Kicco先生、ありがとうございます。

[掲示板: 〈過去ログ〉多読と児童英語の掲示板 -- 最新メッセージID: 461 // 時刻: 2021/12/9(01:24)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

336. Kicco先生、ありがとうございます。

お名前: スヌーピー
投稿日: 2005/10/15(09:24)

------------------------------

Kicco先生、ご丁寧な回答、ありがとうござます。

〉〉Learn To ReadでおなじみのCTP社から、Character Buildersというセットが2シリーズ出ていますよね。
〉〉使っておられる方、いらっしゃらないでしょうか?

〉’Would it be right?' 'Follow the Rule' 'Tell the Truth' 'Respect the School Property' .....
〉本のタイトルを 全部言いたいような事件がおきた いわくつきのセットです。
〉私の方も 新品だったので なんとも悲しく、Generosity、Forgivenessの精神を持って対応できず(笑) 色々考えさせられました。

Kicco先生のユーモラスな書き方には、ごめんなさい、ちょっとくすっと笑ってしまいましたが、

〉しかし、二人とも教室での言動や学校で様々な問題を抱えていたので 実は本当にこの本を必要としていた子たちなのです。 

やはり、Kicco先生は本当に深いところまで子ども達を見ておられるなあと、改めて尊敬します。
私のところは、「嘘をつく」ことを覚え始めた(でも、決して悪い意味だけではなく、一つの成長なのですが)子とその親御さんとの間で問題があったところでした。
"♪Integrity,integrity, Tell the truth. That's the key♪"と楽しそうに歌う子を横目に、お母さんは「ちょっとは自分が読んでる本の意味を考えて欲しいわ。」とため息をついておられました。

〉はじめから 本題とはちょっと離れてしまいましたが 他にも Scholasticの’The Best Me I can be'のシリーズや 同じ内容のPosterを使っています。

そのシリーズは知りませんでした。早速読んでみます。

〉このシリーズの言葉、日本語で表現するのは とても難しいです。受験の時に覚えた訳語で行ったら 余計に??? それにお説教ぽくなってしまって。

そうなのです。
せっかく楽しそうに歌っているのに、お説教とわかったら、子ども達の興味がしぼんでしまいそうな気がして。

> むしろ このまま英語で歌を覚えて感覚的にわかれば 良いのではないでしょうか。案外 私たちにとっては 日本語にすると難しそうでも、子供たちには感覚的に分かるのかもしれません。

〉説明なしで 歌で楽しんで口ずさんでいるうちに なんとなくわかるのだったら それはとても良いのではと思います。私は 子供たちの言葉使いや物の扱い方など とても気になって、Ron Clarkeの 「あたりまえだけど とてもたいせつなこと みんなのルールブック」をレッスン前に読んでいたことがありました。Classroom RulesのPosterも貼ってあります。子供たちが楽しんでくれるのなら 1冊づつ 今月の歌で歌っていっても良いですね。

ああ、そうか、という気持ちです。
「感覚的に分かっていればいい」というのが、まだ私の中に染み付いていないのかも。
「1冊読んで、そこからこれだけのことを学んでほしい。」
絶対にいけないと思っていても、きっとそんな気持ちがあるのです。
酒井先生は、多読を山登りにたとえて「じゃまな装具はどんどん捨てないと」とおっしゃっていたけれど、これこそ、じゃまな装具ですね。
気づいた端から、とっていかなければ、と思います。

〉長く続けることで 心を育てる そんな気がします。

これが、今回Kicco先生から学んだ一番大きなことでした。
ことあるごとに、思い出そうと思います。

〉こんな風に楽しんでしまうSnoopyさんのお教室の生徒さんたちがどのように伸びていくか楽しみですね。 さらに色んなジャンルの選択肢が加わって、生徒さんたちが自由に選択できる巾が広がると 乗りの良い子供たちのようですから またブレイクする本の様相も変わってくるのではないかと思います。

乗りのよさは若さ(?多読を始めたのは5歳で、現在7歳の子たちです)のせいかな?
と思うと、この年齢のときに彼らに出会えて、私は本当にラッキーだったなと思います。

Kicco先生、重ねてありがとうございました。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.