お待ちしてました〜

[掲示板: 英語で趣味を楽しむ -- 最新メッセージID: 1603 // 時刻: 2022/8/16(10:01)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

404. お待ちしてました〜

お名前: 杏樹
投稿日: 2005/4/15(01:51)

------------------------------

akoさん、こんにちは。

〉杏樹さん、こんにちは。部活サボりまくり部員akoです。
〉 (実は、Haiku同好会を掛け持ちしてしまってますますヤバイ状況…)

Haikuは見るだけで、全く参加できません。

〉ご投稿直後の段階から既に読んではおりました。
〉その場ですぐに「返答する」をクリックするまではしたんです。
〉でも過日、杏樹さんのTOEIC報告に衝動的返答投稿を書いたことに大反省したばかりなので、
〉今回は大人しく、冷静に冷静に…、時間を置きました…

うーん、akoさんはどう転んでも深く深く掘り下げてしまうようですね。もっと気軽に…と言いたいところですが、それがakoさんの自然体なら、そのまま突っ走っててください、といったほうがいいのかも。

〉やはり貴方は素晴らしい、ホンモノだ。
〉…というフレーズ、これまでにも何回か書いていますので、どうも言葉に重みがなくなる今日この頃ですが、やはりそれを再確認した投稿でした。

多読にはニセモノもホンモノもありませんよ〜。

〉〉どうも「世界史」と聞いただけで逃げ出す人もいるようですので、今回は「初心者のための」という言葉をタイトルにつけてみました。

〉アタシがまったく考えたこともないことを貴方はいつも考える…
〉うーむ、お見事な着眼点…

〉杏樹さんの発想って、akoには、わき腹からいきなりくすぐられるような刺激があって、何をご返答しようか考えただけで、ワクワク、うずうずです。
〉その効果は、老化防止は言うに及ばず、よくセケンにて耳にする、
〉発想の転換、柔軟な思考、といったものをさせてもらえています。
〉SSSで杏樹さんと世界史クラブ!っていう展開になって、本当によかった!!

いえ、単に苦手だという人に興味を持ってもらうにはどうすればいいかと思っただけで…。akoさんにはいつも誇大広告で宣伝して頂いて恐縮です。

〉素晴らしい投稿ありがとうございました。
〉(既にakoは杏樹さんの業績にぶらさがってるだけ)

〉ということで、いったん終わるようなフリをしておいて…

〉実は読み直すと、やはりちょっとご返答したくなってしまったので、長文返答ご勘弁を。

〉〉★You Wouldn't Want to Be a Medieval Knight! (2800語)

〉この You wouldn't のシリーズ、いいですねぇ。
〉今回のご紹介のおかげで、アタシは英語「wouldn't」に関して、カミナリマークばしばしです。
〉そもそも、こういう題をつける英語界の人々のセンスも面白〜

〉ほんとに英語人って、反語?っていうのですか、好きですねー。
〉No one knows. って言えばいいものを、Who knows ? って言うとか。
〉日本語にしてしまうと、ちょっとイジワルなくらいな言い方。
〉たーーーーーっくさんあることを、多読し始めてからびしびし感じてまして…。
〉まったく…、英語さんって…(笑)

おもしろいでしょー、このタイトル。おまけに思わず「No!」と言ってしまいそうな内容。

〉で、このシリーズ、世界史好きが、子ども達に世界史を楽しんでもらおうという企画で作られたものだと想像しますが、
〉好きなものを、人に知ってもらいたい時って、単純に「楽しいよ」としか思いつかないです。
〉「SSSで英語をやったらきっと楽しいよ!」みたいなストレートな言い方で。

〉なのに、このシリーズときたら、
〉「キミは、ぜぇぇーーーーーったいに騎士になんかなりたいと思わないだろうね、ふっふっふ」みたいな感じで、
〉天邪鬼のコドモ読者を引き寄せるという作戦。

〉面白い!!

〉…そもそも、こう感じたのはあっているのだろうか。一抹の不安を感じつつ。
〉 (ハズれていたら、きっとチクワさんが優しく諭してくれるであろう)

いえもう、その通りでございます。読み終わったらやっぱり「No!」って言ってるでしょう…。昔の人ってとんでもなかったんだねー、こんな時代に生きてなくてよかったねー、なんて。騎士だって、表紙からして重い鎧を着て大変そうなんですもの。

〉〉★You Wouldn't Want to Be Sick in the 16th Century!(2751語)
〉〉アナタはエリザベス1世と同じ年に生まれました。12歳でbarber Surgeonに見習いに行きます。barberは病人を治す人です。当時はどんな病気があったか?治療法は?…ワイルドな世界にボーゼン!

〉床屋の起源が外科医だったっていう事もわかりそう!
〉赤と青と白の血管ぐるぐる看板の絵を書き足して、日本語版を作成したい欲望に駆られる!!

