Re: 杏樹さん、ありがとうございます

[掲示板: 英語以外で多読を楽しむ掲示板 -- 最新メッセージID: 3292 // 時刻: 2021/10/28(19:36)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3215. Re: 杏樹さん、ありがとうございます

お名前: 柊
投稿日: 2018/2/24(15:35)

------------------------------

"杏樹"さんは[url:kb:3212]で書きました:
〉柊さん、こんにちは。

杏樹さん、こんにちは。遅くなりました。すみません。

〉〉色々手を出しすぎている柊です。今の状態は言語の雑貨店? 百貨店の方が聞こえが良い? などなど考えています。ドイツ語はやめたけど、フランス語とスペイン語は続けているし、タイトルの通り、中国語とロシア語を始めました。

〉チャレンジャーですね。二ついっぺんに始めるとは。

チャレンジャーというか、無謀な気もしますが、始めてしまいました。

〉〉フランス語の状況把握のため、結局また語数を数えています。が、全然増えない。それもそのはずで、去年の11月からずっと読んでいなくて、今月に入って少し読み始めたところです。その前もずいぶんと間隔が空いています。色々な言語をやっているのですが、どれも今イチ進まないなあ、疲れているのかなあと。

〉いろいろやってたら進みませんよ~。私もフランス語が1年近く止まってましたし、中国語はずっと止まってます。中国語は翻訳の通信教育と月2回のプライベートレッスンをしているので、なにかしら触れてはいるのですが。

私の場合、何も縛りがないので、止まっても支障がないですし。

〉〉言語以外でも疲れてしまい、全日制高校をやめて通信制に転校することにしました。このところ、平日の昼間なのに出現していたのはそういうわけです。良い学校なのですが、色々と小さな行き違いが意外と堪えていたのと、やっぱり、寮に入って24時間家族じゃない人と暮らすというのも疲れたのと、あと、私は寒さに弱いというのがあります。暗いところを歩くのは平気ですが(なので多分、肝試しも平気)、日が短くなる季節はどうも気分が沈むという習性もありまして、それらが重なった結果、こんな中途半端な時期に、4月からの努力が単位に反映されない形で転校となりました。

〉あらら。学年末まで待てなかったんですか。単位がもったいないですね。

もったいないですが、待てなかったんです。

〉〉昨年末から、北海道には例年にない寒波が入っていまして、その割りに例年より暖かい日があり、全体としては「平年並みの寒さ」なのですが、寒さが骨身にしみるという言葉がぴったりでした。私が転校しようと決めた途端に、世の中が春っぽくなってくるという、なんともタイミングの悪い……。

〉今年は寒いですよ~。多分、「平年並み」の寒さの感覚が違うんだろうな~と思いますけど。まだ全然春っぽくなりません。

あとで考えたら、暖かくなった気がしたのは、外歩きが減ったのと、寮より実家が暖かいというのが大きかった気がします。ただ、一時期のものすごい冷え込みは減った気がしますけど。零下20度ぐらいの。

〉〉まあともあれ、暇ができたので、中国語とロシア語をいっぺんに始めることにしました。今までの言語とは違う文字の言葉なので、ちょっと始め方がわからないのですが、とりあえず、ピンインとキリル文字に慣れれば良いのかな? 音にも慣れなきゃ、とやっております。どちらも読みたいものがあるので、やる気は充分です。

〉文字を覚えないといけない言葉はハードルが高いですね。
〉今まで何度も言っていますが「面白いほど身につく本」でながら聞きしてたらキリル文字もけっこう楽に覚えられた…のですが、多読を始めるに至らずほったらかしでほとんど忘れてます。維持するのが大変。

維持するのは大変ですよね。いくつもやっていると特に(この後、一時間続くのでやめる)。

〉〉ロシア語はちょっと聞いた感じ、音だけだと意外とフランス語と単語が近いのかもしれないという気がします。例によって本は沢山買い込みましたが、どの本が何の本か、キリル文字が読めないのでわからない。ドストエフスキーとブルガーコフとトルストイとナボコフとプーシキンがあったと思うのですが。

〉ドストエフスキーで多読を始めるんですか?文字が読めたら作者名はわかるようになりますね。

多読用の本が見当たらなくて、とりあえず、目についたものを買い込んだ結果です。大人用の文学は見つかったんですが、なかなか、子ども用の本を見つけるのに至らず。

〉〉中国語はその点、どの本がどの本かは大体わかりますが、発音がさっぱりわからない。ピンインつきの、上流階級の子どもが買ってもらうんだろうなという本も買ってあるのですが、まだピンインが読めない。

〉中国語は音を聞かないとだめですね。ピンインは規則正しい表記ですが、音を聞かないと発音はわかりません。前から「面白いほど身につく本」をお勧めしていますが、NHKのEテレとかも見てみます?

Eテレにまだなじめません。教育テレビだったのになあ(遠い目)。

とりあえず、CD付きの教本を用意しました。ピンインはついているけど、カタカナはついていないやつです。NHKのCDブック、新中国語入門という。もと、カセットブックだった、結構古そうな。どこが新だという。

〉〉まあ、ゆっくりやります。

〉そうですねー、柊さんの「ゆっくり」がどういうペースが怪しいと思いますが、マイペースでやってみてください。進捗状況を楽しみにしています。

そうですね。私のゆっくりのペースは、本当に怪しいです。凄い勢いで動いて、突然「もうこれ以上動けません」となります。そうならないように気をつけます。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.