TOEIC S&Wの結果とR&Lの手ごたえ。

[掲示板: 多読と英語学習・試験に関する掲示板 -- 最新メッセージID: 1754 // 時刻: 2021/9/20(10:20)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1736. TOEIC S&Wの結果とR&Lの手ごたえ。

お名前: ミッシェル
投稿日: 2017/9/11(11:16)

------------------------------

ミッシェルです。こんにちは。
8/6に受けたTOEIC Speaking&Writingの結果が返ってきました(だいぶ前に返ってきていたのだけど、不本意なのでしばらく放置してみた)。

〉最初に受けたのは4年くらい前で、Speakingは150→150→120と来ています。

Speakingは、今回130でした。

〉Writingは160→150→190です。

Writingは150でした・・・。

独断と偏見に満ちた感想ですが、これらの試験が始まった当初はかなり甘めの採点で、最近受験生が増えてきて、厳しめになってきている、という気がしました。(もしくは、採点者によって点数にかなり差がでる?)
とくにSpeakingについては、最初受けた二回(150点)とくらべて20点も下がるような感触ではありませんでした。
そもそも前みたいに黙りこくってないし。

Writingは、難しいテーマ(得意ではないテーマ)に当たってしまい、そもそも何を書けばよいのかわからず戸惑ってしまったのですが、でも前回と比べてそう下がる理由もわからない・・・。
(あなたは最近本を出版しました。その本についてメール取材が来ているので、その本を説明しなさい、みたいな設問。どういう種類の本かまったく言及されておらず、真面目に考えすぎて、どこから始めたものやら・・・となってしまった)
でも、一番最初、何も仕込まずに受けたときより悪いものを書いているはずは、「絶対に」ない。

テスト好きミッシェルですが、手ごたえと点数の乖離があまりに大きいと、なーんか、続ける気がなくなってきちゃったなぁというのが正直な感想です。

さてさて、昨日は、TOEIC Reading&Listeningテストを受けてきました。
こちらは、ネットから事前に難化情報を得ていたのと、一応公式本を買って途中まで(途中までかい・・・)やってみたので、想像どおりでした。

前評判通り、ListeningのPart2が難しかったです。(何をしゃべっているかまったく聞き取れない問題が、数問・・・)Part4も、基本、先読みしなくちゃいけない長さになっていました。先読みしようと思っていなかったので、いくつか、あれー、聞いたはずなのになぁというところがありました。
Readingは、まったくわからなかった問題は3つくらいでしたが、Part7(読解問題)の問題数がすごく増えていて、急いだはずなのに3分しか余らず、曖昧に答えた問題の見直しがほとんどできませんでした。
ポカミスが沢山ありそうな気がします。
全体で3回もマークミスをしたので、もっとマークミスがなかったか不安です。

採点レベルはさておき、新方式になって、Readingについてはタドキストには好都合のスタイルになりましたね。TOEIC対策本だけでやっていると、最後塗り絵をしなくて済むレベルまでスピーディに読むのはなかなかたいへんだろうと思います。
いやまてよ。そういう対策では全部読まない前提なのかなぁ。ミッシェルは、全部の問題・パッセージを、完全に読みました。どこも無視しませんでした!それだけが自慢かな。えっへん。

こちらの点数も、出たらまた報告します。
あ、ちなみに自己べストは970点で、最新(3年前なので旧方式)は910点です。自分としては、今回の目標は900点オーバに設定しています。

ではまた。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.