再び、こるもさんへ

[掲示板: 英語のことなんでも -- 最新メッセージID: 2493 // 時刻: 2021/9/26(07:19)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2311. 再び、こるもさんへ

お名前: NEO http://book.geocities.yahoo.co.jp/gl/neoyuppy
投稿日: 2008/10/31(09:10)

------------------------------

こるちゃん、一言だけ・・・

〉あ、そうか。シャドーイングって、発音をよくするためにやるんだ。
〉(と、今気付いた)

それだけでもないと思っています。
言えれば、聴こえるという話もあるし・・・

〉じゃあなんでシャドーイング?かというと、聞けるようになりたいから。
〉シャドーイング続けていると、今まで聞けなかったものが聞けるようになる、とか?
〉そして、聞けるようになれば、しゃべるのも上達するかな?と。

〉つまりもっと相手の言うことがわかって、もっと自分の言いたいことを言えるようになりたいんです。

ここに、反応です。
私の経験からの話ですが、相手の言う事が分かるっていうのは、
全部の要素がからまって、いつの間にが分かるようになっています。
たくさん読んで、あらゆるジャンルを読んで、それだけでも・・
随分と成長したような気がしています。

ただ、音も必要だよね〜。
話す英語はつながった音が多いのでそういう音にも慣れておかないと分からないのもたしか。

私の場合は、シャドーイングが苦手な頃、映画やドラマで口を見ながらやったら楽しかったです。
画像を追っているので言えなくても気にならない。でもなんとなく音は入る。口を見ているからこんな感じで音だすのね〜と面白かった。

シャドーイングは時々しますが、シャドーイング後は口が滑らかになるし、濁った音が出やすくなっています。

本をたくさん読む、映画、ドラマを見る。シャドーイング。
これらが全部のお陰で随分と分かるようになったと思っています。

でも、何のお陰か?と思うと
多読によって飛ばし読みができるようになった事により、
聞くほうも飛ばし聞きができるようになり、
多読により文脈の直感力が高まり、
つながっている英語も多分、こう言っているだろうという推測ができるようになった。
その結果、分かるようになった気になっているような気がします。

自分が言えれば、聴こえるようになるっていうもの分かるのですが、
それだけでもないような気がしています。

聴こえるようになるのも、多読と同じで量が染み込むと直観力、推測力高まり直訳せず、
英語でざくっと解釈できるようになると随分と違うと思っています。

私のシャドーイング活用は、口を滑らかにしたい時に時々するのですが、
話す方も、聞く方も多読・多聴・映像・シャドーイングなど、比重はともかくとして、
たくさんの要素が、からまって・・・だと思っています。

私は、こんな感じかな〜。
多読・多聴・多映像・シャドーイング・・・継続中なので
これから、違った感想も出ると思うので楽しみです。
どれも気が向いた時しかしないのでゆったりとですが・

では!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.