Re: 邦題<氷と炎の歌>シリーズ 他、ROME / World War

[掲示板: 英語で趣味を楽しむ -- 最新メッセージID: 1603 // 時刻: 2021/9/28(15:49)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1548. Re: 邦題<氷と炎の歌>シリーズ 他、ROME / World War

お名前: たかぽん http://dandelion3939.blog38.fc2.com/
投稿日: 2014/7/15(21:14)

------------------------------

たださん、こんばんは。ご無沙汰してます!たかぽんです。

〉〉Game of Thrones というドラマを見てる人はいますか?
〉〉(IMDbはこちら[url:http://www.imdb.com/title/tt0944947/]
〉〉私は見てないんですけど(なんやねん…)、すさまじく評判がいいドラマのようなので、ちょっと気になって。
〉僕も見てないのですが。。。(なんやねん。。。)

「Game of Thrones 見てないクラブ/見たら負け!(Watcher's a Loser!)」
でも作りましょうか。

〉〉どんな感じなのか、“愛”とか語っていただけましたら、幸いです。
〉どなたかが"愛"を語っていただけるのをこっそり見させてもらおうと思っていたのですが、本当にいらっしゃらないのか、みなさん奥ゆかしいのか、投稿がないようなので、3点ほど、にぎやかしに。。。

にぎやかし大歓迎でございます。

〉〉Breaking Bad というドラマが、めっちゃよかったです。50歳のしがない高校化学教師が、お金の必要に迫られ、
〉〉覚醒剤づくりに手を染めて・・・という話。どこが面白いねんと思って見始めたら、ズブズブとハマり、
〉〉とうとうブルーレイまで買って、最後まで見ました。素晴らしいドラマでした。
〉いつもご紹介ありがとうございます。機会がありましたら見てみたいです!

よくこんなドラマ作ったなーと思います。アメリカドラマの底力に脱帽です。

〉〉まぁ、そんなわけで、なんか面白いネタがありましたら、教えてください。
〉1.Game of Thrones または <氷と炎の歌>シリーズ

〉もうかれこれ1年近く経ちますが、去年の夏、近所の本屋で「日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial ゲーム・オブ・スローンズ パーフェクトガイド」というムックを見つけ購入したばかりか、そこで"ベストセラーを続ける原作小説"なるものがあることを知り、大人買いしました。
〉(その時に発売されていた4作・各上下巻計8冊のうち、その場にあった6冊を購入し、欠品だった2冊をその場で予約し、その後ゲット)
〉今、Wikiってみたら、5作目も発売されているようです。今度本屋でチェックしてきます。

すごい。原作小説もヒットしてるんですねー。

〉いつものごとく積ん読ですが。。。(なんやねん。。。)

おっと、読んでないんすか。。(この落とし、好きです^^)

〉2.ROME

〉こちらの方は、近所のスーパー内にある本屋で、DVDのディスカウント販売をしていたのを発見し購入しました。ROME[ローマ] 前編セット 全12話 6枚組
〉「どの都市(まち)にも、秘密がある。」ってキャッチコピーになってます。
〉これも知らなかったのですが、今見ると「ゲーム・オブ・スローンズ パーフェクトガイド」Part3 『ゲーム・オブ・スローン』にはまれば、この13タイトルもおすすめ! スペクタクル&ファンタジー ドラマ・映画ガイド にちゃんと紹介が載ってました。
〉ROME[ローマ] テレビドラマ 2005年 英米合作で激動の歴史にせまった大作

〉こちらもまだ見れてません。。。(なんやねん。。。)

おっと。。(いいですね)

ROMAは見ました! どうだったかな・・・ まぁまぁだったような。
ラテン語で話してほしい、と思ったのかな。(それを言っちゃあ)

〉3.Ken Follett著 Fall of Giants / Winter of the World

〉今年は第一次世界大戦開戦から100周年といことで、以前海外出張したときに現地価格で安く購入できた「Fall of Giants」(WWIの時代が舞台) と「Winter of the World」(WWIIの時代が舞台)を引っ張りだしてきて、邦訳本「巨人たちの落日(上)」と合わせながらシマウマ読みしてます。著者は、あの「大聖堂」(The Pillars of the Eath)のケン・フォレットです。いろんな国のいろんな家族の1911-1923当時と、その1世代後の時代1933-1949のそれぞれの家族たちを描いていて、どんどん面白くなっていきそうです。
〉(6月28日までには6章(June 1914)まで読み進められればと思っていましたが、もう"Early July" も "Mid-July" にも間に合わず、7月28日までに9章"Late July 1914"というのも絶望的。。。)

面白そうですね。ケン・フォレットがこういうの書いてるんですか。
そうですね、WWI から100周年なんですよね。
皇太子夫妻暗殺の、直前にも狙撃未遂がありまして、何かの映像で、
運転手が車をチェックしているのを見たことがあります。
そのときに予定を中止して部屋に戻られていれば、あの大戦は無かったかも・・・
まぁ「たられば」ですが。

〉あんまりうまく紹介できていないと思いますが、では、では。

ありがとうございます。
見ていない、一番目と三番目のには、とても興味がわきました。(笑)


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.