日本語版!akoさんの野望が燃えたようですね。

〉〉★You Wouldn't Want to Be an Aztec Sacrifice!(2862語)
〉〉これまたすごいタイトルです。Sacrificeの意味がわからなくても大丈夫。中を読めばわかります。

〉自分から犠牲になって死んでもいい、と思わせる、支配者のマインドコントロール関係のテーマに結びつければ、即、この本は、現代日本の社会問題とリンクしたものにアレンジできそう〜〜〜 う〜〜ん、面白そう〜〜

マインドコントロールじゃなくて、potionで…なんですが…。

〉〉それから、今回は一部の人に強力にオススメしたい本があります!

〉ローカルに大爆笑!! アタクシもその「一部」でございます。一部!!
〉これ以上のご返答を書いていますと、一日が何時間あっても足りませんので、ここまでで耐えます。でもちょっとだけ。

〉〉Change your cash into livres,sous,and deniers the French currency.とか。(フランじゃないのか)

〉ベルバラで、よく貧しい時代のロザリーが一日働いても「○スー」にしかならないわ…ふぅ…貧乏ってイヤね、みたいな場面があったような記憶が。あ、それは若草物語かも。ロザリーは貧しさに愚痴いったことないはずだから。
〉「まぁ!1リーブル金貨!」って言って、目を丸くする場面もあったような。
〉リーブルって金貨だったのかぁ〜〜〜 
〉(遠い記憶の突然の浮上です。ちょっと後でマジで調べますね…世界史クラブの名誉がかかっておりますけん。勿論、貨幣の歴史の方)

ロザリーとオスカル様の初対面の場面ですね。1リーブル金貨が1万円相当、という但し書きがついててました。「レ・ミゼラブル」でも「スー」がよく出てきました。

〉以前も、国境と民族分布は違う、という話題で、杏樹さんに延々お相手していただいたことがありましたね。
〉そもそも「綿密に国境線を引く」という発想自体が、近代以降のものだそうですね。それでいくと現在起きている竹島問題も、近代以前には起きなかったということになり、
〉中央政府の権力増大にリンクして管轄範囲の問題が発生して、境界線問題が発生してきたということになりますが、管轄、管轄、と言ってたら織田裕二ドラマの「踊る大捜査線」を思い出してしまった。あれは所轄か。

江戸時代には領土問題で紛争はなかったんじゃないかと…。日本史はよくわからないので断言できませんが。

〉ところで日本での単一民族感覚も、イメージ操作によって作為された共同幻想だそうです。
〉琉球、アイヌ、在日コリア、華人社会等、「日本人」も多様ですし、昨日も、日本人男性とフィリピン人女性との間に生まれた子たちのうち、両親が結婚していない場合は日本国籍がもらえない、というのは差別に当たる、といったことが問題になっているというニュースを読みました。

そうですね。でも日本ではそういう人たちはマイノリティーとして「日本人」としてはまだまだ認められてないところがあります。「帰化」して言葉や習慣など全てを日本風に改めると「日本人」として認めてもらえますが、自分の出自のアイデンティティーを保持したままではいつまでも「異邦人」に見られます。

〉〉バーバラ・クーニーの絵本を2冊読みました。
〉〉★OX-CART MAN (By Donald Hall Pictures by Barbara Coony)(書評あり)
〉〉おとうさんは牛を荷車につなぎます。そして家族で作った農作物や生活用品などを積み込みます。お父さんは荷車を引いてポーツマスへ行き、荷物を全て売ります。…え?牛も?荷車も?!…な〜んだ、そういうことか。
〉〉少し昔の、様々なものを自分で手作りしていた素朴でやさしい生活ぶりがうかがえます。素朴ですが、ていねいにかかれた絵が当時の雰囲気をよく伝えてくれます。じっくりながめていると、文章より絵を眺めている時間のほうが長くなったりして、まるでakoさんになった気分…(akoさん、ゴメン)

〉ゴメンだなんてとんでもない! 思い出してもらえて光栄です! 絵本読書は、絵を見る時間の方が長いくらいです。
〉上京の際は、是非、池袋絵本の会へお越しになってね!

そうですねー、一度おじゃましたいですねー。

〉(ただ、上記紹介文を読んで、akoが最初に反応したのは「おぉっ! ポーツマス条約の都市ではないか?!」でした… やはり世界史オタ)

私も聞き覚えのある都市だなあ、とは思いましたが。

〉上海のフランス租界で暮らした人の話、素晴らしいですね。
〉ご紹介文によれば、すでに作者は、「アメリカ人」になっているわけですよね。
〉「アメリカ人」とされている2億数千万人の人々がいかに多種多様で、多くの背景を持った人々の集まりか、ということが改めて思い起こされます。
〉今は、アメリカと言うとつい、911、ブッシュ、イラク…といった負のイメージの連想になってしまうんですが、
〉やはり多様な文化を背負った人々が暮らす、底知れない魅力ある国には違いないです。

