多読を続けてきたところ仕事に変化が。

[掲示板: 英語のことなんでも -- 最新メッセージID: 2493 // 時刻: 2021/9/26(07:13)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2453. 多読を続けてきたところ仕事に変化が。

お名前: ミッシェル
投稿日: 2014/9/8(18:15)

------------------------------

みなさんこんにちは。
多読歴4年半のミッシェルです。
この2,3ヶ月で、私の身の回りにちょっとした異変?があったのでご報告します。

ミッシェルはずっと、英語は、ときどき読む、たまーに書く、しゃべる・聞くことはほとんどナシという仕事環境に身を置いています。
読む・書くと言っても、仕事直結の内容なので、まあ慣れでクリアできる感じで、日常会話やTOEICの試験に出てくるようなのではありません。
そもそも、部署の中に英語がそこそこ得意な人は何人かいて、もし外に出す英語原稿があれば、その人たちがささっと目を通して済んでいたのです。

ところがですよ。

ミッシェルが英語の本を持ち歩いているせいか、多読の話を回りにしているせいかわかりませんが、ある日突然、「あいつは英語ができるらしい」話になって、ミッシェルのところに「英語ができる人がささっと目を通す書類」が回ってくるようになったのです…!
ちょっくらびっくりでした。でもまあ、悪い気はしない(笑)。

どうも、部署の誰かが作った日本語直訳(無料翻訳ツール?)の英文を、直感に従い、自然そうな英語に直すのみ。
別にケンブリッジ英検ほど難しくない。そもそも単語は知ってるし(当たり前か)。結構楽しい。

ちょっと前、何人かで分担してチェック・英文化して、そのあとネイティブチェックを受けて修正してもらうプロセスがあったのですが、ミッシェルの直したところはネイティブチェックは一つもなく、なんだか鼻高々でした(爆)。

で、思ったのは。

自分の仕事では英語はとくに必要ないと思っていたけれど、できたらできたで、仕事が歩いてくるんだなー、でした。
来すぎるとウザったくなるかもしれませんが、今は、なんだか嬉しくて、嬉々として引き受けてしまうのでした。


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.