Re: TIME ESSAY & A short report on SSS reading

[掲示板: 〈過去ログ〉Visitor(訪問者)の掲示板 -- 最新メッセージID: 592 // 時刻: 2022/1/21(00:03)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

496. Re: TIME ESSAY & A short report on SSS reading

お名前: Julie http://paperback.blog10.fc2.com/
投稿日: 2006/9/17(11:18)

------------------------------

Tallin さん、初多読おめでとうございます。

打ち込みありがとうございました。
実は、親切な方が検索してくれて、
タイム社のHPで全文を読めたんです。
[url:http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,975616,00.html]

打ち込ませたら申し訳ないと思って、
下の455番の投稿を書いたのですが、
行き違いがあったようですね。
そしてあらためて感謝です。

タイムのHPで読んだときは2ページに渡っていましたが、
こうしてみると、これっぽっちの量なんですねぇ。
998語でした。
ペンギンのレベル0と同じくらい・・・。

〉DysonのInfinite in All Directionsを読み方を色々変えながら少し目を通しました。状況をお話しすると、この手の本でのSSS式は際どい感じです。

うん、そうでしょうね。
レベルを「ぐっ」と下げないとSSS式は際どい感じなのです。

> 専門用語に抵抗がなく、比較的すらすらと読めますが、語彙も文章も理解度が9割は超えていないと、1文ずつ論理的な流れがある作品だけに途端に後が続かず(前に挙げた例文は事実の羅列だった)、許容範囲がとても狭いです。

この事実の羅列のところは、日本語の読書の感覚だったら
「飛ばして読むところ」でしょうか。

> 無理に進めると著者の言いたいことがわからず時間の無駄に終ります。専門用語には日本語でも知らないのもあり、この分野のものを多く読んでいけば解決するという感じもしません(説明文に遭遇する可能性低し)。よほど体系的に語彙と内容がうまく仕組まれていないと語彙の増加と理解の深度というわけにはいかない感じです。辞書なしはつらい。しかも、この手のものなので、普通の携帯版英英では対応できず、でかい英英か語数の多い英和が必要です。

辞書なしはつらいです、ほんと。
無理にレベルの高いもので進めると時間の無駄に終わります。
そして「量」を読まないと、多読の効果もでにくい・・。

〉 一方、小説や雑誌やネットの英文ではもう少し許容度はあって、8割を切っても大勢に影響なく読めることが多いように思います。ただ、図に乗ってあまり理解度を落とすと多読効果は出ない感じがし、このあたりの匙加減が難しいようです。速度が稼げるうえ、相乗的に英文の感覚を増やせる方法としては強力とは思いますが、効果を維持しようとすると、そうそう許容範囲は広げられない感じです。

外国語の習得は、異文化の言葉をどれだけ許容できるか、
みずからの許容範囲をすこしずつ拡げていく作業だと思います。

このあたりの匙加減(読む本のレベルの上下)が悩ましいところですね〜。

最初は安心できるところから、ということでSSSでは、
やさしすぎるほどやさしいところからを薦めています。
そこで充分に安心すると「離陸」ができます。

ではでは、レポートありがとうございました。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

497. Re: TIME ESSAY & A short report on SSS reading

お名前: Tallinn
投稿日: 2006/9/17(20:22)

------------------------------

こんばんわ。

〉打ち込ませたら申し訳ないと思って、
〉下の455番の投稿を書いたのですが、
〉行き違いがあったようですね。
〉そしてあらためて感謝です。

イタリックの部分の識別が入っていないのと、句読点の確認もあって、結局、打ち込みことにしたのです。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.