Re: レベル4〜6で面白そうな本ありますか?

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2022/5/29(13:23)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

14652. Re: レベル4〜6で面白そうな本ありますか?

お名前: カイ
投稿日: 2004/11/22(14:03)

------------------------------

さば猫さん こんにちは カイです。

〉〉もし暖かいお話系やファンタジーもお好きでしたら、
〉〉お薦めできるのいっぱいあるんだけどなぁ。

〉はい、お好きです。笑
〉ぜひ教えてくださいー。

本当ですね?では!長文お付き合いいただきますよ〜
ご覚悟!

--------------
暖かいお薦め
--------------
作者:Patricia MacLachlan

・Baby(YL4.5)

[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000003253]

Sarah, Plain and Tall シリーズでも有名なPatricia MacLachlanより1冊。
バカンスで賑わう島から観光客が消え、静かな日々が始る。
そんな夏の終わりの日、Larkin一家の玄関先に、籠にはいった赤ちゃんが置き去りにされた。
籠の中には手紙が

「この子はもうすぐ一歳で、名前はSophie、必ず迎えに行くのでそれまでどうか面倒をみてください」

いつか母親が迎えに来るSophie。
愛してはいけない。愛しすぎると別れが苦しすぎる。
あまりにも可愛らしい赤ん坊のSophieと
Larkin一家が思い出さずにはいられない苦しい過去の傷。
ぜひ感動の世界に浸ってください。

--------------

作者:Sharon Creech

・Walk Two Moons (YL5)

[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000001960]

ある日Salamancaの母は家を出た。そのまま帰ることのない母。
Salamancaと祖父母の3人は、母親を訪ねるためにアメリカ大陸横断のドライブに出発する。
旅の途中、Salamancaは友達のPhoebeの話を祖父母に話し始めるのだが...

誰もが抱える心の陰。
過去の幸せな家庭、新天地での父と謎の女性とのつながり、そして友人の母の失踪。
全てがバラバラのようで、全てがつながっている。
涙がこぼれ落ちる作品です。
もしお気に召したら同じ作者の”Pleasing the Ghost”(YL3.5)もいかがですか?

--------------
少し重い内容ですが感動
--------------

作者:Jacqueline Wilson

・Dustbin Baby (YL5.5)

[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000002234]

Aprilは生まれてすぐピザ屋の裏のゴミ箱にすてられていたのを奇跡的に発見された。
彼女は里親のMarionと暮らし、普通に学校へ通い、普通の友達と一緒に付き合うのに懸命になっている。
Aprilは誕生日4月1日の朝に、里親のMarionとプレゼントのことで喧嘩してしまう。
Aprilはそのまま学校をさぼり、とりつかれたように自分の過去を旅していきます。
辛く苦しく重荷の多い過去。自分を捨てた母を求める思い。
Aprilの過去をたどることは読み手にとっても少し辛いことですが
それでもやはり読んで欲しい。
最後の数ページは涙がとまらなくなる作品です。
こちらが楽しめたら”The Suitcase Kid”などもいかがですか?
WILSONは軽いものから重いものまで素敵な作品が多いです。

--------------
ファンタジーお薦め
--------------
作者:EMILY RODDA より2作品

・DELTORA QUEST(YL5.5)シリーズ 全作品は下記をご覧ください

[url:http://www.scholastic.com.au/deltoraquest/index2.asp]
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000001977]

Deltora王国を守るベルトには7つの宝石が埋め込まれていた。
それぞれがパワーを持ち、ベルトに埋め込まれることによって大いなる力となる。
そのベルトがShadowlandsの陰謀により盗まれた。
国を守る力を失いShadowlandsの支配を受け荒廃していくDELTORA。
十数年の時を経て国を救うべく7つの宝石を探求する旅が始る。

--------------

・Rowan of RIN (YL6.5) シリーズ全作品は下記をご覧ください

[url:http://www.mcpl.lib.mo.us/readers/series/juv/title.cfm?id=1446]
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000002186]

勇猛果敢な人々が住むRin谷の中で、Rowanは唯一内気で臆病な性格。
ある日、村の川の流れが途切れてしまう。
このままでは池の水が涸れ、皆が死んでしまう。
原因を探るため誰もが恐れる山へ、探索の旅へ出ることへ。
逃れようのないある事柄から、Rowanは旅のメンバーの一人となってしまう。
勇敢でたくましいメンバーとの旅。臆病なRowanは村を救うことができるのか?
強いって何?弱いって何?を考えさせるシリーズ。

ちょっと補正
スレッド読みなおしていたら、ファンタジーでお薦めした2冊は未読本なんですね(笑)
これ以外でお薦めは、

Dark is Rising シリーズ
まだ読んでいる途中。
私はYLの判断が出来ないのでひょっとして激しくはみ出してるかも。
書評がない...YL8とかだったらごめんなさい。
[url:http://www.mcpl.lib.mo.us/readers/series/juv/title.cfm?id=468]

他にもあるはずなんですけどねぇ。
思い出せないものですねぇ。

ではでは〜
楽しい読書を


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.