アメリカには「○○系アメリカ人」という人がたくさんいます。アイルランド系も、ドイツ系も、スペイン系も。作者は中国系アメリカ人になっているわけです。しかもアメリカで同じ中国系の男性と結婚したらしい。作者の名前のYenがもとの自分の姓で、Mahは夫の姓なんです。
それに引き換え日本では「○○系日本人」という考えがない、という話を聞いたことがあります。…と、上の話題に戻っていく…。

〉杏樹さんの中国現代史まとめも、いいタイミングでした。
〉少し前、台湾でものすごい大群衆のデモがあったばかりですが、ローマ法王の逝去で、バチカンと台湾と中国の関係が変化する可能性があり、注目が集まっている時期です。

〉〉地主や資本家といった裕福な人々はどんな目に合うかわからないと恐れてどんどん逃げ出します。台湾、香港、そしてさらに遠く海外へ…。ついに国民党政府は敗退し、台湾へ逃げます。

〉現在の上海も(上海に限らず中国の沿岸部は)ものすごい大都会になっていて、農村部との格差は広がる一方らしいです。
〉昨日、折江省(「折」は代わりの字)で、万単位の農民が暴動をおこしたそうなので、今の状況は、ちょうど杏樹さんがまとめてくださった時代に近いのではないかと感じました。ほんとに凄いタイミング。
〉中国史は、安定期と騒乱期の2つの時代が交互に来るパターンを繰り返していると思っているんですが(杏樹さんはいかがですか)、21世紀前半は騒乱期になるのでは、と予想しています… ここ数十年、戦乱の少ない時期だったから余計。怖い…)

鄧小平が文革で立ち遅れた近代化を推進するため「先に豊かになれるものから豊かになれ」といった結果、沿海の都市部がどんどん発達していきました。それを牽引力にして国全体の国力を上げようとしたのですが、ついていけない内陸部の農村と都市の格差が広がってしまいました。それで最近は「西部大開発」を唱えて、内陸部の発展を促しています。
中国人は日本人より遥かに気性が激しく自己主張が強いです。ですから何かあると騒乱につながる、ということもあるでしょう。これからの中国は共産党の権威がどこまで維持できるか、ということが重要な気がします。一党独裁は問題点はありますが、イラクのように代替政権の構想がないまま現政権が崩壊すると、国の規模からしてもイラクとは比べ物にならないぐらい世界が混乱するでしょう。ですから、今のところはとりあえず現政権の中での騒乱にとどまっておいてほしいものです。

〉〉蛇足ですが、1970年の大阪万博では、中華民国のパビリオンがありました。

〉これは知りませんでした!! 
〉おりしも愛知万博! 万博史を調べるチャンス到来! ありがとうございます〜

大阪万博の本を読んだら書いてありました。当時は子どもで記憶も薄いのに、なんだかものすごいお祭だった、という印象だけが強烈に残っていて、それで実態をもっと知りたいと思って。

〉〉ついでに、「シンデレラ」の物語は中国の唐の時代によく似た物語があって、それが広がったのだろうといわれています。この本では元のお話も紹介されています。

〉いやぁ〜、さすが! そうなのですかー。ありえる話ですね。
〉日本人が、西洋起源だと思っているものは色々ありますが、
〉西洋史をやると、当のヨーロッパ人自身は、中国、インド、アラブなどの絢爛たる文化文明に憧れて学んだものが大量にあるということがわかります。オリエンタリズムっていうヤツです。マホメットなくしてシャルルマ−ニュなし、なんて言葉を久しぶりに思い出しました。

だって、古代ギリシアの科学や思想だって、ヨーロッパでは忘れ去られて、イスラム帝国で研究が進んで、それを後になってやっと勉強したぐらいですから。科学用語には「アル」(アラビア語の冠詞)のつく言葉が多い、とか。問題はそれをすっかり忘れて、自分たちは進歩した人種だと思ってしまったことですね。

〉〉★Chinese Cinderella and Secret Dragon Society / Adeline Yen Mah著(68000語)
〉〉様々な国の混血の少年たちがいて、国や宗教を越えて手を取り合う大切さや、
〉〉日本は敵という立場ですが、一方的な悪役ではなく公平な立場で書かれています。

〉異民族、異宗教の共存を肯定する内容がいいですね。
〉作家自身が、そういう環境で育った事で、フィクションを書く場合でも、公平な視点から書ける作家になれたのかもしれないですね。

