クッキーさん、ありがとうございます。

[掲示板: 〈過去ログ〉多読と児童英語の掲示板 -- 最新メッセージID: 461 // 時刻: 2022/5/25(11:35)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

307. クッキーさん、ありがとうございます。

お名前: えっちゃん
投稿日: 2005/9/27(09:15)

------------------------------

"クッキー"さんはこんにちは。
〉えっちゃん、更新ありがとうございます。
〉お礼のメッセージがおくれてごめんなさい。

とんでもないです。『できるときにできる人が』の原則で、無理なくやっています。

〉Sunny Day English Parkの充実したORTを使ってのレッスンの様子を拝見して、惚れ込んだ(すみません下世話な表現で)教材をここまで使いこなしてこそ、その教材の力を引き出せるのだなあと感心しています。

〉ORTを単なる「読み物」として取り入れたのとでは、このような、効果は得られないと思います。Sunny Day English Parkに遊ぶ生徒さんは、キッパーのお家にも、マジックキー世界にも行って、体感しながら英語を獲得していくのだなと思います。

〉まさに物語の強さ、魅力ですね。
〉どの教材を選ぶかは、どの方法で導いて行くのかを決定すると思います。
〉講師の技量、英語力、指導力、性格、個性 どの教室もそれぞれに違うと思います。

〉自分に出きるやり方、一番合ったやり方を、早く確立したいと思います。

〉ご報告ありがとうございました。

児童英語で多読はまだ新しい試みなので、たくさんのお教室の報告を掲載していきたいと思っています。すでにご報告いただいている教室の第2弾報告も大歓迎です。
本を1冊ずつ、生徒たちがどう楽しんでくれたか、また次はどんな本を紹介していけば続けて読んでくれるか。また、オチビちゃんたちが、絵本に引き続き興味をもってくれるように、いかに講師側が苦心するか、みんなで情報交換しながら、多読を広めていきたいです。たくさんの生徒たちがひとり立ちしていってほしいですものね。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.