Re: 映画:英国王のスピーチとThe Love of King(OBW2)

[掲示板: 英語で趣味を楽しむ -- 最新メッセージID: 1603 // 時刻: 2021/9/28(17:04)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1504. Re: 映画:英国王のスピーチとThe Love of King(OBW2)

お名前: faure1845
投稿日: 2011/3/4(18:07)

------------------------------

 かつらぎさん、こんばんは。

〉主役はジョージ6世。
〉世間では今の女王陛下エリザベス2世の父親という説明されているようですが、
〉OBW2のThe Love of King—“王冠を賭けた恋”で有名なエドワード8世(後のウィンザー公)の弟でもあります。

〉吃音癖があり人前で喋ることが苦手。できるだけ裏方に徹していたい。
〉そんな人が王になって国民の心をつかむスピーチをしなくてはならない。
〉果たしてジョージ6世は吃音癖を克服できるのか、スピーチは成功するのか。

 あの、僕はOBW2のその本が大好きなのですけど、人前に出るのが苦手で裏方に徹していたいというキャラクターの人物にも興味がありますね。

〉派手なアクションも濃厚なラブシーンもない、見た目は地味な映画です。
〉でも英国らしいウィットに富んだ会話、皮肉やユーモアがあって面白かったです。

 地味な映画の方がむしろ好きです。

〉多読で知った言い回しが出てきたのも嬉しかった。
〉「あ、使ってる」とわかって一人ニマニマしてしまいました(^_^;
〉俳優陣の演技も素晴らしい。お勧めです。

〉あ、でもThe Love of Kingを読んで「愛を貫いたエドワードとウォリスって素敵!」と思った方は観ない方がいいかもしれません。
〉お互い夢中の恋人を端から見たら、きっとあんな感じなんだろーなと(良く言えば恋は盲目、悪く言えばバカップル)。

 そうなると微妙ですね。恋人を端から冷静に見ている視点が多くを占めているとしたら、幻滅してしまうこともありそうですから。

 でも何より、僕はイギリスとイギリス史が大好きなので、今後も一度いいと思った人物に幻滅するということは何度も何度も経験すると思いますので(たとえば、OBW1のメアリ・スチュアート、OBW2のヘンリ8世の妻たちなど)、それもよしとして、観てみようかなって思いました。

〉それではHappy reading and happy watching(seeing?) !

 どんな映画かはよく知らないけれど、最近身の回りで騒いでいる人が多かったので、興味だけはあったのですが、何も知らないで又聞きしていたから、勝手に戦争映画だとおもっちゃったりして(笑)、見ずにいたのですが、見てみようと思いました。というか、概要だけ知ることが出来ている今のうちに・・・(笑)

 情報ありがとうございます。

 それでは。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.