Re: 世界史クラブ的「サン・ジョルディの日」--横レス

[掲示板: 英語で趣味を楽しむ -- 最新メッセージID: 1603 // 時刻: 2022/8/16(09:13)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 410. Re: 世界史クラブ的「サン・ジョルディの日」--横レス

お名前: まりあ@SSS http://www.buhimaman.jp/
投稿日: 2005/4/26(09:03)

------------------------------

akoさん、世界史クラブのみなさん、おはようございます。 まりあです。

〉「聖だれだれ」というからには、キリスト教、その中でもカトリックのエライ人、ということになります。
〉「聖人」になれるかどうかは、バチカンのローマ法王庁が認定します。けっこう厳密です。

  そうですね。
  マザー・テレサが聖人になれるとしてもあと25年は審査が続く
  くらい大変です。

  まず、奇跡を行ったことが証言されなければなりません。 
  スキャンダルが見つかってもいけません。
    思いやりのないことをしたことがある
    誰かを嫌って対立したことがある
    怠けたことがある....
  んなことがどこかから報告されないことが確認されなくてはいけない

  最後が現代人には信じがたいことですが、亡骸が腐ってはいけない!
    マザーテレサの葬儀ご覧になりましたか?
    棺は覆われていず、静に眠っているようなお姿が見えたでしょう?
    あの暑いインドで不思議だと思われませんでした?

    ティマチ神父様という方が、列聖を待っておられますが、
    調布教会に生前の資料と共に大理石の棺の中に、亡骸も展示されて
    います。湿度の高い日本で何年も....ミイラとは違いますよ。
    昨夜亡くなったようなお姿です。

    死亡時刻鑑定なんていう現代科学を越えないと、聖人には
    なれないんです。香油を塗り込んだりとか、なにか教会にだけ
    伝わる秘密の保存方法を施しているのかもしれませんが、
    「うむむぅ、さすが聖人は我々凡俗とは違うわい」と思わされて
    しまいますよ。

  というわけで、サンタクロースも、バレンタインも、サン・ジョルディ
  も、とってもありがたいお方なのです。 


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.