GRからの切り替え

[掲示板: ゼロからスタート!まずは10万語! -- 最新メッセージID: 10088 // 時刻: 2021/12/9(01:20)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

10001. GRからの切り替え

お名前: 柊
投稿日: 2016/2/2(18:03)

------------------------------

こんにちは。柊です。父に多読をさせてみたところ、結構はまってきて1万語を通過したので報告します。とりあえず、柊の父なのでパパラギという仮称にします。

いまのところGRを読んでいますが、GRからの切り替えとか、知らない単語やことわざをどうするかということも教えて下さい。

パパラギはウン十年前に大学を出て、一応、仕事では英語を使うこともあるらしいです。柊はママラギから「パパラギは外国から人が来た時は通訳をするんだよ」と聞かされて育ちましたが、どの程度なのかは見たことがないのでわかりません。最近、柊が音読にはまって少しフレーズを覚えられるようになったので、文章の一部などを口にすると、「今なんて言ったの?」状態なので、ちょっと不安ですが。

以前Nate the Greatのだじゃれの回を読ませたところ、「英語にもくだらない本ってあるんだな」と言っていました。ので、先月、The Diamond Brothersを渡したところ、かなり頑張って読んでいて「もっと易しい本ない?」と言うので、My Weird Schoolを渡したものの、これも難しかったようです。GRの方がいいかもしれないと掲示板で勧められたので、奮発して、SEGのセットを買いました。

GRは性に合っているようで、というか、児童書では知らない単語をえらく気にしていたので、読みやすいようです。ペラペラの本ばかりなので気にするかと思いましたが、「読んだら読んだだけのことはある」と多少はまってきた様子です。

律儀にリストの順に読んでいるので、柊が計算してみたところ、My Weird Schoolも計算に入れると、1万語を通過していました。今、Starter Set BのThe Battle of Newton Roadを終わったところです。Aのセットは柊がピンとくる本がなかったので(結局自分も読む気じゃん)、Bのセットにしました。

GRの前にFrog and Toadを渡したら、あまり面白くなかったらしく、またToadとは何かを聞いてから読み始めました。そういうパパラギですが、知らない単語に出会った時に、どうしたらいいでしょうか。それとも、造語だらけの本でも渡して荒療治したものでしょうか。その辺り、皆様の意見をお聞かせ下さい。


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.