〉さて、はた、と気づいて見たら、杏樹さんが読まれた本の総語数の凄さ。

私よりたくさん読んでるタドキストはいくらでもいますよ〜。だいいち、まだ一般PBも読んでませんし。最近PBをどんどん読む人が増えててすごいなーと思ってます。

〉ここで突然、SSS英語多読に戻りますと、長いもの苦手のakoとしましては、(1冊2千語が最長記録…)杏樹さんがいったいどんな遠方へ飛んでいくのやら〜と遠い目です。この半年ほど、総語数1000語前後の絵本中心に読んでいて、その快適さが習慣になってしまって、世界史関係や一冊語数の長い本(英語は易しそうでも)には手を出さないままでした。
〉長さに弱いことについて、英語関係の広場で相談しようかとも思っていたところなのですが、これを機に絵本以外の本も挑戦してみようと思います。絵本でどのくらい英語に慣れたか試すチャンスにもなるかと思います。

マジェイカ先生はどうなりましたか?Nateは読んでいるんですよね。
とりあえず自分が「おもしろい」と思える本に出会うことが大切だと思います。特にakoさんはブッククラブに入っていますから、心置きなく投げては別の本を探してみてはいかがでしょう。やっぱり自分が「おもしろい」と思うのが一番ですよ。

〉〉もしこれらの本を読んで、難易度に異議などありましたらお知らせください。私にとってはわかりやすことでも、知らない人には難しい、ということがあるかもしれませんので。

〉客観的な姿勢をお持ちなので、世界史クラブ員として今後の参考になります。
〉好きな分野って「そんなの知ってて当たり前」と言われる範囲がどんどん増えて、それはそれで楽しいんだけど、自分の了見を狭めてしまいがちですものね。
〉でも英語を通じて、広く色々な人と交友したいと思ったら、こういう姿勢を持っていたいなあ、と思います。
〉ほんの1年前は、「OBW」って何? それ何の専門用語? その上「PGR」だとか「ORT」とか、何それ〜〜ひぃ〜〜SSSの世界ってそういうの覚えないといけないのぉぉ〜…なんて思っていたものです。 懐かしい…

〉もっとも、世界史好きから、思いっきり世界史ヒイキの発想でモノを言わせてもらえば…(趣味の板なので少しだけ趣味のことを)

〉世界史こそ、異文化交流のナマの現場そのもの。
〉世界史(21世紀の今の生々しい国際問題(現代史)も含んでの世界史)を知ることで、自分の常識や道徳はどこまで通用するのか、あるいはしないのか、
〉人間というのは、どこまで違い得るのか(余りに違うから余計…) あるいは多様な民族や宗教の中で、人間という生き物の最小公倍数はどこにあるのかといったことも含めて、世界史というジャンルは、あらゆる関心領域への入り口となりえる間口の広いジャンルであると確信しているものでありまーす! 

その通りです!さすがakoさん!

〉従って年代と事件名の暗記を強要するのが世界史だ、といった恐るべき誤解や偏見を生むような日本の世界史教育に対してはですね、文法・訳読中心で来た旧来の英語教育に対するのと同様、強い強い異議申し立てを… …あ。熱が入りまくってしまった。

そうですよね、ね!ね!!!実は私も某所で似たようなことを…。

〉ようするに、そうならないような、易しい英語で書かれた楽しい世界史の本を見つけて、少しでも紹介することが、SSS世界史クラブのミッションなんでございますね!(どーもakoってのは暑苦しい発想しかできないらしい…我悩む故に我有り。易しい英語でデカルトの哲学本があったら嬉しいなぁ)

熱くてパワフルなのがakoさんの個性ですから、もう自然体でいてください。 

ところでakoさん、少々お尋ねしたいことが…。
SIRやICR編の進捗状況はいかがでしょうか…。
総合的に大々的に立派な報告をもくろんでいるのかもしれませんが、読んだもの数冊だけでも少しずつ紹介するというのでもいいのではないでしょうか。やさしい本で世界史入門、というなら、SIRやICRからも紹介して欲しいんです。忙しくてできないなど事情はあるかもしれませんが、もしそうなら、次回に私が読んだものだけでも紹介してもいいんですが。akoさんがいずれは報告してくれるかと思ってわざとふれないでいるんです。もし無理なようでしたらおっしゃってください。

それでは…。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

405. Re: おそくなりました〜

お名前: ako
投稿日: 2005/4/19(00:50)

------------------------------

杏樹さん、こんにちは。

〉akoさんはどう転んでも深く深く掘り下げてしまうようですね。もっと気軽に…と言いたいところですが、それがakoさんの自然体なら、そのまま突っ走っててください、といったほうがいいのかも。

よくぞ言って下さいました。ありがとうございます。
「自然体」とは、本来そういうもの(個人差の大きいもの)だと思います。
アタシはこのまま突っ走って死ぬまで行く気でおりますので!

