Re: 秋の陽のさわやかなやわらかさかな(お見事!)

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2021/10/17(18:19)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14855. Re: 秋の陽のさわやかなやわらかさかな(お見事!)

お名前: 秋男
投稿日: 2004/12/2(00:28)

------------------------------

 メイさん、こんばんは。秋男です。
 リプをありがとうございました。

 やわらかでさわやかなタイトルですね〜。 さわやかさを見習わねば・・・
 
 
〉秋男さん、たこ焼きさん、みなさん、はじめまして。
〉メイです。
〉いつも愉快な書き込みを見ては、ひそかに楽しませていただいていました。
 
 
 ほんとに、酒井クニヒデと愉快な仲間たちですね〜。

 (いま、サム伊藤とハッピー・アンド・ブルーって思いついたんですが、
  伊藤サムさん(Japan Times の方)を尊敬しているので撤回します。)
 
 
〉今回は葉緑体を持つ人間の話のところだけ・・・ 部分反応です。
 
 
 ありがとうございます!

 (いまふと、妖怪人間のベル・ベラ・ベロって緑色だったなーと思いました。
  関係なかったですね。撤回。)
 
 
〉〉た〉〉大学時代、現代生物学の講義で、

〉〉た〉〉植物細胞の葉緑体の由来は、
〉〉た〉〉大昔、進化の過程で、細胞に入り込んで寄生した「細菌」と考えられる・・・

〉〉 ミトコンドリア でしたっけ? 
〉〉 ミートコーンドリアって、おいしそう・・・

〉ミートコーンドリア! 今日の夕食のメニューに採用!
 
 
 何がなんでも緑色にするのがポイントです。
 
 
〉〉た〉〉などという学説を耳にしたとき、たこ焼は、
〉〉た〉〉「人間の皮膚に葉緑体を移植できないかなぁ・・」
〉〉た〉〉などとつぶやき、緑色の人間たちの社会を妄想したことがあります。
〉〉た〉〉う〜ん、例えば、
〉〉た〉〉光合成で自給自足!食糧問題は一気に解決するだろうなぁ・・とか。
〉〉た〉〉「働かざるもの食うべからず」は死語となり、「労働」の意味が大きく変わるだろうなぁ・・とか。
〉〉た〉〉宴会はみんな裸になって日光浴。湘南あたりが人気スポットかな・・とか。
〉〉た〉〉「もっと光を!」という名文句がまったく異なるシチュエーションで多用されるんだろうなぁ・・などなど。(笑)

〉〉 やっぱり、考えてましたか、たこさん。(笑)

〉海〉湘南海岸に緑色をしたトドが集結している画面が浮かんでしまいました。表面積がものをいう世の中。

〉〉 やせてるほうが表面積が大きいんですってね。体積のわりに。
〉〉 ("Why Elephants Have Big Ears" より)

〉〉 たしか、星新一かフレドリック・ブラウンかで、葉緑体を持ってしまった人間の話がありましたわ。
〉〉 なんだったか、放射線漏れとかで緑色の体になってしまった2人の男が、政府に厳重に隔離・保護されている。
〉〉 外では、食料難にあえぐ人々が、2人の体を調べさせろ!と暴動を起こしている。
〉〉 とかそんな話だったかなあ。違うかも。。。

〉児童書にちょっとこんな感じのお話があります。
〉題名は Top Secret、書いたのは、あのStone Foxの作家、John Reynolds Gardinerで、なかなかおもしろかったですよ。
〉少年が葉緑体を持つ人間を作ろうと研究をするんです。周囲の大人は
〉みんな無理と決めている・・・ おじいさんだけが、理解してくれて・・・と
〉いう展開だったと思います。(書評しました。)
〉国家権力の怖さもどこかに感じられます。レベル3の後半から4くらいで読めるのも魅力ですね。
 
 
 おー!! こんな本があるんですねー。 シラナカッタ! (Top Secretダッタノカ!?)
 Stone Fox 読みましたけど、あれも公権力と個人の相克みたいな話だったし、
 そういうテーマで書かれてる作家なのですかね〜。
 いずれにせよ面白そう! ありがとうございました!
 (実は、レベル3・4ぐらいで面白いのがないかな〜と思ってたとこで・・・)
 
 
〉では、錦秋の一日、楽しい読書を!
 
 
 メイさんも!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.