1万語通過しました(独)

[掲示板: 英語以外で多読を楽しむ掲示板 -- 最新メッセージID: 3292 // 時刻: 2021/12/3(09:54)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[報告] 32. 1万語通過しました(独)

お名前: shige
投稿日: 2002/12/9(22:52)

------------------------------

ドイツ語、1万語通過しましたー。
そのうち何割かしか理解できてないんですが、まあ一応1万語ということで。
もっと語数増えれば、誤差のうちですから。

 0〜1万語(11/28〜12/8)
  1 Tiere und ihre Kinder
  2 Wo wohene die Tiere?
  3 Das groβe Buch von Frosch und Krote(=Frog and Toad)
  4 Ich bin der kleine Hase

前にも書きましたが、Frosch und Kroteを英語の力を借りて、何回も読んでいるところです。ドイツ語の本を読む上で、英語がわかるというのはかなり大きな力になります。まず、語順が同じだし、スペルがかなり似た単語もありますので。頭の中の英語を映像化する回路と同じ回路が使えるみたいです。
今の楽しさは、本を読む楽しさというよりは、クロスワードを解く楽しさかもしれません。
Frosch und Kroteは、英語で内容がわかっているので、それをドイツ語で読むと、単語が少しずつわかってきます。ただ、横に並べて読んでるわけではないので、当然わかる単語は限られてきます(横に並べて読んだら勉強になっちゃいますからねぇ)。最初は、文全体がわからなかったのが、わかる単語がぽつぽつと埋まってきて、突然ひらめくように文全体がわかるようになるんです。これが、クロスワード解く感じなんです。

それでは、新しく買った本を紹介します。
 1 Ich bin der kleine Hase
    ISBN 3-473-30741-6  総語数 99語  見開き 8ページ
    子ウサギが各季節でどんなことをしているかを話してます。
    この1冊だけ読みました。Frosh und Kroteで理解できた単語のオンパレードです。
 2 Ich bin der kleine Hund
    ISBN 3-473-30749-1  総語数 129語  見開き 8ページ
 3 Ich bin der kleine Spatz
    ISBN 3-473-30742-4  総語数 177語  見開き 8ページ
 4 Ich bin die kleine Ente
    ISBN 3-473-30751-3  総語数 143語  見開き 8ページ
 5 Ich bin der kleine Fuchs
    ISBN 3-473-30735-1  総語数 50語   見開き 8ページ
 6 Ich bin die kleine Katze
    ISBN 3-473-30157-4  総語数 184語  見開き 11ページ

全て動物の子供が、あちこち歩き回って遊んでる様子を描いた絵と各ページに2行ほどの簡単な文が載ってます。もちろん、Ich bin 〜 なので、動物の子供がしゃべってる形になってます。絵は大きくて、カラフルです。文も絵から想像できそうな感じ。

早く解読する楽しみから本を読む楽しみに移りたいです。次の報告は、5万語といきたいところですが、2万語ぐらいで報告したいですね。

夢は大きく、英語とドイツ語のダブル100万語ですかねぇ。ではでは、Happy Reading!


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.