〉akoさんにはいつも誇大広告で宣伝して頂いて恐縮です。

こういう性格ですんで、一見、表現は大袈裟風に見えるかもしれませんが、
akoは「ウソは書かない」「根拠のないお世辞は書かない」「無責任は励ましは書かない」を信条にしておりますので!!(キラ〜ン…でござーます)
わかるヒトにだけ、わかればいいと思いますの。

〉〉〉★You Wouldn't Want to Be a Medieval Knight! (2800語)

〉おもしろいでしょー、このタイトル。おまけに思わず「No!」と言ってしまいそうな内容。

そこへさらに輪をかけて、Yes, I would !! と来たらどうなることやら。
天邪鬼コドモにも負けない天邪鬼。
wouldn't の理解については、保証の一言、ありがとうございました。ほっとヒト安心いたしました。

〉〉リーブルって金貨だったのかぁ〜〜〜 
〉〉(遠い記憶の突然の浮上です。ちょっと後でマジで調べますね…世界史クラブの名誉がかかっておりますけん。勿論、貨幣の歴史の方)

フランスのお金リーブルはちゃんと金貨でした。
おまけにヨーロッパ通貨の歴史についてアレコレ読み出してしまって、ここのところ身も心も、中世〜近代ヨーロッパに埋まってましたら… はっと気づいたらあっという間に時間経過… インターネットはヒトを浦島太郎にするあのケムリの出る箱だとわかりました… 

〉それに引き換え日本では「○○系日本人」という考えがない、という話を聞いたことがあります。…と、上の話題に戻っていく…。

今後、明治の開国以後、日本史も世界史と連動する部分が多くなってきましたから、今後の日本社会の変化が楽しみではあります。ちょっと予想がつかなくて怖い部分もありますが。
新宿周辺を歩いてると、通り過がりの人の会話が、一日の半分以上、外国語だった日もあります。韓国語、タイ語、中国(北京)語、中国(香港?、広東)語、スペイン語。(映画で聞き覚えた言語で、意味不明ながら「それがナニ語か」という判別だけならわかる言語がいくつかあります) 大袈裟じゃなく新宿はほんとに外国人が増えましたから。

〉〉中国史は、安定期と騒乱期の2つの時代が交互に来るパターンを繰り返していると思っているんですが(杏樹さんはいかがですか)、21世紀前半は騒乱期になるのでは、と予想しています… 

〉中国人は日本人より遥かに気性が激しく自己主張が強いです。ですから何かあると騒乱につながる、ということもあるでしょう。これからの中国は共産党の権威がどこまで維持できるか、ということが重要な気がします。一党独裁は問題点はありますが、イラクのように代替政権の構想がないまま現政権が崩壊すると、国の規模からしてもイラクとは比べ物にならないぐらい世界が混乱するでしょう。ですから、今のところはとりあえず現政権の中での騒乱にとどまっておいてほしいものです。

そうなるよう祈りましょう…(ここ数日の中国関係ニュースを見てビビります)

〉古代ギリシアの科学や思想だって、ヨーロッパでは忘れ去られて、イスラム帝国で研究が進んで、それを後になってやっと勉強したぐらいですから。科学用語には「アル」(アラビア語の冠詞)のつく言葉が多い、とか。問題はそれをすっかり忘れて、自分たちは進歩した人種だと思ってしまったことですね。

21世紀は、あのアッバス朝時代のイスラム最盛期を夢見てのリベンジ(テロとか戦争でなく、もっと本来のイスラムである貿易商人の面、つまり経済面での平和的隆盛)を指向した世紀になるかもと期待してるんです。千一夜物語よみなおしておこうかなー。
そうだ! 英語にあるといいなぁ! 

〉マジェイカ先生はどうなりましたか?Nateは読んでいるんですよね。
〉とりあえず自分が「おもしろい」と思える本に出会うことが大切だと思います。特にakoさんはブッククラブに入っていますから、心置きなく投げては別の本を探してみてはいかがでしょう。やっぱり自分が「おもしろい」と思うのが一番ですよ。

ありがとうございます。ちょっとコドモ関係本に飽きてまして…
自分の英語力を棚に上げて言えば、哲学モノとか経済モノに飢えてます。
自分の一番の関心事を、易しい英語で読めることが一番ですよね。
媒体をブッククラブ所蔵の本に限るとなると、なかなかないかもしれません。

〉〉…たことも含めて、世界史というジャンルは、あらゆる関心領域への入り口となりえる間口の広いジャンルであると確信しているものでありまーす! 

〉その通りです!さすがakoさん!

つつつつい、こちら方面になりますと、気合が入りすぎました…

〉〉従って年代と事件名の暗記を強要するのが世界史だ、といった恐るべき誤解や偏見を生むような日本の世界史教育に対してはですね、文法・訳読中心で来た旧来の英語教育に対するのと同様、強い強い異議申し立てを… …あ。熱が入りまくってしまった。

