ちょっと嬉しかったので・・・。

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2021/4/19(16:01)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14947. ちょっと嬉しかったので・・・。

お名前: ガビー
投稿日: 2004/12/13(15:49)

------------------------------

お久しぶりです。
皆さん、楽しく多読を続けて居らしゃいますか?
ガビーです。

私もあの200万語通過報告の頃よりも、
ちょっと肩の力を抜いて、多読を続けています。

でもあのとき、皆さんにアドバイスを願った、
”文法を知らなくては本当には読めていない、
英語を理解できないのでは?”の疑問不安への、
私なりの結論(先送りとも言いますが・・)を出せたからです。

導き出した答えは、ありふれた物だと思いますが、
深く追求せず、凹んで疲れ果てない事に意識を向け、
多読を今一度読書として楽しもうと・・・。
でも、とりあえず英文(アルファベット)になれること、
ときどき気に入った文章や単語を、紙に書いてみる。
ばらばらの単語を並べ替えて、短い文章にしてみる。
(これは、〜さんの本です。なぁんて風に・・)

これじゃ、ちょっとも文法を意識している・理解に向かって、
行動を起こしているとは言えないかもしれませんが、
でも不思議なもので、読んでいる内(意識している訳ではないのですが・・)や、
紙に書き出してみると、
ああこの単語はこの文とこの文の繋ぎに当るんだとか、
この単語は前文の続きに当ると知らせる、日本語で言ったら「それから、また、しかし」等にあたる部分だな等と、
覚えている(理解している)事に改めて気づいたりし、
妙に嬉しくなりました。
これも文法がちょっと分かり始めた、一歩だといいのですが・・・。(でも、これは幼児レベルかなぁ・・?(笑))

今ひとつ嬉しかった事が。
私の中でレベルが確実に上がっている事が、実感できたです。
まさかレベル3後半のCER3の「A Puzzle for Logan」が、
無理なく読めた事にびっくりしました。
今回はちょっと謎解き部分や、ローガンの趣味も分かりました。(笑)
MTHシリーズも、かなり楽に読めるように成りました。
(確かに読みにくい、巻もありますが・・)
マクミラン2・3も、凄く読みやすく感じています。
(此方は2回目の再読時では、分からないと感じる箇所が、
ほんの僅かになっていて吃驚です)
でも、OBW3はまだまだ読みにくく感じます。
(Tim Vicaryは別で、凄く読みやすいです)
逆にノンフィクションは、まだ優しく感じますね。
ペンギン3も興味を引く物には、怖気づかなくなりました。

GRを此処の所多く読んでいるので、
余計に読めるレベルが広がってくれた様に感じるだけかも知れませんが、嬉しさと得意さが私の中で広がってくれました。
これも自己満足かなぁ・・・。
私のようなゼロの知識(理解力)しかなかった初心者でも、
中学レベルまで1年6ヶ月で来れた事を喜んでも良いですよね?
無理やり皆さんに賛同を求めてしまい、すみません!!!(笑)

最後になりましたが、ちょっと迷っているので書きます。
多くの方同様、私も将来ペーパーバックをと思っているので、
このレベルからでも話し言葉を読むことに慣れたいと考え、
児童書を手にとって見ているのですが、
どうも面白く感じなかったり、難しすぎ凹んでしまうばかりで、
旨く読めないで居ます。
MTHは24冊読んでみました。毎回パターンが同じお陰か、
今まで読んだ児童書の中では、一番読みやすかったです。
また、「AMEICAN・GIRLS・COLLECTION」シリーズの、
「KIRSTEN」全6巻を面白く読みましたが、かなり飛ばし読みな気が・・。
またどちらも、ちょっと硬い文体のようにも感じ、GRの様なイメージでした。

他の児童書の反応や手応えは、
可愛いと感じても「NATE」難しく、「Julian Stories」も難しく、
皆さんお勧めの「Marvin Redpost」は凄く難しく感じ、少しも楽しめなかったのです。
大筋は分かったのですが・・・。
どうも原因は、子供時代が大人ばかりの世界に居た所為か、
子供同士のかかわりが薄すぎて、想像力が働いてくれないのです。
総じて学校(友情)関係物は、難しく感じています。
(でも、ウィルソンは翻訳物を読んで作者の作風を、
間接的に知っている所為か、難しく感じつづも面白く捉えているのです。へんですね)
「Cobble Street Cousins」 もほのぼのしているし(ほっとでき)、
筋が追えているのは分かるのですが、面白いとは思えず、
1冊だけ読んだ「Zack Files」は、私が興味を持っていたエジプトがらみだったから読めたように、
思えるだけだと感じるように成ってしまいました。

謎解き(まだ理解できるだけの力が付いてない気がするので)や動物系、
何処が笑い所か分からないギャク系も、苦手なジャンルに入り、
そうなるとこの後レベル3〜4のお勧めの児童書へ、手を伸ばしていいものか、考えてしまうのです。
購入派なので、MTHの次に何を読むかで凄く迷っています。

今は少し待った方がいいのでしょうか?
または、もっと確実に手元にあるGRやMTH等を、
何度も何度も再読して、自信を付けてから、
児童書へ目を向けた方が凹まないですむのかなぁ・・?う〜ん。
(もう少しレベルが上がった辺りには、
読んでみたいと思っている児童書が在るのです・・)

皆さんが児童書を選ぶときの決め手、きっかけはなんでしたか?
良かったら教えてください。

長々と纏まり無く書きすみません・・。
もう今年も、あと3週間を切ってしまいましたね。
何だか、吃驚です。
また今年は天候がへんですので、くれぐれも体調を崩されませように・・。
皆さん、マイペースで楽しく多読を続けてください!!


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.