2次試験お疲れ様でした!

[掲示板: 多読と英語学習・試験に関する掲示板 -- 最新メッセージID: 1754 // 時刻: 2021/9/20(11:47)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1705. 2次試験お疲れ様でした!

お名前: ミッシェル
投稿日: 2017/2/19(22:52)

------------------------------

柊さん、こんばんは!ミッシェルです。

〉出かけないといけない時間の30分前になって、やっぱり行くのやめようか、という誘惑と闘いましたが、そのあとはスムーズに行きました。めちゃくちゃ緊張しましたけど。

無事受験されたようで、まずはおめでとうございます。
緊張されたことでしょうね〜。

〉試験会場に着くと、社会の先生! やっぱり、本当に受けてたんかーい、と心の中でだけ言って、普通に短い挨拶を。

え、試験監督じゃなく?
それは素晴らしい。科目外でも向上心のある、立派な先生ですね。

〉案内の係の人について、あっちへ行ってこっちへ行って、結構待って、試験の部屋へ入りました。色々、頭の中では考えていたのですが、How are you?の答えは結局、I'm not fine.が出てきました。試験官の人は「リラーックス」と言っていました。そのあとは何が何だか。日本語はしゃべらないで、英語だけでしゃべったのは確かです。音読する文章に、知らない単語がなかったのも確かです。

待ってる時間が最高に緊張するんですよね。
何が何だか分からなくても、英語だけで喋れたのなら十分です。

〉試験対策の本に載っていた質問は聞かれましたが、あまりきちんとした答えは準備していなかったので、その場で作って、しどろもどろ。折角、こるもさんに教えてもらったのにー。

わかります。
ミッシェルは、きちんとした答えを作っていても、その場では思い出せず、結局、実力のアドリブになっちゃうんです。何ででしょう。

〉試験官の人は、答え終わっても「それだけ?」という目で見るので、余計に緊張しました。目の前で採点結果を書かれている(何点か知らないけど)というのもまた、緊張しますね。

あぁ、それはちょっと誤解があります。
「それだけ?」ではなく、「これで終わりと理解していいのですか?」という意味の目線だと思います。
スムーズに返答ができないと、自然な会話を期待している相手にとっては尻切れとんぼの状態で、もう次が出てこない…という状態に陥ったりします。
あるいは、語尾をきちんと下げずに終えてしまうと、こちらは終わったつもりでも、相手はまだ続くのかと待っている状態になったりもします。
その後、沈黙が続いたので、「次の質問に行ってもいい?」という意味で、アイコンタクトを取ったのでしょう。
ミッシェルは、やばい、語尾上げたまま続かなくなっちゃったよー、って時は、Well..., that's it.とか、Something like that.で打ち切ったりします(笑)。

〉とりあえず、今は終わってただただほっとしています。落ちていても、次回はもう少し落ち着いて答えられるので、英語力がこのままでも、もっといい点が取れそうです。

そうですね。
あぁ。こんな感じなんだ、ということを知ったのが、初回受験の一番の収穫ですよね。

〉杏樹さん、ミッシェルさん、こるもさん、アドバイスありがとうございました。

こちらこそ、受験でお疲れなのに、早速の報告をありがとうございました!
何だか、ミッシェルも受験の血が騒いで来ました。
年内に一回くらい、何か受けたいなぁ。何にしようかなー。

p.s. 漢検もお疲れ様でした。あれも楽しいですよね。自分ではないのですが、昨年、上の子が5級を受けました。自分の子供時代とは、いくつかの漢字の書き順が変わっているのがショックで、自分は受験を見合わせました(笑)。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1706. Re: 2次試験お疲れ様でした!

お名前: 柊
投稿日: 2017/2/21(18:32)

------------------------------

"ミッシェル"さんは[url:kb:1705]で書きました:
〉柊さん、こんばんは!ミッシェルです。

ミッシェルさん、こんばんは。柊です。

〉〉出かけないといけない時間の30分前になって、やっぱり行くのやめようか、という誘惑と闘いましたが、そのあとはスムーズに行きました。めちゃくちゃ緊張しましたけど。