〉そうですよね、ね!ね!!!実は私も某所で似たようなことを…。

でしょ!でしょ! 「某所」のほうも読みましたとも!
英語教育と世界史教育って、ものすごく、激しくリンクしてません?!
一応ここでは、英語で趣味程度の世界史と言ってますが、世界史やってると、
SSSの色々な掲示板で話題に出てくる日本人が感じる英語学習問題は、どれも日本人の世界認識の問題だとか、世界史への関心の方向性とかいったことにそのままつながってるので、(どこかにポスト・コロニアル問題と書いていた人がいましたが、正にその通りで、これこそ西洋人にオリエンタリズム問題があると同様、旧植民地各国(と日本も含めて)世界史の主要テーマそのものだし!)どれもものすごく自分の関心事と関係が出てきて、見過ごせなくなってしまうんです。
あ〜〜 また熱が入ってしまった…

こーいうテーマの本を、レベル1の易しい英語で読める本があるならアタシはすぐにでも100万語読んでしまうでありましょう!! つくづく、フィクションには向いてない人間なのかしら……自分がわからない…

〉熱くてパワフルなのがakoさんの個性ですから、もう自然体でいてください。 

ありがとうございます〜 冷えピタ貼って英語の本よみます…

〉ところでakoさん、少々お尋ねしたいことが…。

ははっ! いつかは来ると思ってました…。

〉SIRやICR編の進捗状況はいかがでしょうか…。
〉総合的に大々的に立派な報告をもくろんでいるのかもしれませんが、

さすが杏樹さん。バレてた…

〉読んだもの数冊だけでも少しずつ紹介するというのでもいいのではないでしょうか。やさしい本で世界史入門、というなら、SIRやICRからも紹介して欲しいんです。

そうですね。大々的と思うほうが間違いでした。。。。大汗。。。

〉忙しくてできないなど事情はあるかもしれませんが、もしそうなら、次回に私が読んだものだけでも紹介してもいいんですが。akoさんがいずれは報告してくれるかと思ってわざとふれないでいるんです。

ひゃー、ごめんなさーい。滝汗。。。。
お見通しの通り、忙しくてできないんじゃないんです〜
部活関係の構想は持っていながらも、これまでずっと後回しにして、絵本に耽溺していたというのが一番の理由です。

〉もし無理なようでしたらおっしゃってください。

無理ではありませんが、まだICRとSIRは、それぞれの中のレベル0と1の一部しか読んでません。レベル2で読んだのは、ICR2のFrog and Toad だけです。

それほど、この半年ほど、いわゆる一般の絵本ばかり見てました。
何しろ、ハードカバーの洋書絵本については、初めて知り始めた分野な上、
一度かかわりだすと、あまりに深くて他のことができなくなりました。
絵本読書だけをしている方がおられますが、よくわかります。
児童文学も一つのジャンルとして無限の魅力がありますが、
これに輪をかけて、絵本というジャンルも、これまた生涯を賭けるに値するすごい世界だということがわかってきたところです。
池袋の会で、絵本関係にものすごく詳しい人と接するに及び、
私はそっちは素人として、裾野で良書を鑑賞する立場で十分と思っているところです。 …と言いますか、そういった自分のスタンスがやっと見えて来たところかもしれません。そうなるまで、とにかく色々な絵本の存在を探索してましたし、その際は、すでに英語を読むため、という当初の目的を忘れたくらいです。

ですので、世界史クラブはこのようにいたしましょう。

まず杏樹さんが、現時点ですぐにでも掲示板に書けるものを、先にご報告くださいませ。
akoはその後、出なかったものから、自分にマル歴マークモノがあれば後から出します。上記に書いたとおり、読んだものにレベル2以上はありません。

世界史クラブとしてやることですから、誰が投稿したっていいんですのに、
投稿せずにとっておいて下さってありがとうございます〜 
お気遣いに感涙しております〜〜

ではこれにて〜〜


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

406. チャイニーズ・シンデレラの和訳が出た

お名前: 杏樹
投稿日: 2005/4/20(00:57)

------------------------------

akoさん、こんにちは。

タイトルは単にほかの人にお知らせしたいけど、独立スレを立てるほどでもないので、ということで、内容はakoさんへのお返事です。

〉〉akoさんはどう転んでも深く深く掘り下げてしまうようですね。もっと気軽に…と言いたいところですが、それがakoさんの自然体なら、そのまま突っ走っててください、といったほうがいいのかも。

〉よくぞ言って下さいました。ありがとうございます。
〉「自然体」とは、本来そういうもの(個人差の大きいもの)だと思います。
〉アタシはこのまま突っ走って死ぬまで行く気でおりますので!

