Re: このごろな本たち 2

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2021/6/15(07:35)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

12115. Re: このごろな本たち 2

お名前: ririco
投稿日: 2004/5/31(22:51)

------------------------------

みちるさん、こんばんわ。riricoです。
久しぶりに掲示板を開いたら、みちるさんの本の紹介が・・・。
またまた積読本が増えてしまう〜って思いつつしっかりチェックしました。
最近は仕事が忙しくて、ネットもゆっくりできないし、
読書もレベル3くらいのGRを読むのに3日くらいかかってしまいます。
(電車読書しかしていないので)
でも、みちるさんのご紹介の本はやさしいものもたくさんなので
空き時間に読めそうです。ありがとうございます!

〉2月、3月、4月とちょっと精神的にめげることが続いたりして、
〉読んでいる文章の意味は分かるのだけど、なんだか頭に入ってこない
〉ような感じで、ストーリーがつかめなくて長い本が読めないというか、
〉絵本がせいぜい読めるかなー。絵本でもきついものがあるなーといった
〉感じの日が続いていました。

精神状態って読書に影響しますよね。
みちるさんほどの本読みではない私ですが、やっぱり思います。
心に引っ掛かりがあると素直に本の世界に入りこめなかったり。
そういう状態のときは絵本でも小説でも一緒なような気がします。

〉5月の初め頃に、だいぶん絵本が気持ちよく読めるようになってきたので、
〉Karenちゃん(Baby-Sitters Little Sister)を読んでみたらするするっと
〉頭に気持ちよく入ってきて、簡単な本だからかなーと、手近の大人向けPBを
〉一章読んでみたら、それもするするっと気持ちよく入ってきました。
〉PBはもうちょっとお預けにして、レベル3-4の本をしばらく続けて
〉読んだのですが、大体どの本も快調に読みすすめることができました。

Karenちゃんは私も大好きです。ずいぶん助けられてます。
一冊の章立てが決まってるところもお約束で好きですし、読みやすいです。
家族愛とか友情にじーんとすることもしばしば。
私はSCHOOL PICTUREの話が好きでした。

〉特に、Karenちゃんと、Heartlandは気持ちよく読むことができたので、
〉Karenちゃんは10冊、Heartlandは既刊全巻(16冊)まとめ買いして
〉しまいました・・・。(読めないときの回復剤にね。前の回復剤は
〉Nancyちゃんだったのだけど、こっちはちょっと卒業。)
〉語数がある程度進んでも、やっぱり、精神状態とかそういうので、簡単に
〉読めなくなっちゃうようなことはあって、でもそういうときはリハビリと
〉思って読める本を読めるペースで読んでいくと、いつかはすっと調子を
〉取り戻すことができるのかなーなんて思っています。

私も自分のペースをつかむための本はKarenちゃんなんですよー。
上でもちょっと書いたのですが、章立てが決まってるとペースをつかみやすいようです。
Nancyちゃんはなぜか苦手で本棚で眠っています。
自分が小学生の頃に18歳のナンシー本をたくさん読んでいたので
(もちろん翻訳なんですけど・・・)小学生のナンシーに違和感があるみたい。

〉ここには書いていませんが、再読もかなりしました。
〉私は、再読しても飽きないタイプなんで、同じ本何度でも読む方かな。

私も再読好きです。特に絵本は絵が気に入ると何度も眺めます。
映画も再視聴(っていうのかな?)が多いです。

〉それでは、本の紹介です。前回の100冊はさすがに多かったので、
〉今回はなんとなくサンキューな冊数です。

たくさん、紹介ありがとうございました。
一番気になったのはHeartland!
以下、部分的ですがレスさせてください。

〉☆☆☆絵本☆☆☆

〉Jean Van Leewen「Oliver & Amanda And The Big Snow」★★★
〉Jean Van Leewen「Amanda Pig And Her Best Friend Lollipop」★★★
〉Jean Van Leewen「Amanda Pig And Her Big Brother Oliver」★★★
〉Jean Van Leewen「Oliver, Amanda, And Grandmother Pig」★★★
〉Jean Van Leewen「Oliver Pig At School」★★★
〉Jean Van Leewen「Amanda Pig, Schoolgirl」★★★
〉オリバーくんとアマンダちゃんシリーズです。
〉この二人(二匹?)小さい頃は、できのいいオリバーくんとちょっと
〉わがままなアマンダちゃんという感じだったのですけど、大きくなって
〉きたら、しっかりもののアマンダちゃんとやんちゃっこのオリバーくん
〉というようになってきたような気がするのは気のせいでしょうか??
〉安心して読める兄と妹ものかなぁ。
〉やっぱり、おにーさんなひとといもうとなひとが楽しめるかも。

