Re: ゆるゆる多読、しています

[掲示板: 英語以外で多読を楽しむ掲示板 -- 最新メッセージID: 3292 // 時刻: 2021/9/27(13:05)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3195. Re: ゆるゆる多読、しています

お名前: yuki
投稿日: 2017/7/10(05:51)

------------------------------

杏樹さん、おはようございます。

うっかりログアウトしてしまったら、パスワードを忘れてしまい(汗)、再登録しました。
レスが遅くなってすみません。

〉新しい多言語マニア出現の予感…。

多言語マニア!良い響きですね~。
そうなれると良いのですが、、、。

〉英語以外の言葉は本を集めるのが大変ですが、少しずつ集めているんですね。
〉英語とのバイリンガルもいいですね。

はい、お財布とにらめっこしながら、amazon(日本の)の画面を見つめてうなっています。
元々本を沢山読むので、図書館にある本は買わない!と決めているのですが、外国語の本は図書館にないので、ついつい財布の紐が緩んでしまいます、、、。
バイリンガル本の方がなぜか安かったりするので助かります。

〉子供さんとスペイン語で会話!かわいいでしょうね。

母が家の中をうろうろしながらスペイン語を呟いている(なぜか黙読が出来ません)ので、寄って来て子供が真似します。完全に母の趣味につられています。
食生活も同じで、子供が学校で好きな食べ物を聞かれて「タコス!」って答えて、先生が「タコスはメキシコの食べ物ですよ。」ってフォローしてくれたそうです。

〉スウェーデン語でムーミンの原書!トーベ・ヤンソンの朗読まであるんですね。

フィンランドのラジオ局だかテレビ局だかのサイトにありました。
https://svenska.yle.fi/artikel/2011/05/27/tove-jansson-laser-ur-sent-i-november
これは、ムーミン谷の11月ですが、他にも、見えない女の子や、ムーミンパパの思い出、ムーミン谷の冬、パパと海など、沢山ありました。
80年代の音源のようですが、URLを見るとサイトへのアップは2011年かもしれません。

〉さらにニルスの不思議な旅…いいですねー。

子どもの頃アニメでは見たのですが、そう言えば本を読んでないことに気づきました。
地理の教科書用に頼まれて書いたお話なので、スウェーデンの地理の勉強にもなるはずなので、完訳本を図書館で予約して読んでみます。

〉フィンランド語は難しそうですね。昔勉強していたんですか。多読してる人にも昔フィンランド語を勉強していたという人がいました。

わー、大学卒業してうん十年、そんな方にはお会いしたことがないです。
お知り合いになりたい(笑)

〉前にスペインとフランスへ行ったとき、どちらもフィンランド航空だったのでヘルシンキで乗継しました。フィンランド語はヨーロッパ語ではないので、全く見当が付きませんでした。ハンガリー語と共通点があるかと思ったのですが、それもさっぱり。スペインの時は待ち時間が余りすぎて、お土産屋さんで「SUOMI」と書いてあるマグネットを買ってフィンランド訪問記念にしました。…空港から出てないんですが。

スペインとフランス、良いですね!!
ヨーロッパに行く時はよく皆さんヘルシンキ乗り継ぎを使われるようですね。
私も、ヘルシンキに行った時はヘルシンキ乗継便で予約して、ヘルシンキ以降のチケットを捨てました。

フィンランド語は、エストニア語と近かったんだったかなあ。うろ覚えですみません。確か、フィンランド語で本(kirja)がエストニア語で聖書だよって先生に聞いたような・・・。
大学の先生が日本語を元々やっていた人で、あんなに遠い国なのに日本語にそこはかとなく似ている(言語体系的にもウラル・アルタイ語族で、中央アジアの言葉になる、とか)ところが面白いと、フィンランド語を専攻されたと聞きました。発音も親しみやすいし、助詞が単語の後にくっついちゃうところが似てるから、親しみやすい、と。
まあ、フィンランド語日本語の辞書を出されたような先生ですので。
その点については、劣等生の私には何ともコメントしづらいです。

〉それ、あります。わからないけどとりあえず読んでみる。なんとなくわかるような気がする。少しでもわかる所があるとうれしい。

そう!本当にその通りです!
杏樹さん、なんで分かったんですか?天才です!

〉本をパラパラ見ながら、のんびりやりましょう。

ありがとうございます。

杏樹さんから教えていただいた『スペイン語が面白いほど身につく本』図書館にあったので、予約して借りました。日本語が先だと本当に分かりやすいですね!
そして、色々読んでて文法がどうしても気になってきた頃だったので、その辺りも楽しかったです。
それから、がまくんとかえるくんもとうとう買いました。英語の倍の値段なので躊躇してたのですが、もう少し長くて易しい本が読みたくなって。
Sapo y Sepo タイトルからして、かわいいです。大正解でした。ありがとうございました。

オレンジさんから教えていただいた『使える語学力』も読みました!
情熱のシーラにはまってせっせと(日本語字幕付きで)見ていたので、このまま見ていたら半分くらい聞こえるようにならないかな、と、希望が持てました。
『使える語学力』を検索したら千野栄一先生の『外国語上達法』も見つけて、合わせて読みました。(一時期ミラン・クンデラを読んでました。)
多言語習得された方のお話は、面白いですね。

こんな感じで好きなものを見たり聞いたり読んだり書いたり(少し。お友達に。)しているだけなのに、スペイン語検定かな?判定サイトで中級って出ました。訳の分からないものを勘を働かせて当たりを付けるって言うのは、多読の得意とするところでしょうか。

長文乱文で失礼しました。

Happy reading!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.