突っ走っていくakoさんの後ろで旗でも振ってます。

〉〉〉〉★You Wouldn't Want to Be a Medieval Knight! (2800語)

〉〉おもしろいでしょー、このタイトル。おまけに思わず「No!」と言ってしまいそうな内容。

〉そこへさらに輪をかけて、Yes, I would !! と来たらどうなることやら。
〉天邪鬼コドモにも負けない天邪鬼。
〉wouldn't の理解については、保証の一言、ありがとうございました。ほっとヒト安心いたしました。

No!ということを想定したような内容ですから、アマノジャクな子どもはわざとI would!って返事をしたりして。

〉〉〉リーブルって金貨だったのかぁ〜〜〜 
〉〉〉(遠い記憶の突然の浮上です。ちょっと後でマジで調べますね…世界史クラブの名誉がかかっておりますけん。勿論、貨幣の歴史の方)

〉フランスのお金リーブルはちゃんと金貨でした。
〉おまけにヨーロッパ通貨の歴史についてアレコレ読み出してしまって、ここのところ身も心も、中世〜近代ヨーロッパに埋まってましたら… はっと気づいたらあっという間に時間経過… インターネットはヒトを浦島太郎にするあのケムリの出る箱だとわかりました… 

おお〜〜通貨の歴史ですか。おもしろいでしょうね〜。ディケンズを読んだら(GRで)当時のイギリスの通貨なども出てきて、ポンドじゃないのか〜と思いました。ユーロ直前までの通貨はそれぞれいつどのようにできたのか気になります。ドイツマルクはドイツ帝国が成立してから出来たのか?とか。

〉〉それに引き換え日本では「○○系日本人」という考えがない、という話を聞いたことがあります。…と、上の話題に戻っていく…。

〉今後、明治の開国以後、日本史も世界史と連動する部分が多くなってきましたから、今後の日本社会の変化が楽しみではあります。ちょっと予想がつかなくて怖い部分もありますが。
〉新宿周辺を歩いてると、通り過がりの人の会話が、一日の半分以上、外国語だった日もあります。韓国語、タイ語、中国(北京)語、中国(香港?、広東)語、スペイン語。(映画で聞き覚えた言語で、意味不明ながら「それがナニ語か」という判別だけならわかる言語がいくつかあります) 大袈裟じゃなく新宿はほんとに外国人が増えましたから。

最近は私の行動半径の中でも外国語が聞こえてくることが多いです。
そして昔は英語以外の外国語、といえばフランス語やドイツ語だったんですが、最近は圧倒的に中国語、韓国語ですね。街の標識もこの二つが併記してあることが多いです。

〉そうなるよう祈りましょう…(ここ数日の中国関係ニュースを見てビビります)

言論の自由が圧迫されるのはよくないので、デモそのものを取り締まることを要求するのではなく、暴力行為に対して何らかの対策をとって欲しいと思います。

〉21世紀は、あのアッバス朝時代のイスラム最盛期を夢見てのリベンジ(テロとか戦争でなく、もっと本来のイスラムである貿易商人の面、つまり経済面での平和的隆盛)を指向した世紀になるかもと期待してるんです。千一夜物語よみなおしておこうかなー。
〉そうだ! 英語にあるといいなぁ! 

あるかもしれませんね。子供向けに書き直したものとか。見つけたら教えてください。私は東洋文庫版(日本で唯一のアラビア語原典からの翻訳)を途中まで読んで止まったままです。
ただ、アラブ世界にはアメリカに対する敵意がどうしても消えませんので、そこがいちばんのネックだと思います。アメリカはその重大さをわかっているのか…。それともわかっていてもユダヤ人社会に遠慮せざるを得ないのか…。これ以上書いたらキケンかも…?

〉〉マジェイカ先生はどうなりましたか?Nateは読んでいるんですよね。
〉〉とりあえず自分が「おもしろい」と思える本に出会うことが大切だと思います。特にakoさんはブッククラブに入っていますから、心置きなく投げては別の本を探してみてはいかがでしょう。やっぱり自分が「おもしろい」と思うのが一番ですよ。

〉ありがとうございます。ちょっとコドモ関係本に飽きてまして…
〉自分の英語力を棚に上げて言えば、哲学モノとか経済モノに飢えてます。
〉自分の一番の関心事を、易しい英語で読めることが一番ですよね。
〉媒体をブッククラブ所蔵の本に限るとなると、なかなかないかもしれません。

コドモ関係に飽きたのなら、とりあえずノンフィクション方面へ進んでみてはいかがでしょう。OFF1などそろそろ読めるのではないでしょうか。また、評判のOBW1の「Mary, Queen of Scots」や「The Coldest Place on the Earth」あたりに手を出してみてもいいのでは?またMGR2には例の「This is Oxford」のほかCambridge、London、New York、San Franciscoがあります。

〉〉〉…たことも含めて、世界史というジャンルは、あらゆる関心領域への入り口となりえる間口の広いジャンルであると確信しているものでありまーす! 

〉〉その通りです!さすがakoさん!

〉つつつつい、こちら方面になりますと、気合が入りすぎました…

この際ディープな会話にずぶずぶと…。

〉〉〉従って年代と事件名の暗記を強要するのが世界史だ、といった恐るべき誤解や偏見を生むような日本の世界史教育に対してはですね、文法・訳読中心で来た旧来の英語教育に対するのと同様、強い強い異議申し立てを… …あ。熱が入りまくってしまった。

〉〉そうですよね、ね!ね!!!実は私も某所で似たようなことを…。

〉でしょ!でしょ! 「某所」のほうも読みましたとも!

