限りなく透明に近いブルー

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2021/4/19(15:36)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14927. 限りなく透明に近いブルー

お名前: 翁家
投稿日: 2004/12/12(19:31)

------------------------------

皆様、こんにちは。翁家です。

先週の2日間のタドキスト大会で、やる気を満タンまで充填したはずなのに、最近少しブルーになっています。

ブルーというと大袈裟ですが、ほんの少し凹んでいます。
原因はリスニングについてです。

タドキスト大会のイベント2のパネルディスカッションは、ほとんど聞き取れませんでした。当初はそれが
当たり前だと思ってあまり気にはしていませんでした。
ですが、その後にイベント2へ出席した人と話したり、掲示板でイベント2への感想を読むと、「だいたい
わかったよ」「あんなに英語が聞き取れるなんて自分でもびっくりした」「楽しかった」と、みんな聞き
取れていた様子。多読通信のコラムでも、「英語も平易なので訳なしで行くことにした」と。
どうも理解できていなかったのは私一人のようです。
Rob Waring さんとJulian Bamfordさんのお二人の話は理解できないのは仕方ないな、と割り引いても
司会のKandaさんの英語も全然分からなかった・・・(涙)。

多読を始めて10ヶ月目になり、順調に多読ライフを満喫していて、「えへへ、日々成長しているなぁ」
などと浮かれていたのですが、「な〜んだ、生の、しかも長い英語は全然聞き取れないんだ」と落ち込み、
「語学は才能」という誰かの言葉が脳裏をかすめます。

これは、「始めて10ヶ月じゃないか、まだまだ読みが足りないよ」ということなのでしょうか。それとも
多読プラス何か(多聴)が必要なのでしょうか・・・。と、聞かれた方も困りますよね。
こりゃ、少々苦痛だけど、「シャドウイングをやりなさい」ということなのでしょうか(ため息)。


実は昨日の酒井先生のシャドウイング講座のCan I ask you something?も「ask・・・some」としか聞こえなかったのです。


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.