オリバーくんとアマンダちゃんシリーズかわいいですよね。
妹がいるので、なんかアマンダちゃんを見ていると自分の妹を思い出します。
下の子ってこんなかんじーって。

〉Deborah Hautzig+Marc Brown「Little Witch's Big Night」★★★
〉Deborah Hautzig+Marc Brown「Happy Birthday Little Witch」★★★
〉Deborah Hautzig+Sylvie Wickstrom「Little Witch's Bad Dream」★★★
〉あ、順番があったのね。と思ってしまいましたが、元に戻って読んでも
〉問題はないかな。あ、こうなっていたのねとは思うのだけど。
〉魔女の中では、ちょっと困りもの? のいい子な小さな魔女の話。
〉ちょっとお茶目でかわいいものがたりなので、気持ちよく読めます。
〉魔女の出てくる話が好きという方には、入門向けにいいかも。

挿絵が2パターンありますよね。
私は、Big Nightとかの挿絵の方が好きなのです。
最後Little Witchとママがハグするところが大好き。

〉☆☆☆児童書☆☆☆
〉Cynthia Rylant「The Cobble Street Cousins1:In Aunt Lucy's Kitchen」★★★★
〉Cynthia Rylant「The Cobble Street Cousins3:Special Gifts」★★★★
〉Cynthia Rylant「The Cobble Street Cousins4:Some Good News」★★★★
〉Cynthia Rylant「The Cobble Street Cousins6:Wedding Flowers」★★★★
〉一年間おばさんの家に住むことになった三人の従姉妹たちを主人公とした
〉連作ものという感じかしら。
〉巻数が飛んでいますが、飛んでいるのは既読ということで、やっと全巻読む
〉ことができました。こんなにお話が続いていたなんて、やっぱり一巻から
〉読むべきだったかなー。
〉二巻と五巻だけ読んだときにはそんなに思わなかったのですが、全巻通すと
〉結婚物語という感じもしますね。
〉小間物や洋服もかわいくて、女の子な人ならきっと好きになる作品だと思います。

このシリーズは大好きです。最後のWedding Flowersでは涙ぐんでしまいました。
挿絵が細部まですごーく凝ってますよね。
こんな屋根裏に住みたいと真剣に思っちゃいます。
連作なので飛ばしても問題ないのですが、通し読みするとまた感慨深いですよ。

〉Layren Brooke「Heartland4 : Taking Chances」★★★★★
〉Layren Brooke「Heartland5 : Come What May」★★★★★
〉Layren Brooke「Heartland6 : One Day You'll Know」★★★★★
〉今の所16巻まで出ているようですが、やっと6巻まで読み終わりました。
〉病気や素行に問題がある馬を癒すHeartland。馬が癒えるとともに人の心も
〉癒えていく・・・。
〉主人公が15才の女の子なので、とても読み応えがあって、それでいて、YLが
〉3-4くらいなので、すらすらととても気持ちよく読めるのが嬉しい作品です。
〉個人的にはFamoue Fiveよりも読みやすくて読み応えがあって好きですねー。
〉たぶん、このシリーズは一番速い読速で読めるシリーズという気がします。
〉やさしめのレベル4で読み応えのある作品を探しているという方にはおすすめ。
〉とくに馬とアロマテラピーが好きな方なら、好きになると思うのですが。

このシリーズは、前にひまぞさんがおススメしてませんでしたか?
違うシリーズと間違っていたらごめんなさい。
前にもチェックしたことがあるような気がするのです。
動物ものはすかさずチェックしているので。
当時はレベル4はむつかしいなーって思ってたのですが、
そろそろチャレンジしてみようかな。
チャレンジと言えば、BABY SITTER CLUBも読もうと思って買ってあるのでした。

〉Sharon Creech「Love That Dog」★★★★★!!!!!
〉心をぎゅっとつかまれました。好きというかもうたまりませんねー。
〉今まで読んだ英語の本の中でも一番好き好きー。
〉お借りして読んだ本なのですが、読んだその日に、注文しました。
〉(今日届いたのー♪)
〉先生とJackという男の子のやりとり、そのJackの部分だけ。
〉詩を嫌いといっていたJackが少しずつ詩を好きになって書いていく詩。
〉そして、大好きな詩を書いた詩人への手紙。
〉そんなものから成り立っています。
〉Jackの言葉がたまらなくたまらなくいいです。
〉この作家の他の作品もいいのかなーと何冊か注文中。
〉ちょっとドキドキしながら待っています。
〉この作品は、詩といぬが好きという方には、読んでもらいたいかなー。
〉ちょっとお茶目な男の子が好きという方にもね。