おお、お読みになってましたか。

〉英語教育と世界史教育って、ものすごく、激しくリンクしてません?!

学校教育全般の問題でもあるような気がします。

〉一応ここでは、英語で趣味程度の世界史と言ってますが、世界史やってると、
〉SSSの色々な掲示板で話題に出てくる日本人が感じる英語学習問題は、どれも日本人の世界認識の問題だとか、世界史への関心の方向性とかいったことにそのままつながってるので、(どこかにポスト・コロニアル問題と書いていた人がいましたが、正にその通りで、これこそ西洋人にオリエンタリズム問題があると同様、旧植民地各国(と日本も含めて)世界史の主要テーマそのものだし!)どれもものすごく自分の関心事と関係が出てきて、見過ごせなくなってしまうんです。
〉あ〜〜 また熱が入ってしまった…

結局は外国に対してどれだけ関心を持ち、情報を得る努力をするか…ということになってくるのでしょうか。ですから私は「世界史クラブ」の中にLands, Peoples, Culturesシリーズを入れてるんです。

〉こーいうテーマの本を、レベル1の易しい英語で読める本があるならアタシはすぐにでも100万語読んでしまうでありましょう!! つくづく、フィクションには向いてない人間なのかしら……自分がわからない…

だったらノンフィクション、読みましょうよ〜。

〉〉熱くてパワフルなのがakoさんの個性ですから、もう自然体でいてください。 

〉ありがとうございます〜 冷えピタ貼って英語の本よみます…

〉〉ところでakoさん、少々お尋ねしたいことが…。

〉ははっ! いつかは来ると思ってました…。

〉〉SIRやICR編の進捗状況はいかがでしょうか…。
〉〉総合的に大々的に立派な報告をもくろんでいるのかもしれませんが、

〉さすが杏樹さん。バレてた…

やっぱり?

〉〉読んだもの数冊だけでも少しずつ紹介するというのでもいいのではないでしょうか。やさしい本で世界史入門、というなら、SIRやICRからも紹介して欲しいんです。

〉そうですね。大々的と思うほうが間違いでした。。。。大汗。。。

〉〉忙しくてできないなど事情はあるかもしれませんが、もしそうなら、次回に私が読んだものだけでも紹介してもいいんですが。akoさんがいずれは報告してくれるかと思ってわざとふれないでいるんです。

〉ひゃー、ごめんなさーい。滝汗。。。。
〉お見通しの通り、忙しくてできないんじゃないんです〜
〉部活関係の構想は持っていながらも、これまでずっと後回しにして、絵本に耽溺していたというのが一番の理由です。

〉〉もし無理なようでしたらおっしゃってください。

〉無理ではありませんが、まだICRとSIRは、それぞれの中のレベル0と1の一部しか読んでません。レベル2で読んだのは、ICR2のFrog and Toad だけです。

その中で世界史クラブで紹介できそうなものはありませんでしたか?
2〜3冊でも、いえ、2〜3冊ぐらいなら短い報告で済みますから、やってみてほしいな〜と思うんですが。

〉それほど、この半年ほど、いわゆる一般の絵本ばかり見てました。
〉何しろ、ハードカバーの洋書絵本については、初めて知り始めた分野な上、
〉一度かかわりだすと、あまりに深くて他のことができなくなりました。
〉絵本読書だけをしている方がおられますが、よくわかります。
〉児童文学も一つのジャンルとして無限の魅力がありますが、
〉これに輪をかけて、絵本というジャンルも、これまた生涯を賭けるに値するすごい世界だということがわかってきたところです。
〉池袋の会で、絵本関係にものすごく詳しい人と接するに及び、
〉私はそっちは素人として、裾野で良書を鑑賞する立場で十分と思っているところです。 …と言いますか、そういった自分のスタンスがやっと見えて来たところかもしれません。そうなるまで、とにかく色々な絵本の存在を探索してましたし、その際は、すでに英語を読むため、という当初の目的を忘れたくらいです。

絵本っていくらでも奥が深くてどんどんはまりこんでいきますよね。でも他の人のまねをする必要はありませんから、詳しい人に面白い本を紹介してもらってラッキー、と思っておきましょう。
大阪絵本の会は、ほんのたまにしか出られませんが、そこでもいろいろな絵本をよく探してくるな〜と感心します。特に英語絵本の世界はすごいです。

〉ですので、世界史クラブはこのようにいたしましょう。

〉まず杏樹さんが、現時点ですぐにでも掲示板に書けるものを、先にご報告くださいませ。
〉akoはその後、出なかったものから、自分にマル歴マークモノがあれば後から出します。上記に書いたとおり、読んだものにレベル2以上はありません。

わかりました。では次の報告のときにでも。といっても、たいした冊数は読んでないんですが。

それでは〜。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.