの空港で、フィンランド語のアルファベットをロシア語の読み方で読んだら、ちょっと理解できたりしました。

フィンランドの空港? 行ってみたいですね。いやいや論点はそこではなかった。やっぱり、近いと言語は似るのでしょうね。

〉〉中国語はその点、どの本がどの本かは大体わかりますが、発音がさっぱりわからない。ピンインつきの、上流階級の子どもが買ってもらうんだろうなという本も買ってあるのですが、まだピンインが読めない。

〉〉まあ、ゆっくりやります。

〉また様子を聞かせてくださいね。
〉ではでは~!

思い出してやったら、また報告します。ではでは~♪


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.