〉無事受験されたようで、まずはおめでとうございます。
〉緊張されたことでしょうね〜。

ありがとうございます。緊張して緊張して、すごかったです。

〉〉試験会場に着くと、社会の先生! やっぱり、本当に受けてたんかーい、と心の中でだけ言って、普通に短い挨拶を。

〉え、試験監督じゃなく?
〉それは素晴らしい。科目外でも向上心のある、立派な先生ですね。

でも、2次試験ではほとんどしゃべれず、絶対に落ちたと言っていました。

〉〉案内の係の人について、あっちへ行ってこっちへ行って、結構待って、試験の部屋へ入りました。色々、頭の中では考えていたのですが、How are you?の答えは結局、I'm not fine.が出てきました。試験官の人は「リラーックス」と言っていました。そのあとは何が何だか。日本語はしゃべらないで、英語だけでしゃべったのは確かです。音読する文章に、知らない単語がなかったのも確かです。

〉待ってる時間が最高に緊張するんですよね。
〉何が何だか分からなくても、英語だけで喋れたのなら十分です。

いざとなると、諦めるせいか、落ち着きますね。英語を自分以外に対してしゃべったのが初めてだったと、あとになって気づきました。練習しておけばよかったです。

〉〉試験対策の本に載っていた質問は聞かれましたが、あまりきちんとした答えは準備していなかったので、その場で作って、しどろもどろ。折角、こるもさんに教えてもらったのにー。

〉わかります。
〉ミッシェルは、きちんとした答えを作っていても、その場では思い出せず、結局、実力のアドリブになっちゃうんです。何ででしょう。

本番に強いからでしょうか。実力のアドリブの方が良いものができるとか。

〉〉試験官の人は、答え終わっても「それだけ?」という目で見るので、余計に緊張しました。目の前で採点結果を書かれている(何点か知らないけど)というのもまた、緊張しますね。

〉あぁ、それはちょっと誤解があります。
〉「それだけ?」ではなく、「これで終わりと理解していいのですか?」という意味の目線だと思います。
〉スムーズに返答ができないと、自然な会話を期待している相手にとっては尻切れとんぼの状態で、もう次が出てこない…という状態に陥ったりします。
〉あるいは、語尾をきちんと下げずに終えてしまうと、こちらは終わったつもりでも、相手はまだ続くのかと待っている状態になったりもします。
〉その後、沈黙が続いたので、「次の質問に行ってもいい?」という意味で、アイコンタクトを取ったのでしょう。
〉ミッシェルは、やばい、語尾上げたまま続かなくなっちゃったよー、って時は、Well..., that's it.とか、Something like that.で打ち切ったりします(笑)。

あ、なるほど。絶対的にイントネーションがおかしいですからね。何せ、そこまで修行が足りていない。構文的にも足りない部品が多いですし、ブロークンすぎて、いつ終わったのかはわからないでしょうね。私にもわかりませんから。

〉〉とりあえず、今は終わってただただほっとしています。落ちていても、次回はもう少し落ち着いて答えられるので、英語力がこのままでも、もっといい点が取れそうです。

〉そうですね。
〉あぁ。こんな感じなんだ、ということを知ったのが、初回受験の一番の収穫ですよね。

あとになると、ああいう対策をしておけば良かった、これをしておけば良かった、という後悔が怒濤のように、押し寄せませんね。そこまで思いつかない。とっさに口頭作文する技術を考えること(瞬間英作文とか)、筆記用具は取り出しやすい場所に入れておくこと、質問の例題は真剣に考えておくこと、ぐらいでしょうか。あとは、場慣れする場所を探しておけば良かったと思いました。自分以外に対して、英語でしゃべったのが初めてだったので。

〉〉杏樹さん、ミッシェルさん、こるもさん、アドバイスありがとうございました。

〉こちらこそ、受験でお疲れなのに、早速の報告をありがとうございました!
〉何だか、ミッシェルも受験の血が騒いで来ました。
〉年内に一回くらい、何か受けたいなぁ。何にしようかなー。

興奮して、書かずにはいられなかったので、すぐに返事していただいて、嬉しかったです。

〉p.s. 漢検もお疲れ様でした。あれも楽しいですよね。自分ではないのですが、昨年、上の子が5級を受けました。自分の子供時代とは、いくつかの漢字の書き順が変わっているのがショックで、自分は受験を見合わせました(笑)。

漢検は対策本を買いもしませんでした。それでも大体解けました。何しろ、中学校修了程度の3級なので、なめていました。問題は、私は字がぐっちゃぐちゃで、通信制高校時代の国語の答案に「楷書で書いて下さい」と書かれたこともあるし、家族にさえ「文脈判断で読んだ」と言われたこともあるので、正しい字を書いていても、×になっているのではないか、ということです。

漢検は、小学生も来ていて、可愛かったです。度胸あるなー。知らない高校に来て、知らない人が試験官で、それでも試験を受けてお礼まで言って帰っていく。たくましいです。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.