パパラギさん、10万語通過おめでとうございます!

[掲示板: ゼロからスタート!まずは10万語! -- 最新メッセージID: 10088 // 時刻: 2022/1/22(12:19)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

10025. パパラギさん、10万語通過おめでとうございます!

お名前: ミッシェル
投稿日: 2016/3/16(23:35)

------------------------------

柊さん、こんばんは。ミッシェルです。

〉柊です。父の仮称パパラギが10万語を通過したので報告します。

おぉ~。パパラギさん、おめでとうございます!
語数記録は柊さんがされているのでしょうか。いいですね、二人三脚。

〉変化ですが、相変わらず、巻末のグロサリーから読んでいるようです。ただ、サイトトップの「初めての方へ」を読んで、「やっぱり、100万語ぐらい読まないとわかんないな」と言っていました。ブッククラブのことを話すと、割りとその気のようです。

確かに、100万語ってひとつの節目ですよね。
100万語行ったから何か劇的に変化があるわけではないけれど、やっぱり、多読のやり方に慣れて続けられるようになる感覚が得られるのは100万語くらいからかなーという気がします。

〉ちなみに目標本は、トム・クランシーやフレデリック・フォーサイスで、特に「レッド・オクトーバーを追え」だそうです。私にはほぼわからない世界です。

レッドオクトーバーですかー。難しそう~。
でも目標本は高いほうが達成したときの喜びも大きいですしね。
大人ならではの多読のモチベーションだと思います。

〉今、一番わからないのは、易しい本ばかり読んでいて、レッド・オクトーバーにたどり着くかどうかだそうです。よくわかる悩みですが、答え方がわかりません。まあ、本人の結論が最初の、100万語ぐらい読まないとわからない、に通じたみたいですけど。

私が多読を人に勧めるときにも、よくこのことを質問されます(し、私もかつてそれを懐疑的に思っていました)。
最近の私の定番の回答は、「ちょっと前の自分と、今の自分との英語読書力の伸び率を振り返ってみてください」です。
つまり、今の状態ではなく、過去からの上達の勾配に注目するんです(はい、理系です)。

読めなかったNate the greatが読めるようになった。
読めなかったMTHが読めるようになった。
読めなかったHolesが読めるようになった。
読めなかったシェルダンが読めるようになった。
読めなかったグリシャムが読めるようになった。
・・・(中略)・・・
なぜレッドオクトーバーにたどり着けないはずがあろうか。
まあ、そんな感じです(笑)。

100万語くらいいかないと、この勾配自体が見えてこないので、まあとにかく続けてみましょう、ということですね。

〉あと、まだ投げたこともなければ、それほど感心して読んだこともないみたいに見えます。今後、鋭意観察を続けたいと思います。

差支えなければ、また観察記録を、見せてください。
興味深いです。

〉では。

ではではー。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.