これは、AMAZONの紹介を読んで心惹かれてカートに入れてありました。
みちるさんのおススメなら安心ですね。
レジにいかなくては・・。

〉Humphrey Carpenter「Mr Majeika」★★★★
〉気になっていたシリーズ。やっと読むことができて嬉しいです。
〉もと魔法使いのマジェイカ先生が新しい担任としてやってきたのですが、
〉ついつい、魔法を使ってしまいます・・・。
〉一人だけものすごくいじわるな男の子がいるという設定がどうかなーという
〉気もしますけれど、ちょっとほのぼの系で楽しめる作品だと思います。
〉軽めの魔法もので、学校ものがお好きという方にはぜひ。

私、魔女ものは大好きなのに魔法使いが苦手なんです。
どうしてでしょう。
魔法を使うのは女の特権と思ってるのかしら。
ハリポタの校長先生のようにおじいさんだと赦せるのですが、
いわゆる魔法使いがいまいちで、ロード・ダンセイニの「魔法使いの弟子」も
挫折したことを思い出しました。
ごめんなさい、マジェイカ先生と関係なかったですね。。。

〉Anna & Barbara Fienberg+Kim Gamble「The Big Big Big Book of Tashi」★★★★
〉7冊分が1冊になったお得本。(笑)
〉かわいい挿絵が全ページに入っているという感じなので、絵本感覚でも
〉読めそうな本だと思います。
〉内容は男の子の民話っぽい冒険ファンタジーといったところかな。
〉連作形式で、次の冒険は・・・という感じで進んでいくのでなかなか
〉楽しいです。

これも買ってあるのですが、分厚くて電車で読めないので
ベッドサイドに飾ってあります。
ベッドで読もうという意図なのですが、開く前に眠ってしまって・・・。

〉Gertrude Chandler Warner「The Boxcar Children4 : Mystery Ranch」★★★★☆
〉久しぶりに読んだ、ボックスカー・チルドレン。やっぱりこのシリーズは
〉読みやすいですねー。とても気持ちよく読むことができました。
〉わがままでおこりっぽい大伯母さんの所に行くことになった女の子達。
〉最初はわがままだと思っていた大伯母さんが・・・。
〉それにしても、この場所に住むのって、ちょっと危険なのでは・・・なんて
〉いらぬ心配かしら? でもねぇ、ちょっと気になってしまう。

積読本自慢大会みたいですが、これも買ってあるのです。
とりあえず、1巻と2巻だけ。
そして、読んでいないのです。
読みやすいということなので、チャレンジしてみたいと思います。

〉Ann M. Martin「Baby-Sitters Little Sister4 : Karen's Kittycat Club」★★★★
〉両親が離婚して、ほとんどが母親のもとで、各週末だけ父親のもとで
〉すごすことになったKarenちゃんと弟。
〉このシリーズはKarenちゃんと弟が父親とその再婚相手の家族とともに
〉すごすときのエピソードからなっている連作ものといった感じでしょうか。
〉頭に入ってこないよ〜モードから脱却させてくれたKarenちゃん。
〉絶版の作品が多いようですが、結構続き物になっているので、前の話を
〉読まないと分からないということはないけれど、読んでいた方がより
〉楽しめる話が多いかなぁと思います。
〉4巻では、新しくできたお姉さんのまねをしてクラブをはじめようという
〉Karenちゃんと友達の悪戦苦闘ぶり? が描かれています。
〉ちょっと、仔猫が飼いたくなるかな?

これは、読みました!いかにも子供らしいエピソードですよね。
karenちゃんが1話でかならず少し成長するのが良いですね。
女の子のグループ作りのシビアさを思い出したり・・・。

みちるさんのHPも覗かせてもらっています。
和書もたくさん読んでいて、すごいー。
和書といえば、私の大好きな鷺沢めぐむ(漢字でなかった・・)が
お亡くなりになっていたのを1ヶ月遅れで知りました。
ショックだったです。
(自分の情報の遅さも含めて)
鷺沢さんの本をみちるさんも読んでいるのをHPで知ったので
こんなところで書いてしまいました。

〉長くなりましたが、読んでくださった方、ありがとうございます〜。

〉それでは、楽しい読書を♪

こちらこそ、また長々レスになってしまいました。
みちるさんも楽しい読書を。
金曜日にお会いできますね。
よろしくお願いします。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.